Entry: main  << >>
日本人が一番歯並びが悪い理由。 (改定)
JUGEMテーマ:健康    
 どう見ても、日本人が東洋人の間では一番歯並びが悪いと思いもせんか? 私はそう思います。
韓国人、中国人、東南アジア人などをニュースやスポーツの中継でみていても同じ東洋人なのに日本人の歯並びの悪さが一番目立つ事に気づきます。
では、なぜ日本人だけがそんなに歯並び悪いのでしょう、という疑問があって良く、その原因があっても良い筈です。
 残念ながら現在時点では、推量、憶測の段階でしかありませんが、多分私の推測は当たっていると思います。 
 では、現実や事実を申しましょう。考えられる理由です。

1) 日本の保険制度が歯並びのズレ初めの時点での予防を認めてない。事前、事の始まりの時点での予防治療を認めていない。 もしかして大学でも保険制度に沿った治療を重点に置いて、本当に良い治療(予防)を大事な事として教えていないのかもしれません。でしたら健康保険が原因の根源です(注ー1)。
2) 大学では教えていても、保険の点数が少ないので、良心的に考えるか、営業率を考えて保険を第一に置く歯科医がその予防作業(治療?)をする事を考えない。 患者より、営業が第一という事。。
 
 日本は何でも事後処置でよいと言う事と考えらているようです。 歯科のみでなく、健康保険その物が、事後手当てに重点を置いているのです。 
 現在、これだけ発展した日本なのに、ソフトの中身(つまり事後処置より事前処置のほうがずっと人民のためになる事)は4−50年遅れたままな事です。 この国にきて周りをよく注意して観察してみれば分かる事で、患者さんにも何人かはその事に気づかれる湯です。
 日本人だけが、中国人や韓国人より歯ならびが悪いのにはそれなりの理由があり、それは社会機構(保険と歯医者)の中に見出せるはずです。。

 事後処置の典型は笹子トンネルですね。8月に検査をしてOKとされながら、12月に天井が落ちたのです。 
じゃーたった4ヶ月で腐ったと思いますか? 違います。 
その何年も前から錆びて腐敗していたのが、とうとう限界に来た為に落ちたのです。ちゃんと検査をしていたら、8月またはそれ以前に危険な事態である事が分かっていた筈です。
 歯科も同じなのです。 歯並びが悪くなってから矯正をしようというのです。 でも、歯科医はきちんとした知識があれば事前にどういう事態が起こればその1−2年後に歯並びが悪くなるかわかるのです。 
 でもその場合の対処(予防)が保険では認めていないのでしょうか? で、そのままに事後になってから患者に伝えても良いのでしょう。(でもこの国では違います。歯科医ば事前に患者に知らせなければいけませんし、その義務があるのです。そうしなければ信用をなくしてしまうでしょう)。

 歯科医は点数が少ないので無視している、または歯科大学でもその事を教えていない(保険制度にあわせての治療法しか教えない)のかもしれません(注ー2)。
 
 歯は貴方も誰でも同じです。医療じゃありません。歯並びも誰も同じです。ただの歯の問題でしかありません。 
予想というか、まだひどくならない内に事前に当たり前の事として予知出来ます。何百年前から同じ事が起こっているのですから、その資料から予測が出来るのです。 ですから決まった(分かっている)時点で悪化しない何らかの予防処置をする事で、これほどまでひどくなう事を予防出来ます。
 誰にでも同じ事しか起こらないのですから、事前に予防が出来る事がおおいのです。 もちろん歯科医に知識があっての事ですが、、、また、保険がその予防に対しての治療にそれなりの点数を認めているならですか、、、。
多分、健康保険ではそれを認めていないのでしょう。 よって、歯並びが極度に悪くなっても我慢するか、一方予算のある人はお金を掛けて矯正をする事に決めるのでしょう。
 
 本当の事を知りましょう。歯並びの悪くなる事を事前に歯科医は知識が有れば感知出来ます。 
それは8歳から10歳ぐらいの間です。 その時に何らかの予防処置をすれば、歯並びはそれ程悪くはならないし、完全な物を求めるのなら、10歳までに矯正歯科医に相談して、予防的なこと、またはそれほどたいした事のない矯正をするなどの適切な判断が大事です。 
 虫歯だけを治療している歯科医で矯正の事に関して何にも言わない歯科医は虫歯の治療が上手であっても、又本当に良心的な歯科医であっても、歯並びの事には感知出来ない歯科医も多い事を知ってください。
 
 自分(親御さん)で考えて、子供が10歳前後のときには矯正歯科医に、出来れば、8歳ぐらいから相談をして、歯並びの予防、又は矯正の必要性などを見てもらいましょう。 日本では自分から積極的に考える事が大事です。


                -----------------------------------------------------------------------------------------
注ー1:日本の歯科医に詳しい内容、詳細を聞かないとは正確な事はわかりませんが、あまりにも明らかとしか思えないのです。 一応近い内にに日本の保険制度に関しもっと細かく詳細を把握する予定です。  今までも何人かの歯科医に聞いたのですが、お茶を濁すような答えしかもらえないのは、実際に本当の本当の事を言いたくないからだと思います。現在の日本は余りにもうそ、虚偽、詭弁が多すぎます。はっきりした事を近い将来に見分けて、日本人に本当で、本当の事を伝える事が大事ですね。
注ー2:この次に日本に言った時にはその自体、保険の仕組みを調べて見ます。 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:39 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 17:39 | - | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode