Page: 1/1   
専門医が雇われている場合。  その2。

JUGEMテーマ:健康

 

 歯科治療で専門治療が必要とされるのは治療全体のごく一部です。患者さんの治療の6分の1とも言えるのです。 例えは次です。

 

1.神経治療 

 一週間に35−40人ぐらいの患者さんを診ていますが、その中で神経治療は一人か二人しかいません。6分の1以下です。

 すると神経専門医をやとってもその専門医には十分な数を委託できません。 神経治療医は他から患者を求める事に成ります。

 でもそうしても患者を委託してくれる一般歯科医は少ないし、少なくなります(注ー1)。

 

2.小児歯科。

 同じ事ですね。 小児の治療は当院では5分の1ぐらいでしょうか?

 小児専門医をやとったとしてもとてもその専門医に十分な患者を委託出来ません。

 

その他の専門医も同じ事です。

矯正が必要な日本人はおおいのですが、いまだ日本人にはそれほどポピュラーではありません。 

専門医に委託する歯槽膿漏治療は最近その成果が疑われるようになり、全く減りました。

 

つまり、一般歯科医が専門医を雇っていても専門医に回すだけの治療が無いのが普通です 

よって一般歯科医が専門医を雇う事もなくなりました。 

 

この国で以前に行われた事で、今では廃れた事である事にも気づきましょう

日本人はこれから気づいて下さい。 専門医と言う言葉には裏があると言えるのでは?

専門医とはより良い歯科医という事では無い事でもあるのですよ。

 

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1. 前回にも書きましたが、一般歯科はグループ診療をしている専門医に委託する事を避けます。 なぜなら其の専門医が患者を盗むというか、患者を自分のグループに他の治療を任せるように説得する事があるからです

 

 

 

  

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:17 | comments(0) | - |
専門医は終了です。 一般歯科医に戻る。

JUGEMテーマ:健康

 

 歯に関しての問題は一般歯科医と専門医の連携が有ってよい結果がもたらされる事を理解出来ましたか?

 

 つまり、一般歯科医が良いとか専門医が良いという議論じゃなく本題ではないのです。

 専門医は専門医でそれなりに良い治療をほどこせる事は事実。

 同時に一般歯科医でもそれなりに出来る治療が施せます。そして必要な時、必要な治療は専門医に委託すると言うのが実際です。

 患者さんの事を考えて、一番の効果を上げるために専門医に選んだ種類の治療を委託するのです。

 そして、専門医の治療が終わればその出来具合をも判断する役目が一般歯科医にはあるので、責任を持ってくださるのです。

 

 では、専門医と一般歯科医の違いです。 

 一般歯科医は患者さんを総合的に考え将来の事まで考える役目を感じています。

 専門医は専門治療のみに専念します。でも全体の把握や将来の事までの展望を考える事はしません。する必要を求められていない立場にいるので適任じゃないのです。

 

 お分りでしょうか? つまり、歯科の問題は一般歯科医に始まる。専門医を経緯しても、その後は一般歯科医に終わる事が一般で、常識でもあるのです。

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:56 | comments(0) | - |
専門医には行かない。 その4.

JUGEMテーマ:健康

 

親知らず。 

 口腔外科で親知らずの抜歯。

 落とし穴: 1.大人の場合には親知らずの手前の歯に虫食いが起こっている事がある。

         外科医はその隣の歯の虫食いに関しては感知しません、出来ませんし関心も持ちません。責任が無いからです。

 

 正しい外科: 抜歯の際に貴方にやはりホーム・ドクターの事を聞くでしょう。

        抜歯がうまく行った事の結果報告が義務ですから。 又、親知らずが引っかかっていた歯の心配までして下さる筈。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:53 | comments(0) | - |
専門医には行かない。 その3。小児専門。

JUGEMテーマ:健康

 

小児歯科。 

 小児専門医は小児専門なので良いと思って自ら選らぶ。

 

 落とし穴:(1)永久歯に関してのケアは一般歯科医より知識が少ない。

      (2)6歳から12歳までの間に乳歯より永久歯の方が多くなる。

      (3)小児時期以降の事に関心は薄い。 小児専門とは小児期間だけの事でその後の心配は行き届かない。

      

 良い小児歯科医: 常にホーム・ドクターとの連携を考えて下さる。 次のような態度をみかけるでしょう

      (1)貴方にホーム・ドクターの事に関心を持つ。 治療前から。

      (2)主に乳歯が専門。 ですから生えてくる永久歯(今後70年近く保持する)の心配をして下さる。

      (3)つまりホームドクターに今後の事を委託する事を事前、治療中にも話が出るでる筈。

 

 つまり、小児専門医と子供の一時期、主に乳歯の治療に専念する歯科医です。 

 乳歯だけを診ている事は将来の大人の歯の事に関してはそれほど知識はありません。 

 ホーム・ドクターは其の事を考えて、一時的に小児専門医に託するという経過が一番なのですね。そしてその時期が終わったら一般歯科医、ホーム・ドクターに再度帰るのが正しいのです。 その時にホーム・ドクターは小児歯科医が十分な治療や手当を施したかを判断します。 

 つまり、ホーム・ドクターが一番広い目で判断するのです。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:23 | comments(0) | - |
専門医には行かない。 その2(矯正医)。

JUGEMテーマ:健康

 

 自分で決めて訪れる専門医の一つ。

 

 矯正。

 歯並びが悪いのは誰でもわかるので自分で選んで行く人が多い。 でも貴方の知らない事があります。

 

 落とし穴: (1)矯正医は虫歯の検査は出来ません。して貰えない。して貰ったら間違い。

       (2)治療中(2年前後)はより虫歯が発生しやすい

       (3)矯正医は虫歯に関心を示さないのが普通(注ー1)。検診は貴方自身の責任。                                    

       (4)終了時で見かけのみからのみの判断では間違いにつながる。不十分かも(注ー2)。

 

 正しい矯正医は: 貴方を治療前に一般歯科医に診て貰う事を薦めます。虫歯の事を心配してくれるからです。

 

 

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1.良心的で良い矯正医は貴方がホーム・ドクター(一般歯科医)で虫歯の検査や治療が終了しているかを危惧して質問されます。又ホームドクターの所在をうかがいます。 そんな手間をは省いて矯正を始める矯正医は注意。 この国の矯正医の常識として矯正医は貴方の虫歯の事まで、つまりホームドクターの事を心配して下さるのが本当です。

注ー2.矯正終了とは治った(100%)とは違い、理想に近づいただけです。ではどの位かの判断は矯正医がしますが、一般歯科医にしてもらう事が大事です。第三者、ホーム・ドクターにです。 器具を外される前に、誰かに診て貰う事が確認、セカンド・オピニオンです。大事な事です。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:15 | comments(0) | - |
専門医は専門しか知らない。 言い換えれば他の分野では未熟。

JUGEMテーマ:健康

 専門医とは聞こえが良いですね。専門なので一般より上とか歯科医としての位置も上とも思ってしまいませんか

 間違いです。

 

 この国での専門医の評価は「専門しか知らない他の分野については何も知らない」という認識が有ります。

 

 トータルで考えると一般(歯科医、医師)よりも色んな意味で専門医は他の分野では無知である事も一般的に知られている常識です。

 つまり、「専門医」イコール「より良い歯科医、医師」とは考えられてははいないのです。 専門医は専門しか分からない。貴方全体の事には感知しませんという反面がある事にも気づきましょう。

 

 アメリカでの歯科治療は分業されているのが現状です。

 専門医とは専門分野の治療します。多くの他の治療は一般歯科医がしています。 一般歯科医が専門医と言われる歯科医に必要な治療を任せるのはその歯科医が自分の負担が減る、その方が簡単に治療が終わる、などが理由でもあるのです。自分が出来ないからではなく、あくまで専門にしている専門医がが患者さんにとって手間取らなく終わる、など患者さん中心に考えられた事、仕組みです。患者さんが一番良い、簡単に治療を終えられる事を目的とした仕組みでもあるのです。

 

 で、ここで専門医という肩書を掲げて日本人患者を呼び込んでいる歯科医がいます。

 日本人には専門医と言う言葉になれなく弱いのです。なんとなく専門医の方が良いと思ってしまうのがミソです。それを利用しての宣伝です。専門医と語っていても実際は一般治療をしています。なぜならこれ等の不埒な「専門医」は専門医として成り立っていないからです

 

 専門医はこの国では宣伝をする必要などない歯科医を指します。

 宣伝する必要がないのが専門医です。なぜなら一般歯科医から信頼されていて十分な数の委託患者があるからです

 専門医と言うのは一般歯科医が患者を紹介する歯科医で有り、自分から患者を募る歯科医は専門医ではないのです。

 専門治療をしないで一般治療をしている輩は特にそうといえるでしょう。 貴方の歯科医もそうではないですか? 

 

 宣伝を出す専門医は一般歯科医から信用されていないといえます、なります。

 

 つまり一般歯科医からの委託がないの。患者を委託されない。専門医としては最低レベル? 

 

 そんな専門医が専門医と名乗って一般治療をしている。 

 

どうか、専門医という肩書に惑わされないように

 

小児専門医で痛い目に会った人。

補綴専門医で全く酷い治療を受けた人。

神経治療専門医に歯を割られた人など数え切れません。

 

被害の殆どはそういう専門医との肩書を載せている「専門?歯科医」の所業です。困った事です。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:12 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode