Entry: main  << >>
インプラントっていいの?  
インプラントがはやっています。
米国では成功率もここ数年ずっと上がってきたようで、日常茶飯事のようになりました。
でも、まだまだ上手、下手は見られるようですのでご用心。

問題はインプラントではなく先生の腕なのであり、またそのインプラントの上に歯を作る歯科医の腕にかかっていますので上手な先生を選ぶ事が大事です。

さて、そこで考える事は、、、、、

1.必ず成功するのか、成功しなかったら、治療費の返済は?
2.一回目やってだめだったら、やり直せばうまくいくのか、
3.そして2回目は無料なのか、
4.又、何年持つのでしょう?
5.だめになるとしたら、どうしてだめになるのでしょう?

とこんな質問を歯科医にぶつけてみて、反応をみましょう。 貴方が歯科医技量、その他を測ってみる事が大事じゃないでしょうか。

私は10年程前に、二回に分けて9本と3本を入れまして、健在ですが、さてあと何年持つのかというと、分かりません。 そして貴方のものが何年もつのかも。。。。

追 : 最初、一度に13本入れる予定でしたが9本で時間切れとなり、4本は後日2回目の手術で入れてもらいました。上手な先生なので、痛みは2回とも4−5時間だけでした。 そして、1本は最初のチェック(2−4週間後)のときにダメだと判明したので、その場で取替えてもらいました。

追 : そうです、インプラントうまくいったかどうかは大抵すぐに判る筈なのです。
ですから、おかしければすぐにやり換えられるはず。 「一年後に緩んで取れた」という人が何人も居ましたが、それは最初からだめだったのでしょう。 歯科医はわからなかったのでしょうか、又は黙っていたのでしょうか疑問です。

追 : 日本では最近インプラントの事故が多いと聞きました。 むかしの米国はそうでしたし、今でも訴訟は多いそうです。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 05:22 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 05:22 | - | - |
Comment
こんにちは。アメリカに住んでいますが、歯や歯医者さんに関しての知識が全くないので、いつもブログ拝見させてもらっています。
ところでアメリカではよくフロスを使っていると聞きますが、糸ようじとどう違うのですか?またフロスは毎日やるものなんですか?
フロスについての話題を取り上げて頂ければ嬉しいです。よろしくお願いします。
Posted by: Kyoko |at: 2007/09/29 6:39 AM
NHKニュースで「インプラント治療後3年以上 40%余にあごの骨の病気や炎症」と放送していました。それに、インプラントはメンテナンスも必要で、老後寝たきりなどの生活になったらそうするのでしょうか?そう考えると、インプラント以外の方がいいような。
Posted by: 迷 |at: 2017/07/17 5:14 AM








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode