Entry: main  << >>
定期検診を考える。 #1(米国)

JUGEMテーマ:健康

 

 定期検診はこの国では1年に二回、6ヶ月毎。常識とされています。

 日本人には不慣れな事です。 

 

 米国の理屈は次です。

 1.6ヶ月毎だと虫食いが1ミリ以内で見つかる。

 2.歯並びのずれも事前に察知する事が出来る。日本では行われない予防です。

 3.歯科学会が長年からえた知識として一般に奨励している事で実績が上がっています。米国人の歯が良い理由。

 4.保険会社もそれに従って年に2回の検診とクリーニングを認めています。

 

 この国に居る間にこの国の良い習慣が学べます。 この国の保険をうまく利用して良い結果が出る事を3−4年間で認識出来るでしょう。 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:15 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 08:15 | - | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode