Entry: main  << >>
持ち込まれる相談はアメリカ人歯科医も多くなりました。

JUGEMテーマ:健康

 

 最近に持ち込まれる相談、被害はアメリカ人歯科医の場合が多いです。 考えられる理由。

 

 1.歯科医の収入が減っているので今までより強引になっている。営業目的が多い。経済。

 2.虫が食わないインプラントが良いとおもう患者が多い。手早く儲かる。

 3.確かでもない神経治療を薦める。

 

 とにかく、アグレッシブな診断が多くなりました。

 知人のアメリカ人歯科医も驚いています。全く不必要な治療を薦められて相談にくる患者が多くなったそうです。

 当院は以前から疑問を持っていらっしゃる方が多くありました。 アメリカ人の間でも起こっている現象ですので東洋人歯科医だけじゃなくアメリカ人歯科医にも注意が必要ですね。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:02 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 19:02 | - | - |
Comment








Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode