Entry: main  << >>
痛みの無い麻酔注射は出来るでしょうか?
JUGEMテーマ:健康

 「大概は出来ます」。 
たまにチクッとするぐらいの事がありますが痛いと言うほどのものじゃ無く出来ます。

 ではどうしてそれが出来るのか、そしてそうならどうして多くの歯科医の注射が痛いのが説明しましょう。

 まず、針療治の場合の針は驚くほど痛く無い事を考えてください。
そうです、針は刺し方によって痛くないのです。 たまにチクッとしますが、、。

 歯科医の注射が痛いのは注射の針を刺すだけじゃなく、即座に液を注入するからです。 
注射は針療治と同じ様に痛くないのですから、その歯科医は針の刺し方が下手同時に液の入れ方も下手なために痛くしているのです

 注入される注射の液は皮膚下のスペースの無い所に押し込まれるのですから、肉体のほうはたまりません。 圧力が組織の細胞にかかってしまい痛みを生じさせます。 内側からつつかれるようなものです。
よーく、観察してください。 注射の針が入ってから後の注入の過程の時の方が痛いのです。

 ではどうやって口の中の麻酔注射を痛くなく出来るかを説明します。
それは、ます口の中は柔らかい粘膜に覆われていて、針を殆ど感じる事はありません。 皮膚より鈍感なのです。
で、注射液ですが、まず1−2滴をそっと注入すれば、殆ど圧力を感じないままその辺りが麻痺します。 そうすれしめたものものです。
 ですから、その後少し時間を置きながら、麻酔液をゆっくり、ゆっくりと注入してゆけば麻痺の広がる事のほうが圧力より早くなり、麻痺が先行しているため痛みを感じなくなります。 
口の中の粘膜は伸びてくれるので、かかる圧力もすくなく、膨れる感触は伴っても痛みの感触は出なくなります。

 では、どうして多くの歯科医が痛みが無いように麻酔をしてくれないのでしょう?
それは、お気づきのように上記のような方法で麻酔をしますと、とっても長い時間がかかってしまいます。 又液を深い所まで届かせるのにも時間がかかってしまうのです。 10分以上かかるかもしれません。 と言う事で多くの歯科医は多少痛くても早く麻酔を効かせる方法を選択してしまうのです。

もう一つの理由は歯科医の間に、繊細な感覚の持ち主があまりいない事もあるでしょう。
其処までの細かいサービスは時間の無駄、不要とかんがえるか気が付かないのです。

痛みの少ない注射をしてくださる先生は、繊細な方でしょう。(チョッと手前味噌でした。)
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 22:59 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 22:59 | - | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode