Entry: main  << >>
矯正は終わっても終わってないかもしれません?

JUGEMテーマ:健康

 

 矯正歯が矯正を終えた時には終わったと思うのが普通です。 見かは良くなっています。 矯正医はするべき事を果たしたと考えられます。 

 しかし歯には一般歯科医から考えられる嚙み合わせという違った大事な視野が有ります。 見かけが良くなったからと言って咬み合わせが正しいとは限らないのです。それは上顎全体と下顎全体の問題や、一つ一つの歯のかみ合わせが将来的に起こす、起こしえる問題があるのです。 噛み合わせとは全部の歯の調和で、それは矯正医にはもう一つ理解出来ない事でもあるのです。

 嚙み合わせを正しく判断出来るのは矯正医では出来ない事でもあるのです。 矯正医以上の知識のある歯科医が判断する事です。

 

 矯正の多くは一般歯科医が事前(8歳、多くは10歳前後)に矯正の必要性に気づけば矯正医を紹介します。そして矯正に満足できる結果を求めています。よって矯正が終わるのは紹介した一般歯科医が満足できる結果を見届けます。

 つまり親御さんが「見掛けがよくなった」「矯正医が終了した」と思っても最終チェックは一般歯科医に診て貰う事が大事なのです。一般歯科医は違う観点からお子さんの今後を考えます。一般歯科医が専門医の治療の結果を判断するのです。

 

 よってです。

 気を付ける事は矯正歯科医が器具を外す前に一般歯科医に診て貰って再確認をしてもらって下さい。。

 器具をはずして終わる前に一般歯科医に。それは念の為でもあり、今後に虫歯をみてもらう歯科医の了解や確認が必要なのです。

 器具は一旦外されれば再度その器具を装着してまでも治療を続ける事はしなくなります。 でも一般歯科医からの指摘が事前にあれば矯正医は協力するでしょう。

 また、リテイナーで矯正を続けているなんて考えてしまっている患者さんも多いです。 間違いです。 リテーナーでは矯正の残りを仕上げる事は出来ません。 リテイナーとは RETAINをする物。 つまり維持する事が目的とされた物です。お茶を濁すような形だけの物でしか出来ませんので、リテイナーで治療がつづいているなんて考えるのはまちがいです。

 

追。 当院では矯正が終わる前に矯正医の見逃した様な事を事前に指摘して矯正医い報告します。良心的な矯正医は私の意見を快く受け入れ協議のすれ快く必要な改良をしてくださいます。 良心的でない矯正医はすぐさま判別できるのです。

 

。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:18 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 11:18 | - | - |
Comment








Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode