Page: 1/1   
神経専門医が戸惑った場合です。 疑問あり。

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療を始めた専門医が患者に伝えました。

 「歯を抜く事に成るも、もう一度委託した一般歯科医に問いましょう」と。

 患者さんは戸惑い疑問をもって相談にいらっしゃいました。

 疑問を持つべきは両方の歯科医です。おかしな展開、所業である事を指摘。次。

 

1.歯科医は虫食いの部分を完全に除去してからクラウンの装着がが可能である事を見極めて置く。 

2.専門歯科医は神経治療を始めた。 その後に虫食いの多きさに気づくいてクラウンの装着が可能かと不安を感じた。

 

 どちらも間違っていますね。

1.最初の歯科医の不十分さ: A. 虫食い部分を完全に除去していない。 B. 虫食いを残しながら神経治療が必要と判断している。

2.2番目の専門医: 虫食いの部分が完璧に除去されている事の確認をしていない。神経治療を始めた後に抜歯なら神経治療の必要が無いかもしれない事に気づいた。抜歯なら。

 

ちなみにこの患者さんは神経治療の費用の一部は徴収されていました。 抜歯なら徴収はいけませんね。

治療中に違った意見が出てきた事です。 

こんな専門医のグループは信頼できませんね。 

結果をご存じ?

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 13:46 | comments(0) | - |
虫歯は無いのにシーラントで$3000. 嘘でしょう?
JUGEMテーマ:健康

 驚きました。
 日系の歯科医で17歳の子供に施された治療(?)の請求が$3000. 
 では虫歯が無いのに治療費がかかったのです。なぜでしょう? それは予防といわれるシーラントがいくつも装着されていたのです。
 シーラント6歳12歳のみにする物です。 この歯科医は営業目的で患者を利用したのです。詐欺とも言える所業です。
 日系歯科医が自国人を利用している事は悲しい事ですが、この歯科医に関しては今までにもあった事です。常套手段と思われ餡ます。思い当たる方もいらっしゃるでしょう。
 以前に領事館の医務官がらの問い合わせが有り気づきました。全く不用な事であると同時に子の所業は患者に害をもたらす事でもあり、許される事ではないでしょう(注ー2)。

  ではこの日系の歯科医ななぜこの様な無用の事をしたのでしょう?
考えられる事
1)誤診。 一歩譲ってそうであってもあまりにも今の歯科知識に疎い事は罪。
2)偽善。 歯科学界の認識にはんして本人んが良い事をかんがえているとしても、それは患者の承諾が必要。
3)詐欺。 言いたくないですが、そうでしょう。

次回はこれらの外国人歯科医の所業が通じてしまう事。またつうじてしまってる日本人患者さんの無防備さについて書きます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1:シーラントというプラスチックの人工物を装着すると余分なごみが集まるという不利益(害)も起こります。 虫食いの発症の原因になる事が50%もあるのです。歯科の人工物の二面性を知ってください。

注ー2:7−8年まえでしたが医務官からの要請で患者さんを調べました。片方の治療費が$1300位だったのみでなく、反対がわもそれほどの費用がかかるといわれての相談でした。 当院の治療費は$300プラスで終わりました。 と同時にこの日系歯科医に施された不要のシーラントは外しました。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:19 | comments(0) | - |
治療を始めてから途中で抜歯と言われる。話が違う場合には用心。
JUGEMテーマ:健康
  こんな経験をお持ちの方も多いのではないかと思います。例の理不尽なクリニックの所業です。
 先日いらした患者さんでした。例のクリニックで神経治療を始めたのですが途中で今の治療より抜歯が必要と言われました。 疑問を感じて患者さんは来院されました(注ー1)。 拝見すると抜歯の必要は全くありません。
 
 お分かりでしょうか? この経緯についておかしな事に気づいてください。 抜歯が不埒な行為で有る事もさながら、もう一つおかしな事に気づいてください。 
 それは歯科医は事前にどうすれば良いか見極める事が出来る事です。 歯科はどんな場合でも最適で必要な治療の種類(方法)は限定されているといえるのです(注ー2)。
 100%確かな診断が不可解な場合でも事前に可能性のある診断を患者さんに提示出来ます。またそうする事がこの国では歯科医の義務でもあるのです。 つまり思ったより悪い場合、また最悪の場合をも考えて事前にそれを患者さんい提示する事が出来るのですから、その後に了解を得てから治療を始める事が義務となります。
 この患者さんの様に言われてなかった抜歯に治療(診断)が変更された事には疑問を持ち、すぐさま他の歯科医に行く事が大事でしょう。 抜歯されたら取り返しはつかないのですから。

 また、「やってみないと分からない」と言う歯科医もいますがこんな場合にも注意が必要でしょう。理由は上記しました。
 例のクリニックでそんな内容が記載された文書(治療計画)を患者さんがお持ちになった事は何度もあります(注ー3)。 
 これは歯科医の至らない所業です。 知識の欠陥や思慮の欠如、義務の怠慢、または虚偽ともみなされてもこの国の法廷では仕方が無い事なのです。なぜなら貴方と同じケースの前例は数知れない程あるのであって、想像できない事態なんて無いからです。つまり、歯の中の状態も事前に予想が出来る事が本当である事をお知らせします。 

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.この人のかかった歯科医は韓国人です。日本語が通じるからと思ってつい信じてしまったのです。
注ー2.歯科治療とは工作のような修理、修復でしかありません。どこがどういう風に壊れているか(腐食か亀裂が多いです)どんな歯であっても事態の可能性は限られているのですから、未知なんて事はありません。
注ー3.そこに記載されていた必要とされていた治療のほとんどは治療の必要はありませんでした。 だた、日本の治療にはこの国の標準に満たない物が多いので、治療が必要と断言する事も間違っていないかもしれませんが、日本ではそれで良いとされるので患者さんにはその由を伝えるべきなのです。 この事については次回にでも記載し、あす。
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:15 | comments(0) | - |
クラウンが半年で取れた場合。 再装着? 再治療? それとも返金?
JUGEMテーマ:健康
 クラウンが半年で外れた方のケース。 
 これは日系歯科医に装着してもらったクラウンでした。 出来は大学でも世間の標準でも不合格のレベルでした。 視覚でもレントゲンでもはっきりと指摘出来ました。こんな経験を貴方もお持ちじゃありませんか? 
  
 さて、ではなぜそのように直ぐにクラウンが外れるのでしょうが、その理由を述べます。
1.削られた貴方の歯の形が適切な形をしていない。歯科医の技術不足かうかつさからのミス。
2.クラウンが歯の形に合っていない(注−1)。
3.接着に失敗。装着の技術的な問題です。キチンと装着し直せば大丈夫。
4.仮着の場合:具合を見る為の試着であり、柔らかいセメントで仮止め(注−2)の歯。
 ですから、クラウンが外れる場合には他院にそのクラウンの出来ばえを見てもらう事も考えて下さい。
再装着してもらっても又はずれるかもしれません、再治療(作り直し)してもらっても同じ歯科医の技術なら、さて結果は?
返金してもらって他院を当たるのが一番かもしれません。


      ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注−1。歯の型を取った(印象と言います)歯科医がミスをしたか、技工士が間違ったかが理由です。
注−2。この国ではクラウンを患者さんに一度試着してもらって納得してもらうサービスを用いる事があります。意図的に軟らかいセメントで一度装着し、歯の具合を患者さんに確かめてもらうのです。そして患者さんの満足を得手から歯科医は本来の一番硬いセメントで装着し直します。 2週間前後から半年位の期間を置けます。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:14 | comments(0) | - |
「専門医」でも全く程度の低い歯科医がいます。 とにかく問題が多いのでご注意を。
JUGEMテーマ:健康
 以前に専門医にもピンからキリまである事は書きました。 また例の専門医です。今回は患者さんに施された不適当な材料の選択、治療の欠陥、倫理的な問題、その後の処置の間違いなどがありますので記載します。

  この患者さんは上顎の一番奥の歯(注ー1)にクラウンを装着されました。その手前の歯にもレヂンというプラスチック(硬質といわれても、所詮はプラスチックで弱いです)の詰め物を入れられていました。しかし数日後には食べ物が詰まる事に気づきクリニックに文句を言い診てもらったら、手前の歯の詰め物に継ぎたし処置をすることによって問題を解決した事としたのです。しかし患者さんの歯には相変わらず食べ物が詰まったり、具合が悪いので当院に相談にいらっしゃいました。

検査の結果、判明した事は次の5つです
1)一番奥の歯の陶器の一部(歯間部)が割れて欠落。クラウンをはずしてやり返すしか方法は有りません。
2)陶器は材料としてこの部位(一番奥)には不適当。瀬戸物は対合歯を磨耗させますので、金属(金または銀)のクラウンが適切。
3)患者さんは材料に選択肢がある事を教えてもらっていませんでした。歯科医はその義務を怠っている事で、規則に反し倫理に反しています。訴訟の対象になります。
4)一部が欠けたクラウンは、やり直す事が正しい処置。なのにこの歯科医は隣の歯を大きくする事によってその隙間を埋めてごまかそうをした。やり直しの追加費用と手間を避け、患者に本当の事を言わずにごまかそうとした事は偽証と言えるでしょう。やはり倫理に反します。この点も訴訟の対象になります。
5)クラウンは歯の全体(100%)のカバーが出来ていなく一部に隙間(欠陥)がありました。そのままでは2−3年後には虫食いが起こっていたでしょう(注ー2)。
6)患者さんはレントゲンを持ってその歯科医院(クリニック)に上記の内容の文句を言うと、相手は認め治療費を返却しました。

さて、歯科医が返金するという事は認めた事であり良かったと考えられるのですが、ここでもう少し深く考えて見ましょう。 この歯科医は歯を削った時点、型を取った時点、またクラウンを装着する時点という3時点で、そのままでは正確なクラウンの作成が不可能である事が判っていた筈で、又判っていなければならないのです。 まして専門医とまで称する輩ならなおさらの事です。 でもそれを承知で事を運び、ばれたら治療費を返すというのはこの歯科医が確実に確信犯である事を証明しています。 皆さんは返金してもらえば良いと考えてしまうかもしれませんが、確信犯である事を考えれば許されざる事である事に気づきましょう(注ー3)。

 とにかく専門医と称する者にはピンからキリまである事に気づいてください。 
この国で専門医とは、一般歯科医から患者を委託されて患者の治療にあたっている歯科医のみを一般に指すのです。
自分から宣伝して患者を募っているような輩は、「専門医として成り立っていない」つまり一般歯科医からは専門医とみとめられない程度の低いもの達が一般治療レベルで仕事をしている事になります。
 学位のともなわない修業証書(Certificate)を得る事は学費を出せばほぼ誰でも出来る事です。卒業試験はないですから落ちる事もなく取得できる証書です。この証書のみで専門医を名乗る事ができるのですが、専門医として成り立つには其れなりの腕と一般歯科医からの信頼をえられてやっと専門医として成り立っているといえるのです。
 専門医を称する歯科医が何人も集まって患者をたらいまわしにしているようなグループは信頼できないという事なのです。確かな一般歯科医は何人もの専門医を知っていて適切な専門医を紹介して仕事を委託できます。 つまり専門医にかかる場合は一般歯科医(General Practice)の紹介によって行われるのが常識である事を知って下さい。程度の高い一般歯科医はそれなりに程度の高い専門医を知っています。 又専門医が他の専門医を紹介するという事もこの国ではあまり進められることではない事も付け加えておきます。   

              ============================
注ー1:上顎の一番奥の歯の治療は比較的大変やりにくく、面倒なため完璧といえないものが多いのです。歯科医の腕と良心が関係してくるでしょう。
注ー2:クラウンと言う物は歯の全体を被せてしまう、冠です。 歯の全体を丸く削ってその部分の全部を技工物で被せます。バイト・ウイングというタイプのレントゲンにはっきりとそれは写る事や、目で確かめられる事も出来たりします。
注ー3:お金を返すという事は認めたことであり、その後患者は訴訟をおこせます。相手は認めているのですから、なおさら勝ち目はあるのです。 この国の仕組みはそうなのです。 相手は日本人がそうはしない事をみすこしています。
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:35 | comments(0) | - |
材料や治療法には選択肢がある事を知ってください。 貴方は其れを選べるのです(改定版2)。
JUGEMテーマ:健康
 皆さんの多くは歯科医の言うままに治療を受けている人が多いようで、私には驚きです。
 
なぜなら、この国では歯科医には患者さんに選択肢(必ず幾つかあります)を提示して、その説明をし、どれが一番か患者さんと相談し、患者さんとの合意の上でしか治療をする事は出来ないとされています。 
 勝手に材料を選んで患者に選択肢を与えないのは倫理に反するのです。 そんな場合で後日、違う材料の方がよいとわかった場合は、苦情を言えますし、相手が受け入れない場合には当局に報告して治療費の返済を求められる事を知ってください。
 
 貴方には必ず選択肢を提示してもらう(自分から求めなくても)権利があり、歯科医には其れを提示する義務が課せられている事を知って置いてください。 後からでも文句を言えるし、当局に報告も出来るのです

 前回にも書きましたが、一番奥の歯の治療(修復)には気をつけて下さい。磨耗しない金属が一番です。 これは世界的に著名なゴードン・クリスチャン先生も私と同意見です。 でも、最近フル・ザルコニアのクラウンならOKとなりましたので、白いクラウンなら瀬戸物じゃなくフル・ザルコニアである事を確かめてからにしましょう。

追:彼とは意見があうので折が有る度に色々な情報を確認させて貰っています。
 

 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:06 | comments(0) | - |
全く治療過程を取り違えている歯科医の間違い。(今回は日系)
JUGEMテーマ:健康
 ある歯科医の診断とその後の治療予定過程大きな間違いがある事を指摘します。

 この歯科医の診断は『歯にヒビがはいっている』で 治療予定は 1.神経治療 2.ポスト 3.クラウン 4.それでもだめなら抜歯でした。
患者がの訴えは『固いものを噛んだ』、『大きな痛みが出た』、『その後も痛みは和らぎながらも咬むと続いている』。
で、この治療は全くおかしな話である事を指摘しましょう。

まず考えられる疑問は本当にヒビがはいっている事を確認したのでしょうか?という疑問でした
ヒビを実際に見たのでしょうか? 
私の診察ではヒビは見えませんでした。 
この日系歯科医の診断は確信を得た上での物では無く推測でしかなかったのですね。 患者さんはヒビを見せて貰ってはいませんから(注ー1)。

ここである事実を書きます。 それは幾人かの歯科医が痛みの理由が判らないときに『ヒビがはいっているに違い無い』 という理屈を述べて神経治療をしようとする事実です。
 
 痛みの理由が分からないと『ヒビが入っている』という診断をする事はこれらの歯科医の常套手段でもあります。
間違いであっても神経を取れば痛みが無くなりますから患者も納得する事があるのですね、また保険が80%払ってくれれば患者も受け入れやすいし、歯科医には収入になります。 『私には解りません』では患者さんを満足させられない(痛みを取れない)ので収入ゼロであるだけでなく、それでは患者は離れてゆくでしょう。 苦肉の策でもあっても最低限患者の痛みをとる事が出来るのですから何とか患者に満足(痛みを取る)してもらって、全力を尽くしたがそれでもダメだったというような説得をしようとするのです。 
ヒビがはいっている、神経が冒されている、保険対象になる。 患者さんも何となく納得してもらえるという事ですね。 
でも誤診である事がほとんどですから注意が必要です。 無意味に神経を取られたら(神経治療と日本語では言います)歯の寿命が減る事が多いし、また神経治療後の治療費がもっとかかる事を考えて、誤診がどれ程患者にとって高くつくかを考えてご注意を。

 さて上記の歯科医の治療予定は理屈に合わない事を指摘しましょう。
 
1) ヒビによって神経が冒されて痛みが発生しているのなら神経を取れば痛みが治まるという考えは正しくても、第一の原因であるヒビに関する対処が行われてない事。 神経治療をしている間にもヒビは進行してしまいます。 ここが知識が欠如している歯科医の間違いであり、まず営業を先に考えている姿勢である事が分かりますね。
2) ヒビを対処するにはクラウンを被せて(歯の全体を包み込む)ヒビ割れの進行を阻止する事が第一です。 ヒビが理由なのですからヒビを抑えてしまう事によって痛みが無くなる事を目標とするのが正しいです。 
3) それでもヒビが進行してしまえば神経治療をしても同じ事で、歯が割れてしまうので抜歯となるのです。

 ヒビが入っていると考えられる場合にはまず確認が必要です。 この歯科医のように推測、他に理由が見つからないからヒビかもしれないなどという屁理屈は間違いなのです。
ヒビが確認できればヒビの程度から抜歯か、ヒビの進行を阻止出来るかが判断できるのです。 
クラウンを被せる過程に置いて、歯の全体が見えるのでヒビの確認が出来ます。 目で見て確認してヒビであるといえるのであって、虫食いがないのに痛みがあるからヒビに違いないと言う歯科医殻はすぐさま『失礼』と言って退去して下さい。 

追: この患者さんはクラウンをする過程でビビわれはみつかりませんでした。 クラウンを被せてから痛みはひきました。 神経治療は必要では有りませんでした。
 
 
          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1.歯科の問題は全て物理的な現象から来る物ですから、歯科医は患者に鏡を使って直接見せる事が出来ます。 歯科医の中には口腔内カメラを持っている者も多いので納得がゆくまで見せて貰う事を要求してみましょう。。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 18:06 | comments(0) | - |
シーラントの人気の理由、でもその効果は実際には無いかも?
JUGEMテーマ:健康
 シーラントという物は虫歯の予防に良いというのが一般の認識でしたが、そうではなかったというのが最近アメリカで発表されています。 
シーラントの50%には虫歯が出来ているという事が判ったのです。Dr.Gordon Christiansenというアメリカ歯科学会の第一人者の一人の発表です。
 手前味噌になりますが、私は開業した時から疑問をもっていたのがやっと認識されたのです。

 さて、シーラントについてです。
シーラントとは新しい歯が生えてきた時にのみ装着して効果があるものです。
この6歳臼歯という4本にはぎざぎざの溝が多く、また年齢的に清掃(ブラッシング)が十分に出来なためにするものです。 だからと言って誰しもが必要ではありません。 中には溝が深くない歯をもっている子供もいるからです。
 そして又、無意味な場合を記載します。 それはそれらの歯が生えてから時間が経ってしまうと歯の表面に見えないゴミがしみこんでしまうで、シーラントがうまく付かず、ゴミの溜まったうえに装着してしまうという逆効果がある事です。
 8−9歳の子供では遅すぎるので装着しないで良いでしょう。虫歯を定期的にチェックする事のほうが大事です。 虫歯が出来ないタイプの歯でもシーラントのせいで虫歯になる事がある事もしってください。

追:どうしてもシーラントをするなら歯の表面をすこし削ぐ事によって表面をフレッシュにすればできます。 そして通常のシーラントというやわらかいレヂン(プラスチック)の使用じゃなく、ナノ・フィルという大人用の物をシーラント風に極細に流し込めばよいでしょう。 歯科医の最新の注意と技術が必要で、さてきちんとできる歯科医はどれくらい存在するでしょうか疑問です。 普通の詰め物と同じような者となります。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:04 | comments(0) | - |
治療後に起こる事によって分かる歯科医の腕や倫理やその人格。
JUGEMテーマ:健康
前回は治療後に痛みがでて更に違う治療が必要になったケースで, 誤診または歯科医の腕が問われる事を書きました。

今回は治療後に起こってはいけない事なのに起こりうる事態です。
A何も起こってはいけないと思いましょう。治療後は快適で無意識である事が本当なのです。
『慣れないから』というのは歯科医の言い訳です(注ー1)。すべてが正確ならその日の内快適であるべきです。正しいのなら。
B.起こってはほしくない事が起こりそうな時は歯科医が事前に貴方に通告しなければなりません。 『そんな事が起こりえるので、その場合はすぐに連絡をしてください。すぐに処置、対応します』と。

よく起こる事の例です。
1)しみる(冷たい物):これが起こらない処置が出来るべき
2)熱いものに痛みを感じる:大変です。誤診・誤治療の可能性大ですから、問いただしましょう。
2)じっとしていても痛みがある:大変です。すぐに報告してください。
3)噛むと痛い:高さが間違っています。すぐに報告して調節してもらいましょう。。
4)噛みにくい:高さやスライド(あごを動かす時)に問題あり、すぐに報告してみてもらいましょう。
5)あごが疲れる:やはり3)や4)と同じ理由です。
6)食べ物がはさまる:歯科医の間違い。
9)歯茎が腫れる:とんでもない事です。歯科医の見立ての間違い、治療の間違いです。
10)舌や頬を噛む:歯の形が間違っている。
11)その他色々あるでしょうが、すべて歯科医の間違いです。 貴方のせいじゃありませんので、すぐに文句を言って診て貰いましょう。 で、その歯科医が認めなく貴方のせいの様なはぐらかしをするなら、考えて見ましょう。 追加料金なんてあるのならもっての他です。 誤診・誤治療なのですから。その人の倫理や人格の問題でしょう。

注ー1.日本の保険の治療ではよくあるでしょう。 それはずさんだからです。歯科医が得られる保険料は非常に少ないので、きめ細かい処置を怠るのです。時間が経てば歯を動くのでなれてしまう、、というか歯が勝手に合わさるように動くのです。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 18:47 | comments(0) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode