Page: 1/7   >>
健康保険では虫歯は見つけてもらえない。   そのー3.  正しい検診が成果をもたらすアメリカ。。

JUGEMテーマ:健康

 

 この国では検診が一番大事とされて毎年2回が通常とされています。

 この国では保険は株式会社で利益目的(日本は政府で社会保険で違う)です。 保険を買ってくれた人達の恩恵を考えていると同時に利益も大事です。 そんなアメリカの保険が奨励する事は年に2回の検診です。カバーが100%が多いのです。 ではなぜでしょう?

 理屈は次です。

1.検査で早期発見ができれば治療は簡単で治療費が少なくて済む。支払いも少なくて済む。

2.患者も早期発見で治療が簡単で終わるし自己負担が少ない。歯の健康が保たれるので喜ぶ。

 

 この国では早期発見が大事とされていてその仕組みが出来上がっているのです。

 早期発見ができれば保険会社も患者も助かるのです。

 

 また、一方で早期発見が一番と推奨しているのが歯科学会です。

 それを見習って施行しているのが保険会社です。 そしてその仕組みは結果をもたらしているのです。

 

 

 この国では年に二回の検診は常識とされています。 日本の検診とは違う事にきづきましょう。

 半年毎の検診によって患者さんには良き結果がもたらされているのです。

 

 日本の保険と全く違う事、この国の常識をしって検診を半年毎にうけてください。 保険のカバーがあるのですからうまくこの国のすすんでいる仕組みを利用する事、この国から学びましょう。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:50 | comments(0) | - |
健康保険では虫歯は見つけてもらえない。  そのー1。 検診が認められていなこと。 改定版。

JUGEMテーマ:健康

 

  日本の健康保険は費用が少なくて便利です。でも事実は保険は昔の古い仕組みなので落とし穴があります。

 健康保険が76年ぐらい前に出来たままなのでがある事。問題が起こってからの治療をするという仕組みになっています。

 問題があればそれを治療しましょう、というのが方針です。

 

  驚く事は定期健診が認められていない事。 ただの検診でも認められていないと思えます(注ー1)。検診は問題があってからする事をなっているので薦められていない状態でしょう。

 

 おかしな考えである事にきづきます。

 歯科医は歯科の専門。 素人が解らない事を事前に発見出来る筈です。素人の貴方が問題を見つける前に見つける事が出来る筈ですから、検診をすすめてするのが本当でしょう。 貴方に問題が起こる前に診断できて正しい方針であるのです。

 

 検診の意味の違いは次回です。

 

         ---------------------------------------------------------------------------------

 注ー1.検診が認められのは治療があってされる事。よって歯科医は何らかの治療を施すことで検診料をえるでしょう。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:21 | comments(0) | - |
神経治療は出来るだけ避けましょう。  そのー6. 内部が腐る。

JUGEMテーマ:健康

 

 虫食いが起こるのは残った部分に起こります。それは根の部分が多くなります。

 痛みは感じません。 そして根が内側がから腐ります。

 歯科医は言うでしょう「根の部分までくさってしまっているので抜歯しかありません」と

 

 では、神経治療をしてから抜歯までどのくらいの時間がたったのでしょう? 次回です。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:04 | comments(0) | - |
神経治療は出来るだけ避けましょう。  そのー5. C. 痛みが出ない事。

JUGEMテーマ:健康

 

 C: 痛みが出なくなるのは神経が除去されたからです。 でも虫食いが起こらない事ではありません。

 

 神経治療をした歯は痛みを感じなくなります。すると患者さんは安心してしまうのです。

 落とし穴はそんな歯でも同じ歯なので虫食いはまた起こる事です。 じゃー痛まない歯の虫食いはどうやって気づけるのでしょう?となります。

 そうです、貴方は気づけなくなるのです。虫食いがおこっても痛みが出ませんので放置されてしまいます。 やがて根の部分にまで虫食いが進んでも痛みは全くないので手遅れになります。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:31 | comments(0) | - |
神経治療は出来るだけ避けましょう。 そのー4. B 割れないようにする処置は高額でなければ?。

 

JUGEMテーマ:健康

 

 B: 歯が割れる事。 

 

 割れなくするに必要とされる処置は次で必要です。

1.ポスト(支台) 刺す部分です。頭(クラウン)とを繋ぐ金属。

2.クラウン(冠) かぶせ物で白い歯に似たもの。 保険では銀色の物。

 

 保険で可能ですが保険の落とし穴のような事もあります。 次の様な事が多くみられるのです。。

1.ポストが短いので外れやすい。

2.クラウンの出来が悪い。

 

 自由診療なら高額となりますが長持ちする物となるでしょう。 理由、理屈は次です。

1.ポストが長くて丈夫。

2.クラウンがぴったり合ったもので外れにくい。

 

 つまり、結論は歯科医の収入に関していて出来が違ってくるのが事実でしょう。

 

追: 保険収入は少ないのです。自由診療の収入はずっと多くなります。つまり歯科医の収入によって出来が違う事になるというのが事実でしょう。 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:28 | comments(0) | - |
神経治療は出来るだけ避けましょう。   そのー3。 A. 完璧とは言えない事が多い。

JUGEMテーマ:健康

 

 痛みがなくなり治療が成功したと思うでしょう。 でも、落とし穴があります。次。

 

1.多くの神経治療は完全じゃない事が多い(日本の健康保険治療)

2.治療してもらったから治ったと思う事は間違い。

3.治療後六ヶ月ほどたたないと治ったかは確認できません

 

 つまり、神経治療とは一時的に成功したようにおもえてもそうではない事があるので、6っか月後のレントゲン検査をしてもらう事でやっと確認出来る治療であるのです。 その後もレントゲンは半年ごとにとってもらって以前の物との比較をしてみてください。

 

 追、もちろん歯科医はそんな事はしてくれないので貴方は知識をもって要請してください。 そしてレントゲンの比較をしてください。 歯科医任せではダメなのです。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:13 | comments(0) | - |
神経治療は出来るだけ避けましょう。 そのー2. 治療後の行く末は色々。

JUGEMテーマ:健康

 

 前回、神経治療では神経が除去されて歯は死んだとされる事を記載しました。滋養がゆかなくなり伸びた爪などと同じで乾燥して割れやすくなります。 そんな事から割れないようにする処置(保護)が必要となります。 それはポストとクラウンです。

 さて、ここで問題がいろんな方向におこるのです。次はA,B,C,Dと4回の違った事を知りましょう。

 

A. 神経治療の費用が詰め物などよりずっと高額。でも治っているとは限らない

B. 治療後には歯が割れやすくなる。放置できなくクラウンが必要。 ポストもです。

C. 数年後に虫が食っても痛みがでないので患者は気づかない。

D. 内部腐る。根がもたなくなり抜歯に至る。

 

 つまり、神経治療をされる将来抜歯になる可能性が想定されるされる。

 

 一方、神経が温存されれば歯は一生生き続けられ抜歯はなくなる。神経治療を避ける事で長生きが可能となるのです。。 

 

 次回からは上記のA,B,B,Dの説明です。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:09 | comments(0) | - |
神経治療は出来るだけ避けましょう。   そのー1. 歯は死んだとされる。 改定版。

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療とすると神経が無くなります。同時に歯に供給される栄養も途絶えます。よって歯はこの国では「死んだ」と言われます。 説明します。

 

1.神経は治療は出来なく、除去される。

2.神経のみでなく神経が存在する歯の髄という部分全体。血管やその他の組織全部が除去される。

3.歯にはもう滋養が供給されなくなるので、死んだ事と同じとなる。 存在はできても死んでいるとかんがえられるのです。

4.生きている歯と死んでいる歯では将来に大きな違いが起こる。 次回です。

 

追: 爪と同じです。 伸びた部分には栄養が施されません。 色が変わります。乾燥する。そして割れる、折れる。 歯も同じなのです。 神経のある部分(髄という中心部)が除去されると、もう伸びた爪と同じ。乾燥して割れたり折れたりです。 木も同じですね。切られた木は薪として割れやすいですね。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:05 | comments(0) | - |
神経治療は出来るだけ避けましょう。  そのー5. 痛みが出ないので手遅れになる。

JUGEMテーマ:健康

 神経のない歯でも虫食いは起こります。

 患者さんは痛みがないので虫食いが起こっている事は把握できません。 

 気付くと、手遅れになっています。

 

 歯科医は言います。

1.根まで腐っています。

2.土台がダメになっています。手遅れです。

 

 つまり、神経が無くなった歯とは虫食いが起こっても患者は気づかないのです。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 12:13 | comments(0) | - |
歯科用語の間違い。   そのー2。 歯科医とデンティスト。

JUGEMテーマ:健康

 

 歯科医は医師?

 デンティスト(Dentist) はーーイストで作る、する人です。

 

 歯科医とは歯科医師とも言われ医者と考えられています。 でに病気ではない虫食いという歯に起こった腐食部分を修理するだけです。病気でないのなら医者をは言えないと思います。 

 

 一方この国ではデンティスト、つまりデント(歯)とイスト(作る人)となっていて医(Medical)の意味はありません。つまり医療には携っていないのですから、医者とは考えられていないのです。 まして医学校を卒業してもいないのですから。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 00:49 | comments(0) | - |

Calendar

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode