Page: 1/4   >>
被害の報告が減ったのは2年半ぐらい前から。

JUGEMテーマ:健康

 

 被害の報告は20年近く記載してきました。 毎年10数件あったとおもいます。

 でもこの2−3年は少なくなってきている事に気づかれるでしょう。 私がブログで報告してきた数から明白ですね。

2015以前: 10プラスの数。

2016: 約10件。

2017: 数件。

2018: たった2件

 

 とにかく被害の数が少なくなったので嬉しく思っています。皆さんがやっと注意をするようになったのでしょう。 ょい事と思います。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 22:45 | comments(0) | - |
神経治療は稀です。   其の3.

JUGEMテーマ:健康

 

 今週の神経治療の患者さんは一人でした。

 

 ある歯科医院では神経治療の専門医を抱えている、備えているなどとの宣伝があります。 これはおかしな話です。 理由を考えて見ましょう。

 一人の歯科医が診る患者さんの中に神経治療が必要な患者さんは稀で、毎週に一人か二人前後です。

 つまり、一人の歯科医では委託する患者の数は少なすぎて専門医に数多くの治療を委託は出来ません。 ですから専門医を抱える事は出来ないのです。 

 

 一般歯科医が神経専門医に委託するのは毎週1−2人、多くても3人。 一般歯科医院で神経専門医がいて生計をなしているなどとは不思議な事となります。 ですから、この専門医はあちこちの歯科医をまわっている事が多いでしょう。すると専門医を常備している様な宣伝には載せられない様にしてください。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:41 | comments(0) | - |
神経治療は稀です。  其の2.

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療とは歯科医にとっては安易な手段です。痛みを抑えるには最高に便利な手段です。

 患者さんも痛み抑えられる治療ならと思ってしまい治療を受けてしまっています。

 でもここに大きな間違いがあります治療は避けられる事が殆どです

 

 痛みイコール神経治療なんて事は間違い。どこかの歯科医院の常套手段ですのでご注意を。。

 歯科医の言う事が「必ず正しいと考えてしまう」と間違ってしまいます。歯科医の診断はそれぞれ違う事が多い事を知りましょう。。

 

 神経治療が必要な時とは余程の痛みが有る時のみです。 

1.痛みが鎮痛剤でも納まらない程の時、

2、痛みが次第に増して止まらなくなった時、

などと、どうしてもダメとも素人でも考えられるような時のみでしか必要としないのです。

 

でも多くの歯科医はそれを逆手にとって神経治療が必要を決めつける事が多い。

痛いのですから、貴方を説得できる安易な方法なのですね。 多くの歯科医がしている事です⦅注ー1)。

 

 神経治療が本当に必要な人など少ない事を知って下さい。例え痛みがあってもそれは神経治療が必要と言う事では殆どの場合違うでしょう。 

 

   −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1. 神経を助ける事は技術があればできる事が多く有ります。 ただそうする事には技術のみでなく良心や手間がかかるのです。 大概の歯科医は簡単て手間取らない方法をとる、つまり神経治療です。

 

追: 何処かで通訳をしているおばさん、貴方のボスの歯科医が不必要な神経治療の診断して貴方が患者さんに通訳してしまっていませんか? それなら貴方は日本人患者さんに役に立っているとは考えられませんね。 貴方不埒な歯科医の役にたっているだけで、日本人患者に被害をもたらす歯科医の手先とも考えられる事を知りましょう。。

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:35 | comments(0) | - |
神経治療を仄めかされたら考え直そう。  #2.

JUGEMテーマ:健康

前回は事前に神経治療と仄めかされた患者さんでした。症状からはそんな事などは考えられないのにです。

では、神経治療が必要と事前に診断出来るのは次の様な時でしょう。

 

1.痛みが少しずつ大きくなってきた: でもまだ大丈夫かも、、、

2.鎮痛剤を飲んでも治まらなくなってきた: でもまだ足るかる可能性は技術によって可能。

3.ドクン・ドクンと鼓動を打つようになってきた: 技術があれば助かる可能性は残っています。

4.我慢出来ない程の痛みが続いた: まだ大丈夫でもある事が多いですがやはり技術が必要。

 

などが事前に神経治療の必要性が伺われる時です。

前回の様な場合には神経治療など程遠い症状なのに神経治療を仄めかす歯科医は注意するべきでしょう。

削られると「やはり神経です」なんて言われるのが一般でしょう。 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:54 | comments(0) | - |
神経治療を仄めかされてら考え直そう。   #1.

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療をほのめかされた人がセカンド・オピニオンを求めて来院されました。 事前に患者さんが取り寄せて下さったレントゲンからはそんな様子はありませんでしたのでおかしい事は事前に推測されました。。

 

 患者さんにはまず痛みの内容を詳しく伺いました。

質問: どんな時に痛みますか?

患者さん:「食べ物を噛んでいる時に痛みます」

質問: 「痛みは噛んでいる時にだけに瞬間的に起こるのですか?」

患者さん:「そうです。噛んだ時だけです」。

質問: 「鋭くなく鈍痛の様な物ですか?」

患者さん:「そうです」。

 

 以上の質問だけで歯を見る事をしなくても理解が出来ました

1、神経治療は必要ない

2、「詰め物が緩んでいる」か「かみ合わせが悪い」が理由。

拝見すると、緩んだ詰め物。 新しい詰め物で完治。

 

痛いか神経治療などと仄めかす歯科医には警戒が必要です。 そんな事には程遠い問題でも神経治療に誘導されかねません。

 

追:神経治療については過去のブログを参照して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 06:17 | comments(0) | - |
又神経治療の相談でした。

JUGEMテーマ:健康

 

 いつもは「検診とクリーニング」で終わっていたのが今回は突然に神経治療が必要と言われた人からの相談でした。

 拝見すると神経治療の必要など全くありません。 事情は次。

 

 この方はいきなり麻酔をされて歯を削られ始められました。

 あわてて「応急処置だけにしてください」と訴えると削る事をやめてくれセメントが装着された。 

 帰宅するとその歯に今まで無かった痛みが多少感じる様になりました。 おかしいと感じました。

 次が事実の詳細でしょう。

 

1.痛みもなく、根拠もなく神経治療をと言われておかしい。 

2.削った後に今まで無かった痛みがでた。

3.次回のアポに行けば痛みが理由で神経治療をされかねないと考えてネットをみて当院に相談にいらした。

 

 全く神経治療などは必ではありませんでした。 それより応急処置としてのセメントも高すぎでした。除去すると痛みは無くなりました。

 以上の事から本当の事が理解出来るのではないでしょうか?

1.全く痛みがなかったのに神経治療が必要と言われたがそんな必要は全くない。

2.応急処置をされた事によって今まで無かった痛みが出た

おかしいですね。 ご用心を。

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:04 | comments(0) | - |
やはり神経治療の相談が多く出てきました。

JUGEMテーマ:健康

 

 最近に神経治療の相談が又続けてありました。 疑問をもっていらした方の全ての人がその必要はありませんでした。

 注意が必要ですね。

 ではそんな歯科医が多くなった理由は次でしょう。

1.歯科医の収入が激減している

2.何とか患者を説き伏せて神経治療に持って行ければ収入になる。

3.神経を取ってしまった方が痛みがなくなりその後に問題が起こらない(注:近い将来は良くても後には問題が出る)ので理屈が言える。

4.保険も80%払うので患者の負担が少ない。

 

そんな不埒な歯科医の言いぐさは次(患者さんからの報告)。

1.「詰め物が下に虫食いがある」と主張(歯科医の常套手段のひとつ)。

2、削れば神経に達してしまう。だから最初から神経治療をしましょう。

3.痛いのは神経です。 

 

全くいい加減である理由。

1.神経治療とは痛いからする物ではありません。

2.神経自体がばい菌に全く侵されて死んでしまいそうになった時点で必要となります。

3.痛みが多少の場合はまだ神経が元気だから痛むのです。神経は元気。つまり神経治療はいらない、保存できるのです。。

3.本当に必要な場合、確実に必要な場合: 1)一夜どうしても我慢出来ない程の痛みが有った

                     2)現在痛く痛くで我慢できない。痛み止めをのんでも聞かない、ドクンドクン。。

                     3)歯を触っただけでとても痛い。ちょっとじゃない場合。 ちょっとだと大丈夫。

 

 神経治療は必要でない事が多いのです。確かな歯科医に診てもらう事で被害が避けられます。 

 多少の痛みなら歯を触らせない事が大事です。 なぜなら削られると神経に達するまで削られてしまう事が多いのですから。

 つまり、そうなるともう神経治療はさけられなくなるのです。

 げずられない事が第一の用心です。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:28 | comments(0) | - |
被害が避けられた人。

JUGEMテーマ:健康

 

 前歯が外れた人でした。

 訪れた歯科医での診断は「神経治療もだめだし、歯も腐っているから抜歯してインプラントが必要」とでした。

 歯は其の時点では元に装着してもらえました。 ダメと言われた歯に差し歯を再度装着できたのです。 

 よって、疑問を感じて来院されました。

 事実が判明。

  1)神経治療は大丈夫で維持できています。

  2)歯は腐ってもいませんでした(注ー1)最低でも数年は持つ状態でした。

  3)再装着して終了。

 

 被害が避けられました。

 

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−「

 

注ー1.神経治療した後に起こる事で大事な事は歯が乾燥する事です。乾燥すると割れやすくなります。と同時に歯(根の分部が多い)ですがもろくなった姿になる事も多いです。 そんな様子からこの歯が腐っているからだめだと決めつけられたのでしょう。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:10 | comments(0) | - |
神経治療は必要でないかも。   其のー4 (痛み)。

JUGEMテーマ:健康

 

 「痛いなら神経治療」とは恐ろしい診断です。 そんな診断をする東洋人歯科医多いと思われる事が報告から理解出来ます。

 

 痛いから歯科医に行くのですね。 ではその痛みがあっても殆どの場合には神経治療は必要でない、また必要ともおもわれても技術をもってすれば回避出来る事が多い事を知って下さい。 歯科医の技術、良心などが関係するでしょう。 次に痛みは殆どが神経治療が必要ありません。 

1.沁みる。冷たい物、、、、、 まず大丈夫でしょう。

2.沁みる。熱い物、、、、、  痛みの加減が問題。 とても痛いなら多分必要の場合ですが、それ以外もある。

3.食事時に痛む。噛んでると痛み出す、、、、かみ合わせでしょう。

4.食事で噛む度に痛い。。。。。。かみ合わせですね。

5.昼間に突然痛み出す。。。。。。既存の神経治療が悪化した場合のみ再治療が必要。 生きている神経なら大丈夫が多い。

6.痛みだしてもしばらくすると治まる、、、、、まだ大丈夫でしょう。

7.数週間まえから痛みだしたが、今は収まっている。。。。。難しいかもしれませんがまだ可能。。

8.一晩眠れない程痛んだ、、、、、多分ダメでしょう。神経治療が必要

9.歯ブラシが痛い、、、、、、、、知覚過敏。 神経治療なんてとんでもない。

 

つまり、「痛い」と言う事と「虫歯」とは同義語では無い事。「痛い」から「神経治療」とは違う事を知ってください。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:15 | comments(0) | - |
神経治療は必要でないかも。  其の―3. (レントゲン映像)

JUGEMテーマ:健康

 

 レントゲン映像「レントゲン映像のみで虫食いの影が神経に達しているから神経治療が必要」と言う歯科医には注意が必要です。

理由: レントゲン映像は歯(3D)を平面(2D)に映した物でしかない。虫食いは神経の向こう側だとあたっているように写る。

コメント: 虫食った部分が神経の後ろ側にある事も可能な事を考慮に入れず、最終診断をする歯科医には疑問。

 

正しい事実: 痛みやその程度、持続時間などを詳しく考慮して考えてくれるかを観察しましょう。 神経は露出していても助かる場合が多いのでそんな相談にのってくださるでしょうか? 

  

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:59 | comments(0) | - |

Calendar

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)
  • 私のブログ訴訟に持ち込まれる可能性が大。 その理由と私の意図。
    金原亭馬生 (07/25)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode