Entry: main  << >>
定期検診を考える。 #3(米国)

JUGEMテーマ:健康

 

 半年毎の検診をしてその度に必用な早期治療をしている人を想定です。  

 その人は定期検診以外には歯科医を訪れる事はなくなります。 検診日の前に歯が痛く成る事が無い様に出来る筈だからです。

 

理屈は次。

1.虫食いは半年間では痛む程までは進まない。 よって新しい虫食いが6ヶ月で痛みを起こす事はないのです。 

2.兆しも見つけられます。歯科医は貴方に注意、「何かを感じたら連絡して下さい」と。予測です。

3.親知らずの問題も予測可能。事前に其の事を教えて下さるのが良い歯科医。

 

つまり、この国での常識、認識、また本当の事は次です。

1.痛みがでたり、問題が起こった場合は歯科医の見落としと考得るべきなのです。

2.決して貴方の歯が悪いからではない。 良い歯科医は予測出来るのが普通なのです。

3.6ヶ月間なにも問題が起こらない処置は出来るのです。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:19 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 10:19 | - | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode