Entry: main  << >>
白いプラスチックの詰め物の失敗作。
JUGEMテーマ:健康
先日友人の奥さんが近くのHMOの歯科医(ネット・ワークで安価)で、銀の詰め物を5つほど白い物に詰め替えてもらったら、4本も噛むごとに痛みを感じるようになったケースがありました。 「銀色の詰め物を白く出来るのならしたい」と思う患者に漬け込んだ必要の無い治療です。 又白い詰め物に変えることによって害が出たり、変な痛みが出る可能性がある事は歯科医はいいません。これはその歯科医の初歩的な失敗です。 説明しますs。

 まず、白いプラスチック(米国でコンポジット、日本でレジンと呼ぶ)の詰め物は所詮プラスチックでしか無く、見えない程の程度でも湾曲はしますし、磨耗もすぐに起ります。この詰め物はなぜ額に影響が出てくる(害)のかを説明しましょう。

 虫歯の穴のを適切な形に削って、そこに詰め物をする(治療と言いますが、ただの修復です)のですが、その際にポンディングという技法を使います。
エナメル質や象牙質にエッチングという処置を施し(酸を使って目に見えないほどのでこぼこを歯の内表面に作る)、その後に液状プラスチックを表面に湿らせる様に薄くぬります。
そしてそこにプラスチックの硬質化したものであるコンポジット(粘土のような粘り気と湿り気のある物で、日本ではレジンといいます)を押し込み、青い光を当てて固まらせます。こうする事によって、歯(象牙質とエナメル質)に塗られた液状プラスチックに粘土状のコンポジットがくっつくのですね。
 さて、ここで起こりえる問題がいくつかあります。
1.削った歯の内側の大部分が象牙質である場合、その表面の処置が大事となります。そこの処置を間違うと、変な痛みがでます。
2.青い光を当てて詰め物を固まらせるのですが、その光が底まで達していない時には、固まっていない部分が出来てしまい、痛みが出ます。
3.詰め物を入れる度合いが大事です。 余り一度に多く入れるとやはかたまらなかったりしますし、収縮が起こります。 少し入れて固まらせ、又その上に少しずつ入れて固まらせるのですが、そんなときに隙間が出来たりする事もあるのです。 
4.とにかく、白い詰め物(クラウンじゃなく)は問題が起こる事がたぶんでもありますので気をつけてください。痛みや感触が悪いときには必ず、歯科医に文句を言いましょう。治療してもらい、痛みがあるのは全部歯科医の責任なのですから。







| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:57 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:57 | - | - |
Comment
こんにちは。
日本在住の中国人です。
最近歯の詰め物を何にするかとても悩んでいて、
ネットでいろいろ調べたところ、
たどり着いたのは先生のブログです。
先生のブログを拝見して、大変勉強になりました。
いきなりで恐縮ですが、
歯の問題でご相談したく、コメントさせて頂きます。

昔は歯の丈夫さに過剰な自信を持っていて、
高校生になっても飴をなめながら眠りについた経験があるほどです。
そのせいで、17歳の時に一気に大量の虫歯が発見され、10本の歯を治療してもらいました。
(今25歳です)
それから歯医者さんに行くたびに、詰め物が欠けたとか、新しい虫歯にできたとか言われ、1〜2年に2、3箇所というペースで歯の詰め物を入れ替えてもらいました。特に奥歯です。
中国の歯医者はほとんど白い詰め物(レジン)しか入れてくれませんので、それが当たり前だと思っていました。

半年前に日本の会社でつとめることになって、
初めて日本の歯医者さんに診療に行きました。
驚いたことに、合計16本の虫歯があると言われました。上11本、下5本だそうです。
先生からこう言われました。
・上下の奥歯全部虫歯になってます。それから、上の歯と歯の間に虫歯が多いです。
・プラスチックは減りやすいので、レジンはおすすめしません。
・保険が効く治療だと、前歯だけ白い詰め物、ほかのところは全部銀歯になります。
・もし銀歯がいやなら、自費で白いものにするのもいいが、1本3万円です。
・白いものは銀歯よりも強度高いが、ごく稀にぱかっと割れることがあります。

説明を聞いても材料の違いがあまりわからなかったので、ネットで検索してみたところ、その先生が言っている「白いもの」は恐らくセラミックということがわかりました。
小澤先生のブログを拝見して、セラミックは奥歯治療に向いていないということがわかりましたので、今とても悩んでいます。次のように考えています。よろしければ、ご意見を頂きたいです。よろしくお願いいたします。

・奥歯はとても大事なので、セラミックなどをやめて、銀歯にしたいです。
・虫歯が多くて将来を考えると、歯を大きく削るような治療法は避けたいです。材料の耐久性も考慮に入れたいです。
・でも笑うとき、歯と歯の間の色はやはり気になるので、できるだけ白くしたいです。
・先生がブログで言っていた「半分金属、半分白いもの」のような治療法は、日本でもできますか。
・また、今の先生の腕を信じていますが(注射をされる時の痛みがほとんどなかったので)、奥歯もセラミックがいいと勧められて、正直にわかに不信感が生えました。ほかの歯医者さんに行って、もう一度見てもらうべきでしょうか。

大変長くなり、申し訳ありあせん。
お時間のある時でいいので、ご意見を頂けると大変助かります。よろしくお願いいたします。
Posted by: panda |at: 2014/04/07 3:37 PM








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode