Entry: main  << >>
歯科で治療とは神話。  そのー2.

JUGEMテーマ:読書

 

 歯科治療と言う物がの物理的な修復であり、治療じゃない事を前回記載しました。

 治ったという病気じゃなく、直ったという修理である事を。

 

 今回は歯茎の問題についてです

 歯ぐきは修復じゃなく治療ですと思う方々も多いでしょう。間違いですから説明。

 

歯茎に起こる事は結果でしかなく、病気じゃありません。 理由は二つ。

1.歯茎の内側で歯の根の部分にたまる歯石が理由。

2.神経治療の失敗、不手際、不十分さから可能が根の先の部分、歯茎の中の深い部分、におこり其処からの膿が出てくる時点で省くが腫れる。 

 

 やはり、物理的な事が問題なのです。 

1 は歯石という物体に集まるばい菌の出す毒素が理由です。 それが周りの歯茎を傷めるという結果になるのです。

2.根幹治療という神経を物理的に排除する作業が完全でなかった場合に起こる感染です。 そして膿がではじめるのが根の先の部分んで、やがて上方に向かって歯茎を腫れさせると言う事なのです。 歯ぐきの病気じゃありません。 見かけだけ。

 

つまり、歯茎の治療とか、歯茎は病期とかは見かけであり、その病原は歯茎自身じゃないのです。つまり何か物理的な事からばい菌が溜まって歯茎を侵しているだけです。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:37 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:37 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode