Entry: main  << >>
海外法人クリニックで虫食いが放置されていた。  そのー1. 虫食いの歯に再装着。

 

JUGEMテーマ:健康

 

 詰め物が外れたので海外邦人クリニックに行くと、そのまま詰め物を仮装着して貰った患者さんがいました。

 患者さん曰く

1.「外れた詰め物はそのまま仮装着された

2.「虫が食っているので新しい治療が必要。アポイントメントは1っか月後」と告げられた。

 

 当院での診断と疑問。

1.虫食いはばい菌の仕業です。応急処置としては其処の助教が第一です。 放置すると広がるので除去をする事がまず必要。

2.それをすれば次のアポイントメントで新しい治療が後日であっても安心となる。

3.虫食いの部分を除去すると大きさが測れます。その後に正しい治療法(詰め物やクラウン)などが判断出来ます。。

4.除去しないままに決めつける事は不正確となる事があるでしょう。 なぜなら、虫食い部分の大きさがその後の治療に関しての問題なのですから。

 

 では、この歯科医のした事に欠如した事項を記載します。

 当院のレントゲンからは虫食いの部分の広がりや深さが大した事が判明。麻酔をして虫食いの部分を除去すると、議損の詰め物(インレー)が再装着出来る事が判明。 理想的には新しくもっと良い材料での治療なのですが、患者さんに選択肢を与える事ができました。 再装着なら数年、新しくするなら20年以上持つものができるのでその由をつたえて選択してもらいました。

 

 

 さて、このクリニックについたは長年記載してきました。 多くのブログは彼等(ポー・チュンという女医と小児専門のロバーロ・リム)の所業についてです。 彼等は私のブログの中から(もっともっとあるのですが)58のブログをとりあげて私が中傷していると主張してきました。勿論裁判所は彼らの主張を却下しました。 まったくの迷惑を被りました

 

 では、今回も彼(彼女)のした応急処置はは正しかったのでしょうか? 少なくとも患者にとって一番理想の処置とは考えられません。たとえオフィスが忙しかったとしても、その場合には患者にとって一番効果的で理想の治療が受けられる方法、つまり他院を紹介するとか他院を推薦んするなりする事が適切な対応です。 倫理の問題とも考えられます。

 

 過去のブログと今回の事実を一考してください。カテゴリーは「検診でのトラブル」「神経治療とそのトラブル」「検診」その他色々です。 ぶっちゃけて言うと大半がこのクリニックの二人の事です。

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 13:08 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 13:08 | - | - |
Comment








Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode