Entry: main  << >>
義歯(技工物)と歯の寿命。 
JUGEMテーマ:健康
 歯科治療は治療じゃ無い事は何度も書きました。歯科治療は修復ですから薬の代わりに材料を用います。 よって材料の種類と歯の寿命が今回の論点です。 
 歯科治療の多くは(1)手元の材料を詰める(注ー1)(2)削って残った歯に技工物をセメントで接合する(注ー2)が大方です。 では治療材料(修復材料)についてです(注ー3)。

上記の:
(1は小さな詰め物で周りは歯(の本体)が囲んでます。 歯が詰め物を支えている様な物です。 壁の穴を何かで埋めた時には壁が詰め物を力学的に支えるのと同じです。 大きすぎなければ長持ちもします。

(2)は歯の3分の1以上を補う比較的の大きな技工物を使います。削られた歯の全体との組み合う仕組みになってます。 技工士が作りますがその型を作って決めるのは歯科医です。 組み合わせ方の工夫が寿命を大きく左右します。 力学的に歯と一体化が出来れば出来る程に長持ちします。 技術が歯の寿命を左右。

 では(2)材料の種類です。 選択は後日大きな影響を与えるので考慮が必要です。
 1)コンポジット(硬質プラスチック)、2)金属3)瀬戸物(ポーセラン)、そして最近開発された4)Zirconia ザルコニアの4種類。
 ここで大事な事は歯科医は患者さんに説明が義務ずけられている事です。相談の上患者さんと合意が必要なのです。 歯科医が勝手に選ぶ事は倫理に反します(注ー5)。では、
1).コンポジット(プラスチック:手元の物を使う場合が殆どですが技工所で熱処理を施して貰うと大分長持ちします。 でも所詮プラスチックでしかありません。磨耗が激しい事と変色が短所です。日本の健康保険でよく使われます(注ー4)

2).金属:どんな型にでも作れます。零点何ミリどころか刃物のように薄くまで出来ます。 よって歯の欠落した部分のみでなく健康な部分(歯)にまで延ばして歯を包み込む様な形で合体させる事が出来ます。 ですから歯を保護する役目が果たせると同時に長持ち。 でも繊細な技術が必ず必要。

3).瀬戸物:瀬戸物の長所はその色が歯と同じに仕上げられる事です。 綺麗ですが薄く出来無いという短所があります。よって一部分を覆うだけの場合にはブロックのように角ばった形にしか出来なく持ちが長くありません。 組み合わせで強いと勘違いしがちですが、継ぎ合う部分を薄く出来ないので歯を保護するには限界が有り、寿命にもです。 クラウン(冠)という被せ物のときのみに強度を発しますのでそれに頻繋に使われます。

4).ザルコニア:色が白くて金属より強い所が長所。 かなり薄くも出来ます。最新で多くの歯科医が飛び付いています。 短所は一つの色しか使え無い事。 つまり全体がのっぺりと同じ(白)一色ですから奥歯に適していても前歯には適しません。
 ただ前歯の場合には工夫としてザルコニアで内部を作ってからその表面に従来の瀬戸物を上乗せすれば天然の歯の色合いが出来ます。 二重になるのでより多くの厚みが必要。 より多く歯を削る事が必要となり短所です。 瀬戸物のみで作るほうが削る分量が少ないです。
 
さて、ここで一番大事な事を指摘します。 それは義歯寿命についての見解です。
 作り物である技工物(治療?)が緩んだり外れたりすると寿命だと考えます。 でも本当の寿命とは義歯自体じゃなく技工物の機能の限界、停止です。 技工物自体は人工の物ですからほぼ永遠に変化し無い事に気づきましょう。材料自身の寿命は永久に近い程長いのです。
外れる場合には修復技術(治療)の限界に達した事であり、歯科医の力量の限界に至った事であって義歯自体の問題じゃ無いのです。 
 では、歯(自分の歯)の寿命もそれなりの理由があります。 義歯が外れるには其れが事前に緩んで唾液や食物が隙間に侵入。歯を腐食させてしまいます。 ですからこれもやはり理由は歯科医の技術の限界によって起こった事なのです(注ー6)。

 ご理解できましたか? 歯の寿命なんて永久です。 寿命は歯科医の施した技術の質量に寄って決まるのです。 作ってもらった歯の一つ一つ記録しておいて歯科医の技量を測ってみる事は大事な生き方でもある事に気づいてください。 作ってもらった歯の寿命が短いという事は貴方の歯の寿命も短くなるという事と肝に銘じで下さい。歯は治ったのでなく、直しただけなのですから。

          =================================
注ー1:アマルガム(Amalgam、銀色)、コンポジット(Composite,白い硬質プラスチック)
注ー2:クラウン(冠、Crown)とアンレー(Onlay)という被せ物。
注ー3:これら以外の治療の歯槽膿漏や口腔外科では薬を使う事もあります。後日書きます。
注ー4:最近ではプラスチックに瀬戸物の粉を混ぜたものを比較的安く(瀬戸物と比べて)提供しているようです。でもこれは多少長持ちしますが根本的にはプラスチックなので他の3っつ(金属、瀬戸物、ザルコニア)程はもちません。
注ー5:この国では歯科医が勝手に決める事は出来ません。倫理に反します。必ず患者に説明をして承諾を得なければ違反となるのですから、気をつけると同時にその提示が無かった場合には文句を言える事も認識して下さい。
注ー6:例外もありますが、それについては次回にでも。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 15:54 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 15:54 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode