Entry: main  << >>
クラウンは本当にする必要が有るのでしょうか?
JUGEMテーマ:健康

前回は必要でもないクラウンを薦められた歯科医の事を書きました。
とかく、多くの歯科医がクラウンを薦める事が多いです。
クラウンは長持ちしますので、それはいいのかもしれません。
でも、詰物でおわっていたのが、いきなりクラウンというのはチョット飛躍している場合があるかもしれないのです。 説明します。

まず、虫歯は普通は詰物から始り、歯の5−40%ぐらいをカバーします。
でもクラウンは100%の歯のカバーなのです。 大きく比率が増えている事に視線をむけましょう。

そう考えると、この詰物からクラウンに変わってゆくまでに、もう一段階あっても良い筈である事が分ります。 実際にはもう一つの物があるのです。
50−90%カバーするアンレーです。

しかし、あまり使われていません。 
作業に高度な技術が必要なので多くの歯科医がやりたがらないのです。
出来ないか、出来ても時間や手間がかかる上に、うまく行かない事もおおいため、いやがる歯科医が多いのです。
というわけで、手っ取り早く簡単に出来てしまう白いクラウンにしてしまおう、という結末になる事が多い訳です。

白いクラウンは歯科医にとって便利な手段です。 
でも貴方の歯が必ずクラウンが必要であるとは限らないのです。 アンレーの事を歯科医に聞いてみる事も大事かもしれません。
歯科医の返事によってその歯科医の技量や態度が分る事もあるでしょう。
とにかく、白いクラウンは全てを隠してしまうので、素人には上手下手が見えないの下手な歯科医にはとっては便利な物である事を知っておきましょう。 

持ち込まれて来たクラウンのトラブルは、その中身がとっても粗末な仕事であった事を付け加えておきます。


追: 白いクラウンを薦める歯科医が、本人の口の中にはアンレーの入っている事が多いので、口腔内を見せてもらうのも良い案ですね。



 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:40 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:40 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode