Entry: main  << >>
小児歯科専門医の誤診
JUGEMテーマ:健康

 
 また例の小児歯科医の間違いです
 今回は誤診?  患者さんは一番奥の乳歯に「大きな虫歯があるのでかぶせ物が必要」と言われたのですが、当院で注意深く拝見すると虫食いは有りませんでした。
 さて、なせこの歯科医が誤診をしたのでしょう。考えられる理由のひとつは次。
それは、上顎の一番奥の乳歯の形がすこしイビツな場合があり、レントゲンを撮ると前側の一部に虫食いと同じような影が出来て虫食いと間違える事があるのです(注ー1)。 私も何度も見間違えそうになるのですが、よーく注意を図ると影の形が虫歯の形とは違う事が判ります。 また、反対側の同じ歯を見ると同じ形でレントゲンには同じ影が写っている事にも気づけば、それが虫食いでなくただのレントゲン上の影に過ぎない事が判明するのです。 
 この小児歯科医はそれを誤診しているのです。 専門医としては全くお粗末です。一般歯科医が分かる事にも気づかないなんて相当レベルが低いです。
 そこでもう一つ考えられる理屈はこの歯科医が意図的な確信犯である場合です。 このクリニックに属するもう一人の女医については今まで何度も確信犯である事を記載してきました。この小児歯科医も同じ穴のムジナの可能性は多分です。

 さて、歯科医が嘘をつくなんて信じられないと思われるでしょうが、このニューヨークではそんな事がまかり通っています。信じられない様な事でもまかり通っているのがニューヨークです。 恐ろしい程の事がまかり通っている都市である事を認識して下さい。 十二分な注意と確認をしないと引っかかってしまうのです。常識の域を超えた人達がいるのです。
 日本人の多くがあまりにも盲目的に医者を信じてしまう傾向があり、相変わらずそれに引っかかっているようです。 
 ニューヨークは世界一の大都会で、其の特徴として最良の物と最悪の物が共存しています。 大都会であればあるほど良い物が有りますが、同時に最悪も存在する事を認識しましょう。 お願いですから引っかからないで下さい。

追:上記の歯科医達には自国の患者も居ません事に気づいてください(日本人でない東洋人)。 それだけでも疑問を感じるべきでしょう。 アメリカの教育を幾ばくか受けていて専門医とも謡っていても、アメリカ人には勿論通じていませんし、それに自国人からも信頼されていないのが事実です。 そこで一番騙しやすい日本人に目をつけたというのが真実です。

 
 
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 02:14 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 02:14 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode