Entry: main  << >>
虫食いは始まったが停止もした。 じゃあー?

JUGEMテーマ:健康

 

 虫歯とはその歯全部がむしが食って病気になっているのではありません。

 虫歯とは病気じゃないのです。

 虫歯とは歯の一部に虫食いが起こりはじめて進行する事です。

 

 リンゴに虫食いが起こった事を同じ形で起こる現象です。病気じゃありません。

 早期では小さな穴ができた事です。

 時間が経って進行して大きくなりますがら、その内に歯に大きな穴が陥没として起こるのです。 

 リンゴの表面が陥没するのと同じです。

 

 ここでその小さな点のような虫食いが発見された場合に、時折妙な事があります。

 それは其の後に進行が見られない事が有るのです

 大概は30歳以上の大人です。特に中年には多いようです。

 

 虫食いが有るとの判断が出来るのですが、あまりにも小さく様子をみていると半年、一年、二年たっても大きくならない場合があるのです。 さて、これは一体虫食い、虫歯といえるのでしょうか? と観察する事が大事ですね。 あまりにも小さいからです(注ー1)。

 

 前回のブログの患者さんは30代でしたが、出来始めた物が進行するまで3年近くかかった事に注目して下さい。

 此処で理解するべき事。

 あらゆる小さな点とか黒い部分を虫歯だといって多くの歯に手を付けようとする歯科医が居る事です。

 確かに半ミリなどの場合でも虫歯です。いえ虫食いの始まりです。

 10本もあると言って脅かす歯科医はそんな類ですね。

 実際にそんな事を言われて当院んでは一本も無かったというような事態は何度も記載してきました。 

 また、そんな歯科医では一本は「神経治療が必要」と言ったりしていました。

 

 進行している虫歯は大抵の場合には1−2本だけです。

 虫歯の数と神経治療に関してはご注意をして下さい。 

 

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1. 虫歯の治療というのは歯を削る事です。 眼に見える表面の場合にはその部分だけを排除して詰め物が出来ます。

でも、レントゲンで見つかった隣接部分の虫食いを治療(人口物を宛がうだけ)にはその上位の健康な部分も削り取ります。

小さな物の修理をするのに健康な部分は倍ぐらいの範囲で除去しないとならない事が多いのです。よってあまりにも小さな物は観察して様子をみるのが良心的と考えられるのです。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:12 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:12 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode