Entry: main  << >>
予防の手段。 浸透してない観念。。
JUGEMテーマ:健康
  
前回は検診の薦めと、その予防治療に関して書きます。予防とは色んな形やレベルで出来るので次を考えてください。

1.検診: 早期発見は歯の保存される量が大きく、歯がながもち。

2.新しい虫歯は小さな物であるべき: 6ヶ月では大きくはなってないので、早期発見しますから小さい。 大きな物があったら歯科医が前回見逃していたと考え他と相談する事

3.定期的な検診: 虫歯は時間を置いて出来ますので、6ヶ月が適当です(国や学界が決めた事)

4.良い物でも15−20年経つと、細かく調べてもらい、悪くなる前にやり直しする事: 同じ事をする事によって新しくなり、寿命がもう一回分延びる。

5.向かい合った歯は同じ材料を使う: 違うものだと時間がたつと磨耗して影響がでる。

6..どのくらい持つ物かを入れる時にチェックして置く: 時期がくる頃には新しくする同じ物でまかなえる(安い物の場合)。

7.古いレントゲンとの比較: 歯槽膿漏や虫歯の進行具合を発見できる。良い歯科医なら毎回してくれるでしょう。

8.後は歯ブラシ神話(3−19−11)を棄てて清潔を高める。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:01 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:01 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode