Page: 1/1   
全くでたらめな診断をする韓国系女医の事は幾たび記載しました。 そのー1.最近に又。

JUGEMテーマ:健康

 

 最近すっかりなりを潜めているのでしょうか、被害報告はめっきり少なくなりました。

 

 過去の私のブログやその後の訴訟事実(過去のブログを参照)などで最近は被害報告が少なくなりました。

 被害がずっとなくなってきました。 

 

 次がその理由だと考えらるでしょう。

 

1.患者さんが注意をするようになった韓国人女医歯科医の診断に疑問を感じるようになった。

 

2.日本語が通じる日系や外国人歯科医の診断にも疑問をもつようになった。。

 

 

 そんな事が次です。 

 患者さんの「気を付ける、年の為という注意」から助かった例を記載します。 2例です。

 

例ー1.海外邦人クリニックの女医の診断が虫歯が3本。疑問に思って遠方の親戚の歯科医に相談した。

  日本の親戚の歯科医にレントゲンと診断書を送って相談したら、虫歯なないと診断した(患者―1と記録)。

  当院でも虫歯は見つかりませんでした。

 

例ー2.日系歯科医に詰め物が外れた歯にクラウンという高額な治療が必要をいわれた。

  でも、痛みがないのでしばらく放置して帰国の際に日本でみてもらうと詰め物で済んだ。高額なクラウンは必要でなかった。

 

 

 気づきますね。 

 韓国人歯科医のみでなく日系も疑わしい歯科医の診断がある事。

 信じられないような事ですが嘘をついている歯科医がいる事がはっきりと判明。

 当院の検査やその数年後の検診で虫食いは最初からなかった事は幾度も証明されています(ブログ参照)。

 外国人歯科医、特にボーチュン女医、海外邦人クリニックとかその他の日系歯科医にも注意は必要です。

 

 

 追: ボーチュンとロバートリムさん、もう一度私を中傷罪で訴えてみますか?

    また、逐一私のブログを翻訳している日本人の女性スタッフさん。あなた達も同じ穴のムジナですか?

    

    

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 22:06 | comments(0) | - |
歯科医は嘘をつかないと思いますか? ウソ?をつく歯科医はいるのかも。

JUGEMテーマ:健康

 

  歯科医はお医者さん。 ウソなんてつかないと思っていませんか?

  多分ほとんどの歯科医はあからさまな嘘はつきません。 時折誤診があるだけで間違いです。

  でも、ウソばかりをいって必要のない治療をしている歯科医、女医をや小児歯科医がいます。

  過去のブログから参照です。

 

 この海外邦人クリニックで診断された人達の例からその間違い、うそ?が証明されます。

 

1.Mrs.M は5年前に虫歯が11本あるといわれ疑問におもい来院されました。

   当院で見つかった虫歯は3本でしかありませんでした。 あとの8本はどうしても見つかりませんでした。

   その後、4年間に渡って彼女を検診してきましたが虫歯はその後一切できなく、見つかる事はありませんでしょた。

  つまり、次が証明されます。

 

   4年前に海外邦人ンクリニックで指摘され虫歯11本の内の3本は4年まえに見つかり治療しましたが、あとの8本は何処にあ

   ったのでしょう。 4年たったも見つかりません。あったのなら4年の間に進行して見つかったはずです。

   結論、最初から無かった事という事です。 証明.

 

2.Mrs.M2さんは10数根前にこのクリニックで虫歯が10数本あるといわれたが治療をうけませんでした。

  帰国して歯科医2本といわれ治療をうけました。

  その後数年してこのクリニックにゆくと虫歯が5本あるといわれました。

 

  おかしいですね。 10年もまえに10数本あるといわれたのですが、日本で必要な治療がたった2本でした。

  10年後に再診療されたら5本とか。 

  では、10年まえに10数本といわれて日本で2本治療さたのですから後8本以上が残っていた筈でしょう。

 

  10年後に診断されると今度は5本でした。 

  数が会いません事が明らかです。

 

  この歯科医の所業はこの記録からはっきりとしたのです。

 

  10年もまえにいっていた虫歯はいつまでも見つからない、と言う事が明瞭に証明されたのです。

  つまり、10年前の診断には間違い?があったのと一歩ゆずってかんがえても、今回5本との診断があった。

  では、10数本マイナス2本ですくなくても8本あっても良い筈となりまずが、5本とです。

  つまり、ウソが発覚した事ではないでしょうか?

  

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:44 | comments(0) | - |
裁判所の指示(命令)をも無視し続ける海外邦人クリニックのボー・チュンとロバート・リム

JUGEMテーマ:健康

 

  海外邦人クリニックのボー・チュンとロバート・リムは私を訴えた事は以前に記載しました。

  私のブログが彼らを中傷しているとのうったえでした。

  でも裁判所は彼らの言い分をすべて却下して退けました。 

  私には何も非が無い事が証明されました(過去のブログを参照してください)。

  さて、そんな結末で終わった際に裁判所から彼らに通達がありました。「原告の私に$400を支払う事」でした。

 

 でも、2年近くなっても彼らは支払いません。 裁判所(政府)を無視しています。

 

 さて、ここでこの国で悪い奴が出来る事が次です。

1.支払わなくてもまず何の問題も特別な場合ではないかぎり起こりえないと気づく。彼らは無視

2.支払わなても訴えられる事はないと理解。たった400ドルですから。 

3.裁判も少額の事までには手が回りません。 

4.見越しても大丈夫となる。海外邦人クリニックという日本人でもないのに法人とうたっている歯科医達の賢さです。

 

 この二人の韓国人歯科医の面の皮の厚さは想像できない程ですね。。日本人にはとても想像できないでしょうがそんなのが事実で

 あり外国の人達でもあるのです。

 

 open judgementを調べてくれる人がいれば表ざたになり、彼らのクレジットは地に落ちるでしょうし、それなりの通達が出されるでしょう。 しかし、何時の事やら、というのがこの国です。

 

 そんな事を見下して無視して支払いをしないままという事はこの国の事情に長けているアメリカ育ちで、百戦錬磨ともおもえる灰

 汁の強い人達です。 ボーチュンとロバート・リムで海外邦人クリニックの歯科医達です。

 

 ご注意を。 

 被害を被った患者さんにつて長年にわたって記載してきました。

 そして、私は中傷とか名誉棄損との名目でうったえらたのです。 

 私の過去のブログは名指しをしていなかったのに、彼らは自分達に事と気づいたのです。 思いあたったのでしょう。

 

 まったくとばっちりともおもえる訴訟でした。 勿論私は負けませんでしたし、これからも負ける事はないでしょう。

 なぜなら私は事実を記載しているからです。

 

 

追、このクリニックで日本人が働いています。韓国人歯科医は私のブログは読めません。

  そんな韓国人歯科医が私にブログを取り上げたのはそこで働いている日本人スタッフが逐一翻訳して彼らに報告している事は理

  解出来ます。韓国人歯科医と支持している日本人のスタッフも歯科医とおなじ穴のムジナ、いえ、それ以上かもしれません事だ

  とおもっても良いかもしれませんね。 クワバラクワバラなんてでしょう。

 

  皆さんどうか海外邦人クリニックに行った後には当院でなく他のどこの歯科医でもようから見てもらってください。

  事実がはんめいするでしょう。大きな違いが判明するでしょう。 

  

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:42 | comments(0) | - |
16年ぶりにいらっしゃった患者さん。 その6本は健在でした。歯科冥利です。

JUGEMテーマ:健康

 

  16年ぶりに再び駐在になった人が来院。私が16年まえに施したアンレーとクラウンは今だ健在でした。

  伺うと彼はこの16年間に2本だけの治療しかなかったと伺いました。

  大変嬉しくおもいました。 なぜなら、私の治療が長持ちする事にきづかれたからです。

 

  私は治療が出来るだけ長持ちする事が一番大事としています。

  高額な物(クラウンなど)は最低でも10年、できれば20−30年以上持つように工夫をして治療しています。

 

  今回は16年も持ったので患者さんは喜んでいらっしゃいます。

  

  さて、ここで二つが考えられます。

  1.16年も大丈夫だったのだが、そろそろやり替えるほうが良いので6本やりかえて営業出来る。

  2.16年たってもまだ大丈夫。多分これから10年以上大丈夫でしょう。

 

  治療とは修理なのです。

  10年じゃなく20年、そしてできれば30年以上長持ちしてもらう事を目的としている私には

 

  私の患者さんには歯撮っても長持ちしている人がいます。次が例です。

 

 1.Mr..Tは2本のクラウンを36年まえに装着しました。いまだ健在。

 2.世界一有名なゴードン・クリスチャン先生(友人)。 かれには50年前に装着されたクラウンがあるそうです。

 3.嫁の歯は20数年前にダメな物はすべて取り替えました。未だ何の問題も起こりません。あと10年は大丈夫でしょう。

 4.私の前歯は日本で60年代に自由診療で5−7万でした。でも30年もちました。

 

   歯科とは、作り物がほとんどです。 作り物には長持ちが大切。 それは歯科医の技術にかかっています。。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:14 | comments(0) | - |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode