Entry: main  << >>
矯正が終わっても、本当は終わって無い。 注意。(改定版)
JUGEMテーマ:健康
   
 矯正は矯正医がする物ですね。 ですから矯正医から「矯正出来ました、終了です」と言われれば「そうだと」と思っうのが日本人感覚では普通でしょう。 貴方は告げられた通りに「完成、完璧な物」であると理解して納得してしまいます。しかしその矯正は終わっていない、完成していない事が多いのです。 事情を説明しますが、その前に二つの例を記載します。

ケース1:一年前に終わりと告げられた患者さん。当院に指摘された後に治療を継続。半年後にチェック。 まだなおっていませんでした。 さらに指摘。 一年後にやっと満足と思える結果になりました。 オーケーを出して器具を外して終了。 其の後はリテイナーの出来具合をチェックです。

ケース2: 半年前の夏に終わりと告げられました。 当院が不完全と思われる部分を指摘すると、その部分をさらに修正して下さいました。 半年後にほぼ完ぺきとなったのでオーケーを出しました。終了です。 あとはリテイナーのチェック。 

 この二人とも、今回の完成度は95点になっていましたのでオーケーを出しました。
 二人共、矯正医が終了と言った時点での出来は85点ぐらい、つまりB だったのですが、Aにまで引き上げらるまで執拗に要求したので完成しました。 

 ではなぜ、矯正医はB点で終了としようとしたのでしょう?と言う疑問があがります。 難しい問題で議論出来ます。 
考えられる事は以下です。

1)85点でも合格点と言えない事はない。 歯科学界で審議されても「不十分」「未完成」とは判断されないのです。

2)95点(ほぼパーフェクト)まで持って行くには治療期間(約2年)より6ヶ月から1年(上記)という大変長い時間と手間がかかかっている事に気づいて下さい。すなわち矯正医がそこまでする事は営業的ではないのです。
 
3)親御さんに見せて「どうですか、きれいになったでしょう?。これで良いでしょう?」と問います。親が「そうですね」と答えた時点で、この国では「治療が終わり」となります。 理屈は患者さんが「満足」「了解」したと見なされるからです。 この国では患者さんからオーケーをもらえればそれで歯科医はそれ以上の治療の責任はなくなりますから(注ー1)。
 
4)日本人は何でも「言われた通りに納得する」という事は歯科医達の間ではずっと内輪でささやかれて来た事です。 日本人は「とても良い患者だ」「日本人は本当に良い人達だ」なんて言う歯科医はずっと昔から多くの歯科医から聞かされて来た事です。 そこには裏というか、反面が有る事を知りましょう。 

5)この国では貴方が「ハイ」といえば、相手は「これでよいのだ」「満足して貰った」と考えてしまいます。 患者が満足なら良いとです。それがこの国の常識的な理屈でもあるのです。すべて貴方が納得するかどうかで決めてよいとされています(注ー2)。

 患者さんが「ハイ」とか「オーケー」などと言った時点で、矯正医は「本人が満足している」「本人が良いと言った」と言う理屈が成り立ちます。 ですから「じゃー、それで良いのですから終了です」となります。 貴方の「ハイ」と「ノー」が相手を左右してしまうのです。

 ニューヨークという土地柄では、誰もが最小限で最大限の利益を得ようと言う「世界で一番厳しい競争が行われている」所です。 誰もが他人任せでなく自分で確認しなければ、すぐに他人はたとえ歯科医で有ろうともすり抜けるように貴方を後に押しのけて行く土地です。

 アメリカです。 それもニューヨークです。 すぐには「ハイ」と言う前に確認(注ー3)が一番必要な事であり、その方法を考えてください。



 PS. 近日中にアメリカ人と日本人の思考過程の違いからくる行き違いについて記載します。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1: 患者さん自身が判断して、そう答えるとそうなります。 上記のケースを考えれば患者さん自身(親御さん)では判断が出来ない事が理解できますね。 つまり一般歯科医からの紹介でしたら専門医は紹介してくれた一般歯科医の了解を求めますので

注ー2: 相手も誠意が有る筈。一生懸命に尽くして下さった。 などとか思うのが日本人。 そう信じる事が礼儀とかおもうのが日本人ありますが、その礼儀は伝わりません。 そうです、大概は間違いですね、この国では。 その気持ちを持つ事も大事ですが、「ハイ」と言う前に自己確認が必要なのです。

注ー3: 上記のケースは患者さんの親御さんが当院で治療をうけていました。 念のためにご家族の事を伺ってお子さん達が矯正を受けていた事が発覚したのです。一度拝見させてくださいと申し出て発覚した事でした。

 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:42 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:42 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode