Entry: main  << >>
日本で検診してもらう。良さと遅れ。
JUGEMテーマ:健康

 在米していても歯科治療を安くあげたい、日本で行きつけていた歯科医なので信頼出来る、などの理由で一時帰国の際に日本で検診を受けている人達が多くいます。 日本の健康保険を利用する事は便利ですし大変良い事と思われます。 特に虫歯の少ない人達にはそれで充分であるでしょう。又治療も安く上がるでしょう。

 でも、今日は日本と米国では検診に大きな違いが在る事を知って置きましょう。違いは虫歯やその他の問題発見が遅れてしまう事です。では、まず:

1.日本の保険検診ではレントゲン検査をしない。歯には見えない部分の方が多くあるのであるタイプのレントゲンでないと早期発見はできません。。
2.レントゲンを撮られても保険で認められているのは正確な物ではない。
3.保険で認められるレントゲン撮影は中期から後期の虫食いしか発見できません(注ー1)。よって発見はされなく遅れます。 
4.注―1の早期発見用のバイト・ウイングはこの国では義務的に撮ります。早期発見が第一とされています。
5.この国では虫食い以外の事も検診に含まれます。義務として矯正の必要性や適切な時期の指摘。その他口腔内の異常の有無などです。

というような事があげられます。この国の保険をお持ちなら、なおさらのことこの国での細かい検診を受けてください。 早期発見と予防に重きを置いているのは歯科学会のみでなく、保険会社もそうなので支払いは100%の場合がほとんどですね。ほぼ無料と同じですから利用しない事は損失でもあります。一度日本で検診をうけたとしても、この国でも受けてみる事が大事でしょう。違いに驚かれるでしょう。 ただ、次に事には注意してください。 

 それは日本ではなかった虫歯がこの国の検診で見つかった場合です(これが多いでしょう)。
 大きな虫歯があり早急に治療が必要と脅かされても、すぐさま治療は受けないで熟慮してください。 自体をあらゆる角度から皆をすのです。  虫歯の存在が確かだとしても歯科医の言うほど急ぐ必要がないのがほとんどです。。

 何度も、何度も記載してきました。虫歯があると言われた場合、どのクリニックでどの国の歯科医かを熟慮して本当に確かなのかと一度考えてみる事です。 歯科医と検診に関しての問題や被害は過去の私のプロぐを参照。カテゴリーは「検診のトラブル」「検診の意味」「医者の質」です。 ではご注意を。

         ____________________________________

注ー1:残念ですが、日本の健康保険で認められているレントゲンでは早期発見は出来ません。進んだこの国の歯科界ではもっと早く虫食いを関知できるレントゲンを撮ります。バイト・ウイング(噛翼?Bite-Wing) というタイプのレントゲンです 
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:16 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:16 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode