Entry: main  << >>
誤診は相変わらずにあるようですね。 東洋人歯科医。

JUGEMテーマ:健康

 

 今回は過去に記載してきたようなとてつもない程までいかない誤診ですが間違いは間違いでしたので記載します。

 この患者さんはある東洋人女医から言われたのが4本の虫歯。 注意をしてセカンドオピニオンと求めていらっしゃっりました。

 

 当院の診断は次で間違いを指摘しました:

1.1本は確かに虫食いがありあましたので治療が必要。小さな物でした。約一ミリ半ぐらい。発症してから一年ぐらい(注ー1)。

2、2番目は虫食いが確かとは言い切れません。日本の詰め物は虫食いとも見える事が有ります。注意が必要ですので観察が必要ですが、虫食いと確実な判断は出来ません(注ー2)。

3.3本目の歯には目には怪しい影が表面ととおして見受けられましたがレントゲンには何も映っていません。再度検査をしても虫食いとは言い切れない物です。 半年後に再度レントゲン検査をする事で確かめる事が必要。現在では歯を削る必要はなし。半年後では手遅れにはなりません。

4.4本目の歯には何処にも虫食いは見つかりません。 一応念の為に半年後に再検査が必要です。一年後にもです。 

 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1. 虫食い(虫歯)は発症してからレントゲンに映るまでには半年かかるでしょう。 半年たってやっとレントゲンにうつるのです。

注ー2. 残念ながら日本の詰め物(プラスチック系)の中には虫食いと同じように映る物が有ります。よって虫食いとは言い切れない事が多くあるのです。 

追:今回の場合にはその詰め物が深いところまで達していたので、用心として又予防の意味をふくめて金属で長持ちする治療を提案しました。この患者さんが私の兄弟でもあったらすぐに予防と寿命をかんがえて大事に至らない様に事前に長持ちして信頼できる治療を施します。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:56 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 09:56 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)
  • 私のブログ訴訟に持ち込まれる可能性が大。 その理由と私の意図。
    金原亭馬生 (07/25)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode