Page: 2/3  << >>
シーラントの被害の報告が又です。 

JUGEMテーマ:健康

 

 シーラントのトラブルが又ありました。 不必要なシーラントの装着です。 次を知って下さい。

 

1.シーラントは6歳と12歳が対象。

2.6歳で生える6歳臼歯(前から6番目で一番後ろ)と12歳で生える12歳臼歯(前から7番目で一番後ろ)が対象。

3.上下左右4本ですから、6歳時に4本。 12歳時に4本のみです。

4.誰もが必要とは限りません。

5.シーラントを自動的にしようとする歯科医には疑問を持ってもよいでしょう。

6.シーラントをしましょうといわれても、なぜかその理由を聞きましょう。

7.「予防です」というだけなら控えましょう。 

8.詳しい理由を説明してくれる歯科医なら聞いてから考えましょう。

9.例えした方が良かったのにしなかったとしても、半年ごとの検査をしていれば早期発見で大きな事態には発展しません。

10.神経質になって考える事ではありません。 半年後にまた検査して貰えばたとえ虫食っても1ミリぐらいでしょう。

11.半年後に早期発見なら、詰め物で何も問題はありません。将来的にです。

12.シーラントをしていたとしても、数年後にはそれが逆に虫食いの元になる事が多いのです。

13.つまり、シーラントを放置、つまり長く装着しすぎるとかえって大きな虫歯ができる被害がる事もかんがえましょう。

14.では、どうしたらよいのでしょう?

それは、、、、

1.シーラントをした場合にはそれのチェックが半年ごとに必要。

2.シーラントは長持ちしないので、数年後には外すか再装着をして貰う事。

3.シーラントをしない場合はやはり半年ごとに検査をして貰う。

4.虫食いが始まった場合には半年ごとでしたので、全く小さな物でしょう。 それは十字型のものじゃなく、一点だけです。

5.溝が十字型に走っていますが、一点だけにしてもらいましょう。

 

とにかく、シーラントをあちこち無暗に装着したがる歯科医に出会った患者さんからの報告がありましたので、もう一度記載しました。

大事なのは歯科医の良心でしょう。 貴方の歯科医は貴方のお子さんを自分の子供と同じ扱いをして下さっているのでしょうか?

と言う事が問て見る事ではないでしょうか? ご用心を。

 

ちなみに、今回は前から6番目でも7番目でのない5番目のはにシーラントを装着された患者さんと歯科医についてでした。

4,5番目の歯にシーラントは通常装着しない事を知って下さい。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:15 | comments(1) | - |
被害予防の復習。 そのー2.

JUGEMテーマ:健康

 

 もう一つ目立つのがシーラントの乱用ですね。 虫歯の無い子供の場合には気を付けてください。

 

 次の場合には辞退が大事。

.年齢: 6歳前後(5−7歳)か12歳前後(11−13歳)以外の場合

コメント: 新しい臼歯が生えた時に待たずにするものであり、その年齢を過ぎると間違い。効果なし。

 

2.4本以上の場合。事前に数を聞く事。 4本以上なら嘘と思って良い。

コメント: 6歳でも12歳でも対象になるのは4本のみ。 他の歯までする歯科医が居ますので数を聞いて下さい。

 

 もう一つの新事実はシーラントがあまり効果がなく、害まで起きている事です。 5割の場合には虫食いが発生している事が最近発見されました。

 

 私は30年以上も前からそんな疑問を持っていました。やっとそれが証明さえたのです。 

 

 ちなみに息子にはシーラントは装着しませんでした。 臼歯は半年ごとに検査をしていればシーラントの必要はないのですから。 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:19 | comments(0) | - |
シーラントは儲かる。

JUGEMテーマ:健康

 

検診の際に虫歯が無い場合には、シーラントをする事で稼げます。 

予防という建前で、無駄で無用なシーラントを薦める歯科医が居いるので次を知って下さい。。

 

シーラントは6歳前後では4本。 其の後は12歳で又4本のみです。 それ以上の数の場合には嘘、間違い、被害です。

 

この歯科医が他の歯までにシーラントを装着して保険で稼いでいた事は以前に記載しました。

次を覚えておいてください。 

1.シーラントはそれほど信用できない。

2.シーラントは6歳、12歳前後の時のみに必要とされる。 その他の場合には無駄。

3.シーラントはどんな時でも4本まで。前後左右で4本のみです。

 

シーラントを薦められたら他院を訪れる事も考えましょう。 

歯科は物なので、ウインドウ・ショッピングも大事です。

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:50 | comments(0) | - |
不要なシーラントを薦める歯科医。

JUGEMテーマ:健康

 

 です。 今回も同じ歯科医です。 11歳と8歳にシーラントを薦めたのです。

 

 知っておく事実は次です。

1.シーラントは6歳で4本。11−12歳で4本。必要であっても4本だけでそれ以上の数はありえない(注ー1)。

2.シーラントの半分には虫食いが起こるので必ずしも予防の目的が達せない事がある事実。

3.全ての歯にシーラントが適当とは限らない。 この子供には溝がないので必要は無かったのです。

4.8歳の子供には遅すぎますから、無用。

5.11歳の子供の12歳臼歯には溝が有りません。必要なしでした。

 

 シーラントを薦める歯科医にはご注意を。

 過去のブログを参照して下さい。 シーラントのカテゴリーで。

 

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 

注ー1.この歯科医にかかってシーラントを16本もされた方がいます。 ロング・アイランドです。 思い当たりませんか?

15歳にお子さんでしたので、無用、無益、害ともなるシーラントは取り外しました。

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:57 | comments(0) | - |
又ありました。不要なシーラントで稼ぐ日系歯科医。

JUGEMテーマ:健康

 

 8歳の子供の乳歯に無用で不必要なシーラントを「予防」と称しての商売です。 例の日系歯科医のした事です。 相当の人が被害に会っていると思われます。 虫歯がないと無暗にあちこちシーラントを予防処置として装着しています。

不要なものは害となりかねない事は以前に記載しました。 外す事が必要かもしれません。

 

 シーラントについての知っておく事。

1)6歳12歳でのみ行う物。 他はは間違い、不要、無駄。 歯科医の偽りで営利目当てでしょう。

2)乳歯にはしません。 6歳臼歯と12歳臼歯のみが対象ですがそれらの歯にも不必要な事が多い。「予防です」という言葉に乗せられない事。 予防が害になる事が50%もある事が最近証明されています(注ー1)。

 

 今回のケースも予防と言う名のもとにしたシーラント($85−100)が実は詰め物($200)としてチャージされていました。 虫歯でもない歯に詰め物として保険会社から倍の金額の保険金を搾取。 前回の15歳にほどこされた16本($320)と同じ手口です(注ー2)。

 

 悲しい事です。 不必要なシーラントを患者にいかにも必要とおもわせ、保険から営利をむさぼるこの歯科医はよほどお金にこまっているのでしょうか? それともただ倫理のかけらもないハゲタカのような輩がお人よしの仮面をかぶって商売しているのでしょうか? 将来ある子供に不要で害ともなるシーラント治療をして収入をえるなんて見下げ果てた所業です。 

 

 保険会社に事実を通達する事が貴方に課せられた義務でしょう。 

 差額請求があっても会社が払うのでウヤムヤにしているのが一般です。 

 貴方の後輩や同僚にも同じ事がされてしまいます。すると保険料も上がり会社に負担が加算となります(注ー3)。

 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1. 何度も記載してきました。 シーラントのカテゴリーで検索してください。 米国歯科学会第一人者ともおもえるゴードン・クリスチャンセン博士(PhD) が説いている事であり、シーラントをはずしてみるとその50%には虫食いが生じて居ると証明したのです。 

 

注ー2. する必要もないし、する事もみとめられていない乳歯に施したものです。 シーラントと申請すると受け付けられないので、苦肉の策として詰め物との申請です。 すると$100では従来の治療費とちがって保険会社から疑われますので、そこは詰め物と同じじゃないか?詰め物の$200で申請して患者には個人負担を請求しないでおけばよい。患者は文句を言わない。

 

注ー3. この国の保険会社は日本の政府の保険と違い商業会社です。 よって保険は使えば使うほどに掛け金が上がる事を知ってますか? 不埒な歯科医が貴方の保険を利用して普通以上で倍の保険金を徴収すると、それだけ保険の掛け金も上がるのですよ。 会社の負担になりますので、よってその後の貴方の保険のレベルは落とされる方向につながるかもしれません。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:06 | comments(0) | - |
目にあまる暴利と人災(害)。日系歯科医が再度。

JUGEMテーマ:健康

 

 何度も考えてみて「あまりにも横暴」「あまりにもひどい」「あまりにも人を利用」「あまりにも患者が可哀そう」、、、などと耐えられない思いでもう一度記載させていただきます。 それは2016.7.22の事に関してです。

 

 患者さんは(16歳で今まで一本の虫歯もないにかかわらず)奥歯の全て(4x4=16本)に予防という建前でシーラントを装着されました。

 そのうえに請求には詰め物($200x16=3200)とされていました。 

 シーラントなら$75−100ぐらいが相場であり、$200は詰め物の金額ですから倍の請求をしていたのです。。

 

 6歳臼歯は6歳でシーラントをする物です。それも必要の場合のみですべての子供には必要ではありません。必要な人は少ないほどです。

 12歳臼歯には12歳でする物です。 

 16歳になってからでは6歳臼歯も12歳臼歯のどちらもする必要はありません

 

 その上に他の8本の臼歯にまで装着とは常識を逸しています。 当局に報告するべきものです。

 その前に歯科医にただして返金をしてもらっても、装着された無駄な物は害でもあるのですから、やはり当局に訴えるべきでしょう。

 

 全く不要なの事は何度も過去に記載しました。用心をしてください。

 残念ながらこの歯科医は日系です。残念ですね。 日本語が通じると謡う他国の歯科医のみでなく、日本語が話せる(日本人以外の東洋人)までもが貴方を取り込んで貴方の保険や会社の事も知り尽くして、出来るだけの治療費を取ろうとしている事は明白です。

 

 過去にもこの日系の歯科医に関しては同じ事で領事館がから相談がありました。 10年近く前の事です。

 子供が片側だけで最初から$1400ぐらいの請求があり、反対側もそれぐらいかかるといわれたので、相談の電話でした。

 拝見して治療しましたが、治療費は$400ぐらいで終わったのです。

 

 この日系の歯科医はこのような無駄な治療(予防)で暴利を得ている事が明瞭です。

 ご用心を。

 

 この歯科医院の方、貴方。 このブログを読んでいるのなら、そろそろ控えなさい。  

 同じ日本人を利用して営利をむさぼる事を感じないのですか? いい加減にしないと私も当局に訴えますよ。

 

 

 悲しい限りですね。 

 同じ日本人が日本人を騙すような事がまかり通っているのは。なたこの人は日本国籍でももともとは日本人ではないのかも?

 日本人の貴方にも騙されることには責任がないとはいえませんね。 

 とにかく、日本人、日本語が通じるからといって信用する事には考える物があるのではないでしょうか?

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:40 | comments(0) | - |
シーラントと言われたら、断りましょう。

JUGEMテーマ:健康

 

 不要なシーラントを装着された16歳の日本人小児がいらっしゃいました。今までに一本の虫歯もない少年です。

 次が事実です。 

 1)シーラントは6歳臼歯と12歳臼歯にのみする物です。

 2)よって、6歳時と12歳時のみにしかしません。時期をはずるとできない、してはいけない、する必要がない。

  

 この子供は16歳で、対象となる歯(6歳で四本。12歳で四本)のみでなく他の歯にまで装着されていました。

 奥歯全部で16本。$200x16=3200の暴利です。 $200というのはシーラントの額より高いので詰め物としてチャージされていました。

 いくつかは明らかに不要のみかともなりますので取り外しました

 

 この歯科医ではよくあります。何時までもこりないで無駄な治療をしているのはなぜでしょう?

 無知?とは思えません。ここも確信犯といえるのでは? 

 又、費用が保険の年間限度額と同じとは偶然? 歯科医はあなたの保険の限度を知ってますよ。

 残念ながら日系歯科医です。

 

 結論。 シーラントと言われたら(又は予防処置)断ってください。 シーラントが本当に必要な子供は少ないですし、つけ方によっては害となる異は以前に記載してきました。 シーラントのカテゴリーで検索してください。

 この患者さんもうまく口車にのせられて断れなかったのでしょう。

 又、保険と会社で払ってもらえるという事もあったようです。 付け入られている事に気づきましょう。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 01:29 | comments(0) | - |
無駄なシーラントが又ありました。

JUGEMテーマ:健康

 

 昨年までアメリカ人歯科医(日本人を募っている)にかかっていた11歳のお子さんを拝見しました。

 6歳臼歯の4本にシーラントがありました。 去年されたものでした。

 

 もうご存知と思いますが、これはいけません。 シーラントは6歳でする物です。 去年にすでに10歳だった子供にするものでは無いのです。 この事はこれまでに何度か記載してきました

 

 お解りでしょう。 この歯科医は不必要なシーラントを4本(約$360−500)を何も知らなく疑わない日本人を相手にして 不当な収入を得ているといえます。 理由は次です。

1)不必要な治療。  6歳から10歳まで5年の間に不必要であった物をする事がおかしい。

2)人口の物(シーラント)は天然も物(歯のエナメル質)より、ごみを集めやすいです。 虫歯の原因となりかねませんので害となる所業です。

3)なんの役にも立たないもので収入を得る事は正しいことでしょうか?

 

6歳で生えていた歯が5年間されていないシーラントという予防処置がが今になってなせ必要なのでしょうか?(注ー1)。まして5年後では完璧な接着ができない事は証明されているし、アメリカの歯科学会では常識なのです。

 

 再度記載します。 日本人を募っている歯科医の所業ですね。 言われるままに治療を受ける前に、考えなおすことが大事ではないでしょうか?

 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1: 6歳から11歳まで虫が食わなかった部分にこれから虫が食うかもしれないから予防としてシーラントをしましょう、というのなら、あなたのすべての歯にもシーラントが必要という事になり、すべてに人の無傷の歯にシーラントが必要という理論になりますね。 おかしいでしょう。

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:28 | comments(0) | - |
シーラントは害です。 半分が、、、。
JUGEMテーマ:健康

 シーラントについては以前い記載しました。 事実を記載します。以下。

1)外してみるとその半分には虫食いが発見されています(注ー1)。

2)シーラントは6歳臼歯12歳臼歯のみにするものです。 他の歯にはしてはいけませんし、されてはいけません。 害となります。

3)6歳児に生えて来た時のみにする物で、半年以上も経ってしまっては効果が有りません。 12歳児でも同じです。

4)東洋人歯科医がシーラントを装着して治療費をむさぼっています。 ご注意を。 不要どころか害をもたらします。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1:アメリカ一のゴードン・クリスチャンセンさんからの発表です。 私も30数年まえからしんじてはいませんでした。
息子にもシーラントは装着していません。 プラスチックで予防なんて出来る筈がないと思っていました。 金でも瀬戸物でもその周りから虫食いが起こるのです。ましてプラスチックという弱い材質でなにが出来るでしょう?という疑問でした。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:43 | comments(0) | - |
シーラントの実態(2)。 溝には必ずゴミが? その上から?
JUGEMテーマ:健康

 シーラントが害もなりうるもう一つの理由(前回は容)。 それは溝の中の汚れです。
シーラントに必要なエッチングは溝の中のエナメル質にする事で可能なのですが、其処にゴミ(汚れ)があると100%には出来ない事です。

すでに、されてしまった既存のシーラントに関して心配になる人も多くいるでしょう。では、すでにされてしまったシーラントの評価です。二つのケースが考えられます。

1.きちんとした正しい容で出来ている。つまり溝の部分だけに挿入されていて上部の見える部分は幅がぜまくせいぜい2−3ミリ。 その容は蛇状というかくねくねとした溝が伸びていた形に沿っている。 

2.間違っている事を知らない歯科医の所業(注ー1)で、余分な部分まで広がった容、つまり座布団のように四角やひし形。上部の幅が3ミリ以上もあり面積のおおきな物の場合。この場合にいては前回述べましたね。 シーラントが大きく載っている場合にはその淵からはがれてきて、唾液が浸透し、虫食いが始まり、大きな問題となりえます。 虫歯の幅はシーラントの幅と同じになるからです。

で、今回は1番の場合にも虫食いがおこる理由です
(1)溝の中にゴミが既についている事がある。 溝の内部の表面のエナメル質にゴミが付いているとエッチングは不十分な出来に終わります。シーラントは溝の内側に100%付かない事になります。 その上にゴミは内側に閉じ込められてしまいます。ゴミの中にはバイ菌も存在しますから、シーラントの内側で虫食いが始まる事が明白。
(2)知識のある良き歯科医は上記の事を認識していて、溝の部分をきれいに洗浄してからエッチングをしてから、シーラントを装着します。 正しい所業ですから安心できます。ただ、シーラントは数年すれば寿命があるので外してもらう事も考えなければならないのです。緩んだシーラントは害の元となりますから。 6歳から3−4年で頃合いをみて外す事が大事でしょう。

解りましたか? シーラントは良心的で技術をもって行っている歯科医がしたものなら十分役に立つでしょう。 しかし、多くの歯科医はそれ程にまでの技術や繊細さが伴っていません。先日のブログで書いた8歳の子供に装着した場合などは全くなんの役にもたたないのです。だからと言ってどれもダメだとは言えない事も認識してください。

追:ちなみに私の子供の永久歯にはシーラントはしていません。乳歯の時点で虫歯がほとんどなかった事がら推測してこの子供は虫食いが起こりにくいと判断したのです。 半年ごとにその溝を検査しておけば、虫食いができても1ミリ以下の状態で摘み取れます。アマルガム(日本では水銀と呼ばれていますが、、)を極小さな時点で装着すれば15年以上も持つのですから、シーラントで予防をしながら、その緩みや見えない唾液の浸食などに躍起になるより、6か月ごとの細かい検査で1ミリ以下の虫食いの始まりを見つけて対処する事のほうが長い目で見れば効果的なのですから。 早期発見(二分の一ミリから一ミリ)での処置の方が、長持ちもしないし、うっかりして放置すると害にもなりかねないうわべ的な予防処置で心配するよりすっと良いからです。

            −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1:一番の間違いは詰め物を穴や溝の部分の幅を超えてまでのばしてしまう事です。その回りまで延長して無傷な部分の表面にまで装着する歯科医がいます。余分な部分まで保護しているつもり、その回りまで予防が出来ると勘違い、間違った歯科医がいるのです。 詰め物は穴や溝を埋める事で容の修復で、その部分以外は無駄、余分、害です。 つまり外側の健康な部分まで人工物(プラスチック)を付着させる事は害につながります。必要のない部分に人工物をつける事はゴミを集める事になり害の根源となります。歯科治療の逆説というか、諸刃というか、使い方が大事なのです。 誤解している歯科医は少なくありません。 必要のない事までしても予防という名目で営業成績があげられるのですから、商売中心な歯科医にとっては便利なものでもあるのですね。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:50 | comments(0) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode