Entry: main  << >>
レントゲンの重要さ。 バイト・ウィング・エックス・レイ。
前回に続いてレントゲンについてちょっと、、、

歯科において治療前の診断に一番大事なレントゲンはバイト・ウィングと呼ばれるレントゲンです。 通常4枚で全部の歯が写ります。

普通、Bite-Wing X-rayをとってから、PA X-rayを必要な時だけ撮るのが妥当です。その理由を述べます。

前回述べましたが、Bite-Wing は真横から水平に撮るもので上下の歯の頭の部分だけが同じフィルムに写り、上下8本の歯の頭の部分が写ります。虫歯の部分や詰め物の欠陥の発見に利用する物で、一番良い証拠記録となります

PA は歯の全体を写していて縦撮りなので2−3本しか写りません。一見良いフィルムの様に見えるのですが 虫歯ははっきりは写りませんので、根の診断にしか利用価値がありません。 よって神経治療が主な目的です。

さて、写されている時でも、気をつけて観れはどっちを撮ってるかわかります、、、、、
バイト・ウィングは水平に撮るので、レントゲン・カメラの筒が真横からあてられます。
斜め上からか、斜め下からだと、PAをとっています。

そして、ついでに述べますと顔全体をぐるっと回って撮るのは、パノレックスで虫歯には無関係。 5年に一度とるべきとされている物で、骨の中の腫瘍などの有無をしらべます。 別のカメラで別室で撮ります。

とにかく、米国ではバイト・ウィング・エックス・レイと覚えてください。

追: 残念ながら日本では虫歯の早期発見には絶対に必要なバイト・ウィングを撮っていません。 日本が遅れていて、日本人の歯が悪いのもこんな所にも理由があります。 これについては又別の機会に。

追: よかったら OZAWANY Blog も読んでください。   
  
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:18 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:18 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode