Entry: main  << >>
以前に「治療後に痛みが出てはいけない」とかきました。 が、例外も有ります。
JUGEMテーマ:健康

以前のブログに治療後に痛みが伴ってはいけない。痛みがあればそれは全部歯科医の責任と書きました。でも、ある患者さんの指摘から私のブログに不十分さに気づきました。それは例外、不可抗力と言う問題も多少ではありますが存在する事を書き忘れていた事です。 よって細かい微妙な部分の説明を書かせていただきます。以下、皆様にとって何らかのお役にたてれば幸いです。
 まず上記の記載(すべて歯科医の責任)は確かでもあります。しかし、これは理想でもあるという事実を付け加えなかったのは私の説明不十分でした。 言い訳とも取られてしまわない事を念じながら、出来るだけの詳細を書かせていただきます。 以下。
 
それは、何度も書いてきましたが歯科医の治療の第一段階は、虫食いの部分を物理的に(全く原始的な除去作業)取り除く事です。そして、腐った部分(バイキンが存在します)が神経(りんごにたとえると芯、骨だと髄の部分)の部分にまで達していないかを確認します。2つの場合があり、その2番目が問題でもあり、詳細の説明が必要なのです。
1)神経に達していないと判断できれば、除去した内側の表面に何らかの処理をして詰め物を装着(又は挿入)して治療(修理、修復)は完了します。 
2)虫食いが深くまで進行していて、神経に近い場合です。その場合、A)紙一重で神経が透き通って見えている場合、B)ごくわずかですが、神経の部分(芯、髄)に達していて、視覚で見えるほどの穴が開いている場合です。
 A)の場合は其処にカルシウムを塗って、其の上から絶縁(温度)目的のセメントを基礎(ベース)として付け加え、其の上に約2−3ミリの詰め物をするのが適切です。
 B)の場合は穴が開いているので、それを閉じる方法を持ちいれます。材料はいくつか有るのですが、それは歯科医の選択によりますが、一般に使われている物はいくつかに限られています(注ー1)。

さて。そこで前回説明不足だったのは、この上記の2)の場合ですね。 この場合、どんな治療を施してもいたみが出てしまい、神経が死んでしまう事があるのです。 理由はさらに専門的になりますので、今回は立ち入りませんが、そういう場合には先生はそういう事があるという事、つまり神経保存の処置をしましたが、これは50−50でどちらに転ぶかわかりませんと患者に伝えておく事が義務でも有るといえるのです。 ですから、歯科医がこれで大丈夫ですというような態度をとって、痛みが出る可能性を患者に伝えなかった場合には歯科医の怠慢と考えられる事も可能なのです。 注意深い歯科医はそれを怠らないでしょう(注ー2)。 残念ながら、私にも過去に其の事を伝えなかったために患者さんに余計な痛みを経験させてしまった事がありました。本当に残念です、なぜなら治療後に痛みがあった場合、すぐに再来院されていれば神経を保存出来たかもしれないからです。 
 日本人の患者さんには、治療後に多少の痛みがあっても仕方が無いと思う方がおおく、様子を見るという週間があるようです。相すると手遅れになる場合がおおいのです。 
 この国では、治療後に痛みがあると大概の場合はいけないのです。その可能性がある場合は歯科医は患者に其の事をつげて、早急に連絡をする事を告げる事が義務図けられているといっていいでしょう。 アメリカ人はすぐに電話連絡があります。 
 このブログは日本語です。日本人のために書いています。上記のような事があった場合には鈴様歯科医にもどってください。
電話で、もう少し様子を見て下さいなどと言われても、今すぐ痛みを取り除いてほしいと伝えてください。それが、先生でなくいうけつけなどならまして、文句をいいましょう。良心的な歯科医はすぐに診てくくださるでしょう。 受付が明日とか、明後日とかでないと時間が取れません、などといった場合は、先生とお話をしたい、今日中に診てほしいと主張する事もだいじです。2−3日が治療の違いをもたらす事もあるのです。 当院では必ず、その日に拝見させてもらう事にしています。 ただ、連絡はすぐにしてくださった場合です.

                 ----------------------------------------------------------------------------------------
注ー1:使われているのは、Meta-Bond*(日本製)、MTA というアメリカ製の物、最近はBrasslar社の物で名前は次回にかきます。またレジン系(名前を忘れましたが、これも次回に書きます)などが使われます。
注ー2:歯科医にも不徳な人間はいます。 虫食い部分を除去して神経が近いと、これは神経治療が必要ですからといって神経治療をする営業中心にする輩もいます。 そんな歯科医は貴方が痛いと言っていた事を理由に、神経ですといって取らなくても良いかもしれない神経を取ろうとする歯科医もおおくいますので、ご注意してください。この事については以前にも書きましたが、少ししみるぐらいでは、神経は取らなくても良い場合がおおいです。まして、いままで何度も書いてきた女医のようにレントゲンを診ただけで、神経治療が必要ですなんている歯科医は治療を断ってほかに相談に行ってください。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 02:07 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 02:07 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode