Entry: main  << >>
バイト・ウイングという技法のレントゲン写真の大事さは基本です。 日本の保険は認めません
JUGEMテーマ:健康
バイト・ウイングといわれる技法を使ってのレントゲン撮影は基本です。なぜなら、、 
1.虫食いが早期に発見できる。
2.治療(詰め物などの出来具合)の良し悪しがはっきりする。
3.詰め物の内側(下)の様子が分る。

というような理由で、この国での検診にはかかせないし、欠いてはいけないとされた全く基本的に必要とされる物です。
 ところが日本の健康保険では認められていない事には驚くとともに、なんという不条理な規制でるのみか、誰もそれを変えようともしません。 日本という国には驚く事ばかりです。

歯科治療(修理)には早期発見、早期治療が絶対必要可決です。 歯の長持ちにつながるます。ですから日本では歯科医にこのレントゲン(バイト・ウィング)を撮ってもらってください。 たった4枚でよいのです。 4枚で全ての奥歯の状態がはっきりわかるのです(注ー1) 
自費を払いますから」とつたえて、撮ってもらう事を要求してください。 拒絶するような歯科医がいれば其の歯科医は良心に欠けているでしょう。

追: バイト・ウィングのレントゲンは顔写真みたいな物です。日本でとっているのはペリアイピカルという全身写真のようなものです。 顔の部分つまり歯の表に出ている部分にしか無視は食いませんから、顔写真が一番大事なのです。
日本の保険では顔と全身(根のぶぶんの先まで)を一枚でとってよかれとしているのですが、これでは顔の部分(虫の食う部分)が斜めの角度でうつされるのではっきり細かい事が移らないのですね。 虫歯には虫歯用のレントゲン(バイト・ウィング) 神経治療には根のぶぶんんをうつす全身写真(ペリエイピカル)をとるのがあたりまえなのです。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.前歯はバイトの必要はありません。 レントゲンなしでも歯が薄いので透き通ってみえるのです。


 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:01 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 17:01 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode