Entry: main  << >>
裁判所の判決は全てを却下でした。

JUGEMテーマ:健康

 

 裁判所から良い連絡がありました海外邦人クリニックの訴えを全て却下したとでした。

 

 つまり、この二人の韓国系歯科医の訴えはすべて却下されたのです。 原告がいっていた項目の一つも認められなかったのです

 原告の訴えていた事の全てが却下されたのです。 この二人の歯科医から私にブログにたいしても訴えは全く認められなかった事に注目してください。


 私は正しい事を正確にブログに記載して来ました。次から次にいらっしゃる患者さんの報告を。報告された事実のみを。そして2年半まえの2016年の3月に次の二人の歯科医が「中傷」と訴えてきました。

 

 先日やっと裁判所が正しい判断を下して下さりました。私は無罪、私にはなんの咎めが無い事とでした。。 

 

 私のブログの多くは邦人でないグループの診断や治療内容に関して患者さんから伺った事実です。 

 訴えて来た二人は海外邦人グループの二人で名前は次。

 

 1.Dr.Bo Chun (ボー・チュという韓国系医。

 2.Dr.Robert Limb (ロバート・リム) 韓国系小児歯科医。

 

 私が彼等を中傷しているとの訴えだったのです。

 でも今回10月初めに裁判官は原告の言い分をすべて却下しました。 つまりこの二人の歯科医の言い分が全く通らなかったと言う事です。。

 

 さて、これらの事態をかんがえてみましょう。 

1.訴えられた私はこの2年半において多大な努力と仕事が必要でした。 勿論相手もそうですが、並みならない程の労力が必要とされてきました。

2.途中で和解の話もありましたが、私は信念に基づいて折れる事をしませんでした。

3.そして今回の結果でした。 

 

総合すると、今回の事は言いがかりをつけられて無駄な費用が掛かったと言う事ともかんがえられます。

そしてそういう事がいくら不合理な事であっても、喜ばし事は被害報告が近年全く少なくなった事です。

 

ブログはこの邦人歯科医からの報告のみでなく他の幾つかの歯科医からの報告を掲載しています。 

なぜか最近は以前のような被害報告が減少した事には嬉しく思います。 

 

私のブログが事の発生であっても、ニューヨークの日本人が面している事態が改善されたのなら、私は本望ともかんじています。

高くつきました。これからも上訴されるかもしれません。 また無駄な費用がかかり事になるでしょう。 でも仕方がないのです。

本当の事が公開されればよいでしょう。 

 

追。 今回の訴訟は公開されています。英語ですがご覧ください。 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:55 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:55 | - | - |
Comment








Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode