Entry: main  << >>
又、神経の再治療が必要といわれました。
JUGEMテーマ:健康
以前に何度も書いてきました。日本の神経治療には問題があるものが多く、特にレントゲン上での仕上がりに問題があるとされるものがあり、この国では再治療を薦められます(注ー1)。
日本とアメリカの標準と基準の違いからくることです。
 
日本では症状が無ければそのままでも良いとされますことが多いのですが、この国ではレントゲン上でも完ぺきでなくてはいけないのです。 危険度があるとみなされ、再治療(又は小手術)が必要と判断されがちなのです(注ー2)。

さて、どうしたらいいのでしょう?
まず、完ぺきな物をもとめるなら、再治療をするのが良いでしょうといえます。
でも困った事に再治療が不可能な事があります。
それは、ポストが入っている場合です。 小手術を選択して根の先の病巣をとりのぞく方法が最適で危険もありません。 ポストをはずす事は無駄でもあったり危険である事が多いのです(注ー3)

で、ポストが入ってなく再治療が無理なく可能な場合ですはどうでしょう。
再治療をしたところで完ぺきになる保障はありません。 歯科医の高い技術や適切な判断が仰がれます。
前述の小手術は成功率が高いのみでなく結果がすぐにわかります。
再治療の場合はその場で成功かどうかは解らなく、6ヵ月後(注ー4)になってしか確かめられません。 
6ヵ月後に治ってなければあなたの歯科医は治るまで再々治療を無料でしてくれるのでしょうか? そしていつか治るのでしょうか? という疑問がおこりますね。

とにかく、神経治療のやり直しを進められたら慎重に構えてください。

        ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注ー1. アメリカの治療でもレントゲン写真上で不完全なものは勿論再治療を薦められます。 
注ー2. 歯科医は再治療をすすめるのは自己の liability を考えての場合もおおいでしょう。 つまりキチント患者に最適な事を薦めなければいけないという義務があるからです。 でも患者にも選択の余地があるので、自分で決めてもいいでしょう。
注ー3. 小手術の選択があるのに、それを告げずにクラウンやポストをはずして神経の再治療をしようとする歯科医は営業目的のみを考えているといっても間違いではないでしょう。 
注ー4. 約6ヵ月後でしかレントゲンにはその証拠が現れませんので、治る確率や治らなかった場合の事を歯科医に事前に聞いておく事が大事です。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 13:58 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:58 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode