Page: 1/1   
裁判所からの通達。 私に$400が支払われると。

JUGEMテーマ:健康

 

 裁判所からボー・チュンとロバート・リムの訴えをすべて却下したという通達は10月1日でした。

 

 そして、先日裁判所のクラークから興味深い通達がありました。

 

 原告 (plaintiffs)、ドクターボー・チュンとドクター・ロバート・リム、が私に$400支払わなければならないという指示の通達でした。 Statutory decision との事です。 良く分かりませんが事務処理費用とような事でしょう。

 

 これは訴訟に勝った私に上記の彼等が支払うべきとされた金額なのdす。

 原告にに支払いが命じされたとの知らせでした。

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 12:32 | comments(0) | - |
邦人クリニックからの訴えはすべて裁判所で却下されました。 そのー3. その他の訴訟。

JUGEMテーマ:健康

 

 私は訴えられた事は幾度があります。公開されています。 多くは理不尽な物ですがこの国ではよくある事。 誰でも誰をも訴える事は出来るのです。

 成功報酬で訴訟を起こして和解金目当てという不埒な弁護士が多くいるので言いがかりをつけられる事があります。歯科医や医者なら同じ様な経験が一度はあるのです。次を参考に。

 

1.解雇した従業員の二人。 (1)98年頃に中国系フィリピン人。 {2)数年前は日本人の田中と言う女性。  

 二人ともコンティンジェンシー弁護士という報酬高を目当ての弁護士に頼ってでした。 和解金目当てでした。 

 相手の目論見に反して私は最後戦ったことで費用は和解金より多くかかりました。 でも勝利。 最後まで信念を通する事のほうが費用は多くかかるのです。 そんな事情がこの国ではあるのです。

 

2.足病学のドクター(林美香)が私の訴えています。 

 私は「彼女は博士ではない」とブログで記載しました。 すると彼女が訴えてきました。 

 彼女は「博士」だと主張。 

 私は足病学校でドクターの称号を取得してているだけで博士と名乗る事は間違いと思うのでのブログです。 

  こうご期待ですが又無駄な費用が掛かっている事には困っています。

 

3.邦人クリニックの女医と小児専門医。  今回裁判所がDismissed.としました。 つまり全て却下。

 訴え(訴訟)をすべて却下、つまり全く理屈に合わないとの判断がくだされたのです。 全く無益な事でした。 

 当院にかかった費用は想像できない程の額です。 

 

 でもお金で済むのならまだ良かった事でもあるでしょう⦅注ー2)。

 

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−:

 

注ー1. 博士とは博士号を取得して称する事が出来る称号。 ドクターを辞書で引くと博士ともありますが、それは違います。

 博士もドクターですがドクターは博士とは訳せません。 ドクター・オブ・フィロソフィー(PhD)を所得してやっと博士をなのれるのです。彼女が主張するようにドクターが博士なら歯科医、獣医、カイロやその他の色んなドクターも博士となってしまます。

 

注ー2.お金で済まされない問題があります。それは本当に問題です。 今回はお金で済みました。 無駄な費用とも考えられますが、必要経費でもあるかもしれません。 この国は怖い国でもあるかもしれません。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:45 | comments(0) | - |
邦人クリニックからの訴えは全て裁判所で却下されました。  そのー1.

JUGEMテーマ:健康

 

 以前に記載しました訴訟問題の結果を報告します。裁判所は全てを却下

 相手の主張(中傷)は認められなかったのです。

 

 今回は事実として私を訴えていたのは次の歯科医院の中の二人の歯科医でした事を記載します。

 

 海外邦人クリニックの二人の歯科医で次の歯科医達。邦人クリニックとの看板をあげていても邦人じゃない二人。

1.Dr. Bo Chun(補綴専門医):  診断をしていた女医。 

2.Dr. R. Limb.(小児歯科医)

 

 私のブログは法的に認められたと言う事と思います。 ご一考を。

 

追: 日本語は出来ない東洋人歯科医達邦人でない)のクリニックが私の日本語のブログを読んでいる? どうやってでしょう。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:44 | comments(0) | - |
邦人クリニックからの訴えは全て裁判所で却下されました。 そのー2.

JUGEMテーマ:健康

 

 

  今回訴えてきた東洋人歯科医二人(海外邦人クリニック)の言い分は全て却下されました、

  彼等とはドクター・ボー・チュン(東洋人女医ロバート・リム(東洋人小児歯科

 

 今回、この訴えに対しての戦いの議論(弁護士と通して)だけで2年以上かかりました。 そして先日10月1日をもってやっと裁判官からの通達がありました。 裁判官は法廷で裁判をする前に審判をして訴えを全て却下しました。 Dismissed.と。

 

 振り返ってみると全く無益な事ではなかったのかという思いばかりです。 詳細は公開されていますのでグーグルしてください。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:44 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)
  • 私のブログ訴訟に持ち込まれる可能性が大。 その理由と私の意図。
    金原亭馬生 (07/25)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode