Page: 2/3  << >>
バイト・ウイングという技法のレントゲン写真の大事さは基本です。 日本の保険は認めません
JUGEMテーマ:健康
バイト・ウイングといわれる技法を使ってのレントゲン撮影は基本です。なぜなら、、 
1.虫食いが早期に発見できる。
2.治療(詰め物などの出来具合)の良し悪しがはっきりする。
3.詰め物の内側(下)の様子が分る。

というような理由で、この国での検診にはかかせないし、欠いてはいけないとされた全く基本的に必要とされる物です。
 ところが日本の健康保険では認められていない事には驚くとともに、なんという不条理な規制でるのみか、誰もそれを変えようともしません。 日本という国には驚く事ばかりです。

歯科治療(修理)には早期発見、早期治療が絶対必要可決です。 歯の長持ちにつながるます。ですから日本では歯科医にこのレントゲン(バイト・ウィング)を撮ってもらってください。 たった4枚でよいのです。 4枚で全ての奥歯の状態がはっきりわかるのです(注ー1) 
自費を払いますから」とつたえて、撮ってもらう事を要求してください。 拒絶するような歯科医がいれば其の歯科医は良心に欠けているでしょう。

追: バイト・ウィングのレントゲンは顔写真みたいな物です。日本でとっているのはペリアイピカルという全身写真のようなものです。 顔の部分つまり歯の表に出ている部分にしか無視は食いませんから、顔写真が一番大事なのです。
日本の保険では顔と全身(根のぶぶんの先まで)を一枚でとってよかれとしているのですが、これでは顔の部分(虫の食う部分)が斜めの角度でうつされるのではっきり細かい事が移らないのですね。 虫歯には虫歯用のレントゲン(バイト・ウィング) 神経治療には根のぶぶんんをうつす全身写真(ペリエイピカル)をとるのがあたりまえなのです。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.前歯はバイトの必要はありません。 レントゲンなしでも歯が薄いので透き通ってみえるのです。


 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:01 | comments(0) | - |
検診は日本ですれば安くつくと思った人がはまった落とし穴。
JUGEMテーマ:健康


 毎年の帰国の際に検診をしてもらい「虫歯はありません」と言われていた人がはまってしまった落とし穴? といえる歯科検診と治療対象の違いをかきます。
これは夏に毎年帰国して検診をうけていた人に起こった事でした。

 毎年夏に日本で検診と必要な治療をしてもらっていましたが、今年は帰国出来ずにいたのです。 そして2ヵ月後の9月に歯が痛くなり始め、様子を見ているうちに、痛みは止まらなくなり来院されました。 
 検査の結果は、虫食いが神経まで達しているという大きな虫歯の存在でした。 約1年あまりで神経まで達する虫歯が詰め物の下に出来いました。

さて、ここではっきり知っていただきたい事をいくつか書きます。 まず、、、、
1.一年に一回の検診ではとても十分では無い事。 6ヶ月が常識です。
2.日本での過去の治療が十分に長持ちする物ではなかったこと。 この歯は第一大臼歯で一番大事な歯の一つでした。 長持ちする良い治療をしてもらっているべき。 歯科医の思慮と思いやりのなさ、、、又は患者さんの不注意とも考えられます。
3.一度治療(詰め物)したところが、不出来であると其処からの虫食いの進行は早いのです。 この国で6ヵ月毎のレントゲン検査をしていれば、これも早期に見つかっていたでしょうから、神経治療には至らなかったのです。 虫くいが神経にまで達するには1年以上かかる事(3−30−11)を再度記載します。
4.日本での検診では虫歯の発見が遅れます。 保険制度は検診には支払いが無く(信じららないですが、、、)歯科医は細かい検査(早期発見に必要)を省きます。 歯科医は点数の多い比較的大きくなって患者本人が自覚のあるようなものだけをを中心に治療するのです。
 
という訳で、少なくとも何の症状も無い時にでも半年以上経っている場合はこの国で検診だけで設けてください。 検診だけでも良いのです。 
何処がどの位悪いかを歯科医に説明してもらい文書に記載してもらいましょう。 
小さな物は半年は待てるので、帰国の際に日本で治療が受ける事も考慮できますね。
大きな物でも、応急処置をすれば半年ぐらいは持つでしょう。

とにかく、検診を受けましょう。 
それから考えて、セカンド・オピニオンを聞く事もしたりと、貴方の経験を思考のレベルを高める事が良い閣下ににつながるでしょう。 歯の問題は一生のうちに何度もおこるのですから今から学びましょう。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:24 | comments(0) | - |
虫歯は何時出来て、その進行はいつからで、どのくらい?
JUGEMテーマ:健康

虫歯が見つかった場合、貴方は何時出来たのか考えてみましょう。
虫歯は一夜で出来るものではないので、検診をしているのに大きな虫歯が発見されたら、前回の検診でなぜ見つからなかったか、前回からの期間の長さを考慮して、前回歯科医の見逃しででは無いかとも考えてみる事も大事です(注ー1)。

目安を書きます。
(1)。検査で見つかるサイスになるには、発生から半年ぐらい経っています。 1−2ミリの深さで、横幅はそれ以上に広範囲でしょう(注ー2)。

2)。3−5ミリもあるのなら発生から1−2年ぐらい経っていると考えてよいでしょう。

3)。それ以上なら神経に到達するぐらいですから2年以上経っているでしょう(注ー3)。

治療は(1)の段階で受けるのが一番良いです。
この国で半年の検診が常識、習慣となっている事はこういう理由からです
 
極度にしみたり、持続してとまらない痛みが出る頃はすでに(3)にまで進展しているか、それに近いので早期治療には手遅れで、高額にもなり、それよか歯の寿命にまで関してきます。

虫歯何本と考えるのじゃなく、虫歯が見つかった場合には一つ一つの進行程度を考えましょう。 そして、歯科医の説明を良く吟味し、評価を考える事も大事でしょう。



            −−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.日本の歯科医にとってはは厳しい見方ですね。 日本では見逃しが多くてもまかり通っていますから、、、、11−23−10
注ー2.無傷のエナメル質の場合は貫通しにくいのです。まず表面で広がり、それから中に向かって深く進みます。
注ー3.個人差もあり、年齢による差もありますので、それ程の時間が経っている事を考えてもよいでしょう。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:32 | comments(0) | - |
検診でレントゲン検査が不十分な東洋人歯科医。
JUGEMテーマ:健康

ある東洋人歯科医から資料をとりよせると、検診には欠かせられないレントゲンが数枚欠落していました。
この国の検診の常識である予防タイプ(4 Bite-wing Xrays)が撮影されてないのです。

困った物です、このタイプのレントゲンの大事さが頭にきざみこまれていないのでしょう。
自国の検診ではこの基礎的な検査法が使われてなく、それに慣れているのか、なくても十分と考える事は Negligence (怠慢)となり、規則違反です。

こまったものです、この国の常識的な検査をしない東洋人歯科医は多く居ます。
定期検診(4枚)や不意な検査の際(1枚)にはまず、パイト(注ー1)を取っているのかどうかを観察もしてみましょう。
このレントゲンは歯をかみ合わせながら撮りますから、口はほとんど閉じているような状態での撮影で、上下が一度に写っている物です。

注ー1.略してパイトと呼んでいます。
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 13:58 | comments(0) | - |
乳歯から大人の歯(6歳臼歯)にうつる虫歯があります。
JUGEMテーマ:健康

虫歯は隣の歯に移ることが多いので気をつけなければなりません。
近じか抜けると思える乳歯でも虫歯を放置して置くと、奥に並んで生えている永久歯(6歳臼歯)にまで虫歯が出来てしまう事が多いです。

今回は11歳に子供が残っている乳歯の虫歯を治療されずに放置されたケースです。
乳歯は12歳ごろに全部抜けてしまいますが、 最後の1年ぐらいは一番奥の乳歯だけが上下左右に4本残っている場合があります(注ー1)。 もうすぐ抜けるのだから放置しておいても良いだろうと考えるのも一理です。
しかし、これらの乳歯の後ろ側の表面に虫歯ができると、当然そこの奥に隣り合って生えている永久歯にウツッテしまう事があるのですね。
この患者さんはそういうケースでした。 他所の歯科医で半年前に虫の食った乳歯を放置されたままだったのです《注ー2)。 半年後には永久歯にも隣接面に虫が食っていました。 

             −−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1:前から数えて5本(x4)のうち4本抜けて、5本目の乳歯で一番大きな歯だけ残っている。
注ー2:検診と判断の大事、それと特に子供には早期治療の重要さを認識しない歯科医にはこまったものです。 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 22:26 | comments(0) | - |
虫歯が大きくなる段階、 それに伴う痛みの段階を論理的に説明します
JUGEMテーマ:健康

虫歯とは歯の硬い部分(中心部に柔らかい所がある)に虫食いという現象(腐る事)が起こる事で、ばい菌による硬い部分の腐食と考えて下さい。

りんごに例えると、の部分(エナメル質の外皮)は無機物といえる物(99%)であって生きているとは言えなく、反応も痛みもない外壁です。

の下の実の部分(象牙質)は生きていると言えます。
皮膚(エナメル質と同じです)から身体にばい菌が入ったと同じような事になり、影響を及ぼします。 次第に痛みとしての反応が出てきます。生きているので何らかの現象が起こり、中心の芯の部分(髄)が反応し始めます(注ー1)。

の部分とは空洞の部屋(Pulp chamber)と言います。
 そこには柔らかい皮膚下の体と同じような組織が詰まっているのです。 そこには歯だけの為の太い神経があります。 
実の部分(象牙質)に異常(腐食)が起こるとそれが芯の部分の神経に伝わるので、しみたり、痛んだりの感覚が出てくるのです。

.腐食がさらに広がり芯の部分まで到達してしまうと、直接な刺激を与える事になります。神経への刺激は増しますから痛みは大きくなり、続けさまの痛みが出てしまいます。
解りましたか? 虫食いとそれに反応する神経による痛みの関連が、、、。

以上は基本的な描写であって、場合によったり人によったりで痛みの起こる時期やその量が違う事も解ってください。 以上はあくまでも基本的な進展で、この理屈に基づいて考える事が分りやすいかとも思います。

                               ----------------------------------------
注ー1.神経は身を守るために二つの事をします。それは、髄(芯)の血管からの栄養によって内側から壁を作り実の部分を厚くする事によって、侵入者から遠ざかろうとする。2.貴方に信号を送る。しみたりするのですね。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 16:31 | comments(0) | - |
数あるレントゲンの種類。 どれが必要か?
JUGEMテーマ:健康

レントゲンと言ってもこの国では3種類が主です(注ー1)。
(1) バイト・ウィング Bite-wings
(2) ペリ・エイピカル Periapical
(3) パノラマ    Panoramic
 
それぞれ違った正確さがあるので、一つが他の代わりはできませんし、してはいけません。
では、歯科医に見てもらう場合に2つの場合があるでしょう。
一本の歯がいたくて虫歯の診断が必要な時』は(1)と(2)を一枚ずつです。
全部の歯の虫歯を調べる時』は(1)を4枚と(2)を14枚ぐらい必要です。初めての人には必要でしょう。
 
6ヶ月の定期検診のときは(1)の4枚が基本で、神経治療経過や親知らずの成長を調べる必要があるなら(2)を何枚か6ヶ月毎に撮ります。

(1)は虫食いがはっきりと映ります。これ以外のものは不適当です。
必ず必要なので撮らないとこの国では歯科医の怠慢とされます
上下の歯を真横から水平に撮り、口を閉じた時点で撮影します。
技工物のフィット、其の下の虫食い、新たな虫食い、歯槽膿漏などが発見できます。

(2)は神経の状態、神経治療の有無や出来を調べるで根だけが正確に映ります。
斜めに映ってしまう歯の頭部は虫歯がぼやけて不正確なため検査に不適当で、使いません(注ー2)。

(3)のパノラマは骨に異常が無いかを調べるのが一番の目的で。5年に一度でよいです。(内視鏡の検査も3年や5年に一度ですから似てます)
他には親知らずの位置を調べる事、生えてくる歯の位置を見る事につかいますが、虫歯の発見は全く出来ません。

歯科医がどんなレントゲンを撮ってるかを観察して知識をえましょう。
緊急の時やちょっと一箇所だけを見てもらう場合は、一本の歯でしょうから(1)と(2)が一枚ずつ必要です(一枚$10-20)。殆どの場合、この国ではレントゲン無しでは不十分とされます。
初めての検診の時は全てのはを診るのですから(1)が4枚で、(2)が14-16枚ぐらいです(フル・マウス・シリーズと呼ばれ$150-200)。

            −−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1. 他にもオクルーザルとかラテラルとか特殊な場合の撮影方もありますが、一般診療には使いません。
注ー2. 日本では(1)のバイトが保険で認められていないので(2)で間に合わしています。早期発見が出来てません。 良心的で熱心な歯科医は(1)をも撮るらしいのですが保検申請が問題になるとの事です。日本では歯科医に相談して見ましょう。自費でもレントゲンはそうするべきでしょう
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:57 | comments(0) | - |
日本の保検の検診の実情。 大きな間違い? 認識の大きなズレ?
JUGEMテーマ:健康

最近、やっと日本での検診には全く大きな思い違いがある事がはっきりと判りました。
以前から保検での治療には大きな違いがある事は分っていましたが、検診(検査)にまで大きな違いがある事には気づきませんでした。
 しかしまさかと思ような事が明らかになりました。
検診が検診ではないというような事なので、記載します。

日本の保険では:
(1)虫歯が無ければ検診は妥当でなく必要性が無いとされ、検診料が出ません 
よって定期健診は虫歯が出来てからする物で、歯の悪くなった人のみに検診をして治療をするという事になっています。

(2)バイト・ウイング
と呼ばれる早期発見には絶対に必要であるレントゲン保検では認められていないので歯科医は撮りません。
よって、正確で肝心なレントゲンを他の保検タイプのレントゲンで間に合わせているという状態になっているため、歯科医が判別できるる事は大雑把なレベルなものとなっています。
不本意であっても保険の枠内でという制限に従い、規則に従いながら、発見の遅れて大きくなった虫歯の治療を中心として診ているのです(注ー1)。

(1)の検診というものが虫歯が出来てからする、と言うのは本末転倒である事は誰にでも理解できる事でしょう。 虫歯の有無を調べるのが検診(検査と診断)ですから。
(2)にも驚いてしまいます。 アメリカではバイト(X−ray)は基本中の基本であって、取らなければ不十分な検査、不正確な検査による診断として法的に追求されかねないのです(注ー2)。

 以上の様な日本の事情は、保険制度が出来た昭和31年頃にさかのぼって考えると解ります。
その頃には痛い虫歯は抜いてしまっていたのを、何とか政府の保険でカパーして持たせよう、という趣旨であったものだったのです。 それが今でも続いているのです。
 
よって、虫歯は悪いほど保険の対象となっているのです。
悪くなり始めている又はまだ悪くなってない時の検診は無駄とみなして認めず、早期治療も保検料が少ないので、歯科医も黙認しているのです。
つまり、早期発見、早期治療11−10−201011−15−201011−18−2010)は全く無視され、後期治療が中心なのです。 


  一方、この国の保検は検診が基本1年に2回の検診が推奨され、保険のカバーも100%が普通となっています。
保険会社にとっても虫歯が早期に見つかり、治療が簡単で安価な物であるほうが良いですし患者さんにも良い事は明らかです

日本のシステムは信じられない程の空回りをしているので、国民にとっては大きな損失ですね。
直ちに改善が必要ですが、それまで待てないので対策を考えて見ましょう。

それは、日本でもアメリカと同じレベルの検診をしてくださる歯科医を探す事です。
自費で払えばして貰えるのではないでしょうか?
アメリカでの検診の事を相談に乗って貰い、バイト・ウイングのX−rayを撮って貰い、細かい検査をしてもらう事が出来れば早期治療につながるでしょう。 で、その後の治療も場合によっては自費でまかなう事も相談してみれば良いのではないでしょうか(注ー3)?

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1. 歯科医の中には解っている人もいるので、必要なレントゲン(バイト・ウイング)を撮っている人も居るそうです。 でも、患者のためにそうすると保検には嘘の申請をしなければならないというジレンマに嵌ります。

注ー2.日本の治療はアメリカより遅れている、と言うのが一般の観念です。 しかし、本当はもう少し具体的な視野で考え、検査レベル、将来を見通した診断、保険の規制による制限、、、、と色々な面での遅れでしょう。 治療自体は個人の歯科医の技術の問題ですから、日本にも素晴らしい技術を持った人達は沢山います。 日本という一般論と、個人の受ける治療とは混ぜて考えないようにしましょう。
注ー3.日本では保検治療と自費治療を混ぜる事が出来ないようですが、考えてみれば出来るはずです。 今日のこの部分は保検で。 その後は自費で、、、というように。 さて、どうでしょう? 歯科医の知恵に頼って、お願いして見る事も貴方の知恵と言うものではないでしょうか? 

 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 00:39 | comments(0) | - |
検診記録とレントゲンをもらいましょう。 遠慮は全く不必要。
JUGEMテーマ:健康
新しく 歯科医にかかる時には大事な事があります。
それは、過去歯科医院での治療記録レントゲンです。
新しい歯科医は貴方の検査(検診)をするわけですが、過去からの経過が将来を見通すのに大変便利な物となります(注ー1)。

自分でレントゲンと治療記録を送ってもらう事に気が引けるのなら、次の歯科医が取り寄せてくれるので予約の時に頼んでください。 特に6ヶ月以内のものならレントゲン費用が助かります。
この国では、そうする事が常識とされています。

どんな場合か数例を挙げましょう。
1. 歯科医が気に入らなく、他に行く事にした場合。 遠慮は不必要。
2. 治療中に不満があり、行くのをやめて他院に行く場合。
3. 引越前、又は引越し後。
4. 他の歯科医の意見を聞きたく、他を尋ねてみる場合、、、等。

どんな場合でも良いのです。 レントゲンや記録は貴方の物でもあるのです。
貴方か次の歯科医に渡される物とされています。

日本では未だ無い習慣ですがこの国では常識的に行われている事なのです。
つまり、記録(カルテとレントゲン)は患者さんにとっても、歯科医にとっても証拠として必要な物なのです。
歯科医は7年間保持管理する義務があり、患者さんのリクエスト(要望)でどこの歯科医にでも送らなければなりません
 
繰り返します。 
この国では記録やレントゲンは患者さんに権利があり、当たり前の事としてそれをもって次の歯科医に行くとなっています。 ただの事務的行為として考えて下さい。

            −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.歯科は建築ですから、どの歯が何時治療された物かを知っておく事が大事です。
治療は時間とともに朽ちて行くので、その経過がみれると助かるのです。
レントゲンにも色々種類がありますが、4枚のバイト・ウイング(12−28−09呼ばれるレントゲンが一番大事です。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 15:58 | comments(1) | - |
虫歯の早期発見をしない日本では歯が悪くなるのは当たり前。。
JUGEMテーマ:健康

日本で歯科医を見学したら、憶測していたとおり早期発見を第一目標としてい無いの事がはっきりと分りました(注ー1)
アメリカでは基本中の基本である早期発見の行為が日本の保険制度ではに認めていないのです。
制度の欠陥。それを知っていても何もしない政府の制度と歯科医には驚きました。

具体的に説明しますと、検診の基本であるバイト・ウイングというタイプのレントゲンが認められていない為、歯間部の虫歯を早期にみつける事がなされてなく、したがって詰め物のほころびも早期発見が出来ません。
治療は後手にまわったままで、日本人の歯ははいつまでたっても良くならないのです。

50年以上も前に出来た保険のシステムがそのままなのに改良しようとしない政府、、、そして文句を訴えて戦おうとしない保守的な歯科医。 
先進国について行くどころか置き去りになったままです。

ですから、この国にいる間に歯科の検診について考えて、知識をつけてくださる事を願います

追: 日本でも中には良心的にこのバイト・ウイングを撮っている人もいるそうです。 
でも、保険には嘘を付いて申請しなければ認められないそうなので、帰国した際には理解して上げて下さい。 こういう知識について日本の歯科医と相談しましょう。

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注ー1. アメリカでのみ教育を受けた私はいままでこんな基本的な事が日本で認めていられてない事などと疑った事はありませんでしたが、やっと日本人に見逃されている虫食いが多い理由が分りました。 
道理で日本から見学に見えた歯科医が治療方や器具には興味を示しても、診断や早期発見には興味を示さなかった事が理解できました。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:50 | comments(0) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode