Entry: main  << >>
かみ合わせの狂いを誤診する専門(?)医。
JUGEMテーマ:健康

かみ合わせが大事な事であるのに多くの歯科医が見逃したり理解していない事を先日書きました(2−12−11

典型的なケースに出会ったので記載します。

一番奥の歯の周りが腫れて痛くなった患者さんが診て貰ったのはある専門を謡う歯科医でした。
この女医の判断は神経の再治療か抜歯でした(2−1−11)。
 
相談にいらした時には、腫れはおさまり痛みは噛む時以外はなく、ただ違和感がありました。
私がこの女医の判断にオカシイと思ったのは神経治療のぶり返し(再治療が必要)であるなら、腫れが引いても、其の跡が残っている筈が見当たら無いことでした。

何度も注意して検査してみますと、歯が異常に高くなっている事と、隣の歯との間が増えていることに気付き、再度の高さ(4箇所)の調節をしましたら症状が殆どなくなりました。 
同時にグラグラさ(mobility)も殆どなくなり、違和感もほぼ無くなったのです。
隣のはとも密接するようになり、食べ物はつまらなくなりました。

その後検査の際、全体のかみ合わせ大きく狂っている事に気付きました。 
反対側の奥の2本の詰物が低いのです。高さを取り戻す処置をし、それによって右側はきちんとした位置に戻りました(注ー1)。 
あちこちの歯がいびつに成っているので角をとるように丸くしました。 それによって顎がスムーズに自由に動けるようになります。

結論です。
この人の顎は左回り後方上方(注−2)にねじれていたのです。 そして全てのしわ寄せが一番奥の歯に集ってしまったのです(6−8−08)。 其の歯は一番多くの力がかかるようになり、グラグラと動くようになり、少し後ろに動いてしまい、食べ物がはさまるようになり、歯茎がはれてしまったのです。
過去に大きな痛みと腫れが起こった時(神経治療)を思い出した患者さんは、てっきり同じ事の再発と思いました。 でもそうでなかったのです。

考える事: 
1.同じと思える痛みでも原因が違う事があります。
2.専門歯科医でも誤診あり。
3.神経再治療でも抜歯でインプラントでも3−4千どる。
4.かみ合わせを丁寧、真剣、繰り返しチェックしてもらう事の大事さ。。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.右側の位置が変わる事は左側も変わる事です。 顎(下鍔)はひとつしかありませんん。時々右側と左側は別物と考える人も多いのですが、実は同じ一つの顎で右側と左側があるだけです。
注ー2.左より、後ろより、上方より、という三方です。身体は立体という3方に狂います。



| Shunzo Ozawa D.D.S. | 18:20 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 18:20 | - | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode