Entry: main  << >>
学歴に注意。 落とし穴。
JUGEMテーマ:健康
 宣伝のドクター達を見ていると、もっともらしい学歴や称号が記載してありますが、必ずしも正確ではないです。これらのドクターの知識、倫理レベルのは疑問を感じる事が大事ではないでしょうか?

1。『コロンビア大学』は『コロンビア大学卒業』とは違います。コロンビア大学は免許をとるために補習をしていただけでしょう。
2。卒業した自国(例えば韓国)での大学の履歴の記載はせずにこの国の大学のみを載せています。 なぜ隠す?(注−1)
3。教授。准教授でも助教授でも教授である事は違いないので「教授」とだけ記載です。 この国ではアシスタント・プロフェッサー、又はアソシエート・プロフェッサーであってもプロフェッサーである事は違いないのでそう出版社に告げているのでしょう。
4。ドクターだからといって博士と名乗る不埒者。 ドクターとは先生という意味でしかない事も理解出来てなく、そのまま博士を名乗っている。。
5。スポーツ医学のドクターがいかにも医師(MD:メデイカルドクター)であるかのような記載。医者には必ずMDとなければならない(注−2)。

 以上の事実を理解すると、多くの宣伝がうさんくさい物である事がわかります。では、胡散臭いのは宣伝だけでしょうか?というのが私の問いかけです。

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

注−1:自国の学歴を記載しない事は、自国の履歴にはなにか誇れない理由でもあるのではと疑いたくなります。 アメリカの履歴だけを記載して自分がいかにも生粋のアメリカ歯科医との様に思わせる仕業でもある事にも気づきましょう。 
注−2:ドクターを博士と訳すなら全ての歯科医や獣医も博士に成ってしまいます。違いますね。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 04:31 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 04:31 | - | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode