Entry: main  << >>
又必要のない神経治療をされそうになった患者とその歯科医の明らかな間違い。
JUGEMテーマ:健康

又、今週もありました。 
相変わらず必要ない神経治療をされそうになった患者さんでした。  
痛みも何の症状もない歯に神経治療(神経を取る)が必要と言われたのです
これはもう誤診という問題のレベルを超えています。

この韓国系歯科医(注ー1)は又いつものようにレントゲンのみによって神経治療が必要と判断しています。
ここで、皆さんに知っていただきたい事はそれが間違った診断方法である事です。 説明します。
  
『レントゲンのみでは十分に満足な診断が出来ない』(注ー2)と言う事はこの国の歯科学校で繰り返して叩き込まれる事です。 
基準として決められている事でもあり、まともな歯科医のする事ではないです。


米国市民にはこの知識があるのでこのようなレントゲンのみの診断は通用しないのですが、知識、習慣のない日本人にはこのいい加減な診断を受け入れ、それが通用してしまうのでしす。
レントゲンだけででの判断は怠慢、無責任、危険とみなされます。

この事は当局に連絡を取って確かめる事が出来ます。 歯科医がレントゲンを見ただけで診断をした時には電話をしてみてください。 Office of Professional Discipline, NY State Board です。 電話帳に載っています。 
各地区(カウンテイー)にそれぞれのオフィスがあります。
NYCは (212)961−4369 Ms.Rodoriguez
Westchester は(914)937−7550 Mr.Colon

注ー1.6−7−10
注ー2.検査には必ず、(1)レントゲン (2)臨床検査。 つまりレントゲンで診るのと実際に視覚で見る事が必要とされています。 再確認です。(2)は実際には神経は虫食いの下にあって見え無いので、少し削ってからの確認です。 歯科の基本です。 







 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 16:52 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 16:52 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode