Page: 1/1   
歯槽膿漏にはまちまち。 治らない, でも止められる?

JUGEMテーマ:健康

 

種類を述べる前に、歯槽膿漏とはほとんどが治らない物である事を知ってください。

でも、多くの歯槽膿漏と判断される物の多くは本当の歯槽膿漏ではない事を知って下さい。

多くは、歯槽膿漏の形をしているだけで本来の歯槽膿漏ではないのですから、注意が必要。

 

今回はまずまずその種類から記載します。

1.本当の歯槽膿漏。 心配ですね。 なかなか進行を止める事が出来ません。

これは歯茎がこけているとか腫れているとかのみじゃありません。一部分ではなく全体の歯に起ります。 奥歯の全ての場合が多いです。 体質からの事でもあり、普段の歯の手入れにかんする生活様式(注ー1)が問題の場合もあります。

 

2.歯茎が痩けている。外観からの判断です。 

ある日に突然気づいて驚き慌てる人がおおいですね。見かけは歯槽膿漏と同じですが歯槽膿漏とはかぎりません。大概がそうではないです。

歯槽膿漏と言う歯科医が多いので注意をしましょう。 歯ぐきの一部(外側のみ)が痩けている理由を分析できれば止められます(注ー2)。 止める事ができればその後に再生を考えられますが、それは歯槽膿漏の専門医と一般歯科医の協力で行われますので、込み入った治療となります。貴方の歯科のいう事をよく聞いて確かめましょう。

 

3.一部の歯だけが歯槽膿漏と言われた。 そこの骨が減少して歯茎もこけている。

そこの歯にだけの理由がある筈。 それを解明する事が今後の再発を避ける事に大事な事です。

解明しなでそこだけの歯槽膿漏治療しても、同じ理由でまた起こります。 

一般歯科医と歯槽膿漏専門医の説明をよく聞いてそんな事を感知しているかを考えましょう。

術後に同じことが起こらないかどうか聞きておきましょう。 歯の状態が同じなら歯茎だけの治療をしても、同じ事が再発するのです。歯並び(角度など)や対合歯とのかみ合わせが理由の事が多いのです。あなたの歯科医はそれを指摘しましたでしょうか?

 

4.歯と歯の間に食べ物が詰まり、歯槽膿漏と判断される。

歯に物が詰まる状態のままに置き去りにしていると起こる事です。原因は物が詰まる事からであり、本来の歯槽膿漏とは違う。

詰まらないように歯の具合を治療する事が一番大事です。 それが起こった理由ですから。 歯ぐきだけを治療しても再発します。。

 

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1: 普段の衛生観念全体に問題があるでしょう。 歯ブラシから、うがい、食生活、ストレス、などが問題となります。 私生活全体が問題ですので、細かく説明が必要かもしれません。後日にでも。

注ー2: よからぬ漏専門が歯槽膿漏治療をする理由でもあります。、注意が必要。 歯ブラシの使い方が悪いので起こる事です。 本当の歯槽膿漏ではない。 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:32 | comments(0) | - |
歯槽膿漏について誤解と心配。

JUGEMテーマ:健康

 

「歯槽膿漏は怖いと考える」人が多いです。 最近日本人に注目されるようになりました。

しかしアメリカでは70年代に起こった現象です。それが今の日本人に起こっているのですね。

説明しましょう。

1.歯槽膿漏には何種類かあります。治療の必要が無い物や治療しても効果が無い物が多い事をまず知ってください。

2.歯槽膿漏で歯をなくす人は少ない。 レベルの低い歯科医に煽られてはいけません。。

3.歯槽膿漏の従来の治療にはあまり効果が無い事が分ってきましたので、治療がだいぶ変わってきました。

4.治療後に痛み(知覚過敏)が増えるケースが多い。

5.最近の治療内容が変わりました。 歯ぐきの手術は避ける事が多くなったのです。 従来の手術は避ける事が良いでしょう

 

つまり、この40年で結果がでて次のような新しい結論になっています。

1、歯茎がこけている場合: 手術治療の必要はない事がほとんど。 歯ブラシ指導が大事。例外は稀にあります。

2.歯槽膿漏で骨が少ない場合: 多くが進行がすでに止まっている。治療の必要なし。衛生指導が必要。

3.人によっては歯槽膿漏は止められない: 手術をしても止められない。 治療、とくに手術は不要です。

4.治療(手術)後の痛み: 手術の事前にそれを聞いて確かめる事が大事です。後日では手遅れ。

5.過去の手術中心主義: 効果が一時的でしか無いと判明。現在はディープクリーニングのみで管理が大事とされる。

 

結論: 

1)歯槽膿漏と言われて脅かされて取り込まれないようにする事

2)過去のレントゲンとの比較が大事。 

3)他院にも相談する。

 

追:次回は歯槽膿漏の種類です。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:00 | comments(0) | - |
歯槽膿漏(続きー5): 予防。
JUGEMテーマ:健康

いままで、5回に渡って歯槽膿漏の事に関して書いてきました。で、おわかりでしょか?
 
歯槽膿漏は日本人には以外と少ない事とも言え、有ったとしてもアメリカ人ほどの問題でもない事が多いのです。
個人の衛生観念の至らなさ、日本の歯科医の教育と知識不足による放置、健康保険という安価な治療の際の至らなさ、、、などが原因の多くと考えられます。 決して患者さん自身ののせいでは無い事が多いようです。 つまり一般生活態度や生活水準のなかで全く欠落している政府と歯科学会の指導の至らなさとも考えられるのです。
 
で、それはさておき、貴方に必要な予防を考える事が大事ですが、それはアメリカ人を見てアメリカの習慣がずっと進んでいることに視点を当てて学びましょう。 
アメリカでは当たり前というか、既に一般知識であって予防は 習慣ともなっているのです。
次を参照して下さい。

1.この国では一般人は6ヶ月検診を怠らない事。 一年に2回の事です。 検診のための時間を作る事は当たり前で、クリーニングと虫歯のみでなく歯槽膿漏の検査までするのが歯科医の責任と成っています。 又衛生指導についてはは日本人が考える歯石の除去が大事という事じゃなく、一歩進んで考えて、どうして歯石がたまってしまう、どうしたら蓄積を防げるかという事にまで視点を薦めて指導をしています。

2.アメリカ人の生活様式から学べます。 検診のみでなく普段の衛生感覚を。フロスやウォーターピックの普及を認識しましょう。この国の人達の常識的な観念、身だしなみの一つともいえる衛生感覚に注意を払い見習いましょう。

3.10譴膿特里蕕困鯣瓦事はもう40年異常も前から当たり前と考えられています。貴方のお子さんの物が未だ放置してあるのなら、この国にいる間に抜きましょう。 親知らずが隣の歯の歯槽膿漏を起こす事も多いのです。

4.子供の歯並びに注意するのは10歳までに。 10歳には矯正をするかしないかを決めましょう(注ー1)。と同時に子供にはクリーニングと検診の躾を植えつける事が大事です。 歯並びの悪さは年齢がゆくと歯槽膿漏につながる事が多いのです。

5.歯科治療の粗悪さや食べ物が詰まるような詰物は歯槽膿漏を起こします。

6.奥から2本の歯が一番歯槽膿漏に成りやすいのです。 其処は歯ブラシで掃除が十分には出来ません。とかく前歯にばかり重きを置き、奥歯を軽視する風潮がある日本人ですが、奥歯の大事さを認識してください。 奥歯の方が良く使われるので、悪くなりやすいのです。

初めての検診においてそれまで知らされなかった事を歯科医に聞かされる事は多く、考える事は大事でしょう。だといって、そのまま盲目的に従う事はこの国では安易過ぎる事かもしれません。
この国では多くの意見を聞き慎重に決断する事がさらに大事とされています。 

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−
 注ー1。10歳という生えそろう2年前が理想なのです。1−2−10 2−8−08 2−10−08
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 14:41 | comments(0) | - |
歯槽膿漏の続き(4): なり易い歯とその理由の幾つか。
JUGEMテーマ:健康

歯槽膿漏とは全部の歯に起こる事は少ないです。 どちらかと言うと左右同じところであったり、1本から2本であったりする事が多いのです。 説明します。

1.上顎奥歯の2本(前から6番目と7番目): 奥歯に関しては特に6番目は頬の唾液センのせいで一番歯石が溜まり易いので危険。 この場合7番目も隣接しているために其処へ及ぶ事が多いです。

2.上顎で前から4番目の歯: この歯の前側に部分(3番目の犬歯との間)の形が凹面になっている為に歯石が溜まり安く歯槽膿漏になる事があります。

3.下額の前歯4本: やはり唾液のせいで歯石が溜まり易いので、骨の吸収と歯茎のこける事が多いです。

4.全体の噛み合わせがずれてしまった場合で、一本の歯に力が集中してしまうと其の歯がグラグラに成る(2−12−11)。 7番目の歯に多い(次に4番目)のですが、他の歯にもあります。 例えばの一本の前歯だけが出てくる時などです。

5.歯科治療した後に物がつまところ。いつも食べ物が詰まると歯茎が炎症をおこして骨の吸収につながります。 治療が悪いのです(かみ合わせのせいせ歯が動いて隙間が出来る)。

6.以上の他に、歯並びが重なっている所、歯が傾いている所などは要注意です。とかく歯石がたまりやすく、掃除しにくい所がなりがちです。

以上の例を挙げましたが、他にも色々な観点や原因がありますが今日はこれまで。

追:例外として体質的に歯槽膿漏にならないラッキーな人もいます。そんな方は私の意見には同一視できません。 人は平等にうまれてここなかった、、、なーんて。 
追の追:死ぬまでには総合してみたら平等ではないかとも思いますが、、、、。 と言うのは虫歯の多い人は歯槽膿漏にならない人がおおく、歯槽膿漏の人は虫歯がない事が多いからです。
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:21 | comments(0) | - |
歯槽膿漏の続き(3):治療。
JUGEMテーマ:健康
 
歯槽膿漏の治療はその程度によって違ってきますが今日は軽い物だけに関しての治療を段階的に書きます。
 
1).まず、クリーニングは prohylaxis(略してプロフィー)といいます。 少しの歯石や着色(stain)を取り除き磨きます。 簡単なスケーリングもします。 この時点では治療というより防止です。

2)..スケーリング(scaling)とルート・プレーニング(root planing)と言う歯石除去のみを目的とする治療。 骨の吸収がはじまっている事が多く、歯石も深い所にまで至ってます。 歯のチャーティイングをして一本一本の状態をも見極める作業もします。 治療は2−3度かかることもあり、費用も$1200−1600 程になる事も(注ー1)。 6ヶ月ごとのメインテナンス(maintainance)が必要となります。 終わったら 1) のプロフィーをします。 
歯茎の専門委にしてもらうのが一番よいのですが、一般歯科医でも出来る場合もあるます。

3).一度で終わる歯石除去の場合はフル・マウス・ディブライドメント(full mouth debridement)と言い全体のスケーリングです。 その後の様子を見ます。 $150−200ぐらい(注ー2)でしょうか?

4).これ以上の状態の場合は専門医で 2) をしてもらい、その後の経過によって適切な手術をする事になりますが、最近はなるべく簡単な形の手術で済ます傾向になってきました。 手術の種類や説明は又の時に。

さて、東洋人系の歯科医で使われている妙な言葉を耳にしました。
『ディープ・クリーニング』という説明で、麻酔をしてスケーリングをしています。 
この国では『ディープ・スケーりング』 はありますが、上記のような言葉は使われません。 クリーニングにディープはないのです。 
そのほかには、東洋系の歯科医での歯石の除去がずさんである時が多い事です。
東洋人歯科医のスケーリングには雑な所が多いようです。 これは基礎的訓練と観念が東洋教育では無かったりするのが理由でしょう。 この国ほどには厳しい訓練を受けてこなかった歯科医が多いのでしょう(注ー3)。

まとめますと、一般歯科レベルではプロフィーというクリーニングかトータル・デブライメントぐらいで、治療費は$150−200の事です。
それ以上は貴方との綿密な説明と専門医に掛かるかどうかの判断が必要となってきます。
手術は日本人には必要が無い事も多い事や、控えめにしてもらう事が大事ですが、これについての理由は又の機会に。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1. 治療費はあくまで歯科医自身が決める事で、人によって大きな差があります。 保険会社に請求した時にEOB(Explanation of benefit)には歯科医の治療費と保険会社の集計している平均治療費がでますから、比べてみてください。
注ー2. やはり、あくまで歯科医の決める金額です。
注ー3. 30年近く前ですが、医科歯科大でも生徒は歯槽膿漏に治療の教育を受けていませんでした。 一方の私は4度の手術の経験が卒業に必須で、国家試験でも歯石除去のテスト受けていたので、日本の歯科教育状態に驚きました。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:11 | comments(0) | - |
歯槽膿漏の続き(2)
JUGEMテーマ:健康

近年、歯科のトラブルが多くなったと同時に歯槽膿漏でもないのに不必要な治療ををされている人もあります。治療費を聞いて高額なら治療を受ける前に他を歯科医にも相談してください。 虫歯と違って歯槽膿漏とは時間をかけて起こる症状(病気?)であって、治療を急ぐ事はありません。

では、診断について、、、。
診断はレントゲンで、骨の量を見なければ診断できません。レントゲン検査が必ず必要とされています(注ー1)。
で、歯槽膿漏が発見された時に多くの歯科医はすぐさま治療が必要と言うでしょうし、どれほどのものでしょう。

まず、歯槽膿漏とは歯の周りの骨がこける、減少している状態を見つけて歯槽膿漏という判断を下します。しかし、減っている骨を見て『これまでに減った』『今も減っている』とは判断は出来ないのです。
過去のレントゲンと比べてみないとその進行は何時起こって、どのくらいで進行しているのか、停止しているのかは判断できない事に気付きましょう。 
一連のレントゲン写真の判断では現在の骨の状態しか解りません 現在の状態のみですね。

未熟な歯科医は現在進行中でこれからもドンドン進行すると考えてしまう
キライがあります。すぐに治療が必要だと、、、。 保険の支払いもよいので手っ取り早い営業にもなります(悪徳歯科医の付け入る所)。

つまり、もしも歯槽膿漏が過去に起こった物で現在は止まっているかもしれないと考える事が大事です。現在に進行停止なら、治療はあまり必要となくなります。大事なのは6ヶ月、1年、2年と定期的な観察による比較で判断する事なのです。
もう一つの判断方は歯と歯の間の骨(crestal bone)の状態が鍵でもあります。其処が白い物でしたら進行はしていないでしょうし、少しぼやけていると進行中の可能性が多いでしょう。

未熟な歯科医の無意識、または意識的な誤診や早とちりに引っかからないように注意しましょう。歯槽膿漏は虫歯ではないので、早急を要しませんので、他の歯科医にも相談しましょう。
次は簡単な治療についてです、、、、 

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.歯科の全ての場合にレントゲン検査が必要と言えます。 レントゲンは検査とともに記録として必要とされるのです。 ただ、患者さんは拒否する選択しはいつでもあります。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 00:45 | comments(0) | - |
歯槽膿漏の続き(1)
JUGEMテーマ:健康

歯茎から血が出るのは歯槽膿漏と思っている方がいますが、前回述べたように歯槽膿漏は骨に起こる現象を主にさします。 
歯茎が赤く腫れて出血もする、といった場合でも歯茎が歯槽膿漏になっている(注ー1)と考えるのは語弊があり、間違っていますので説明します。
 
歯茎から血が出るときには2つの場合があります。
1.歯槽膿漏で骨が溶け始めている時に歯茎も腫れていて出血する。
2.歯茎だけが腫れていて、骨は健康なまま。

出血の理由は歯垢や歯石に繁殖するバイキンが骨を侵すと同時に歯茎に感染(infecrtion)するので、歯茎が腫れ気味になり出血するのです。 
ですから、1.の場合は骨が吸収されると同時に歯茎も腫れて出血。 
2.の場合は歯茎が腫れるだけ(gingivitis)。 出血しますが骨は耐久力がある場合で影響を受けずに健康なままの状態。
ただ、2 が 1 に進行する場合もありますから定期てきな検査が必要で要注意。

若者や妊婦には歯茎だけが衛生面やホルモンが原因で、歯茎が赤くなる事もありますが、骨までとける事にはなりません。 若者は成長期にいるわけで、退化しないのですね。

一方、30を過ぎると人は誰もが歯槽膿漏になっていると歯茎の専門医は言いたがり、一理はあるのですが、それは体の退化というか下り坂に差し掛かったと言う事でもあるので自然現象的な事であったりもします。 その程度の判断は歯科医にレントゲンでしてもらいましょう。

どう言う場合でも歯槽膿漏の程度は歯茎では判断はできません。 レントゲンに写る骨の状態での判断が確かで必要です。

では、次回は診断のあいまいさ、原因などについてかきましょう。

注ー1. 歯茎だけがあれていても歯槽膿漏の一種と呼ばれますが(gingivitis)これは骨まで進行した歯槽膿漏 以前の話で、手軽に治められます。 どちらかと言うと前歯槽膿漏のようなものです。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 14:20 | comments(0) | - |
歯槽膿漏とは歯茎じゃなく、骨に起こる問題です。
JUGEMテーマ:健康

歯槽膿漏は歯茎の問題と思っていらっしゃる方が多いのですが、ちょっと語弊があるでしょう。
それは、歯槽膿漏のほとんどが骨の吸収(resorption)と言って歯を支えている周りの骨が溶けるように減って行く課程です(注−1)。 当然歯茎は伴って下がる事になるのです。

歯槽膿漏の原因は単純にのべると、歯石(calculus)や歯垢(plaque)と言われますが、実際は其処に繁殖するバイキンの排泄物が人間には毒素の働きをし、骨の組織のほうが負けてしまって起こる現象です。
ですから、定期的なクリーニングが必要です。 アメリカの保険は年2回は100%のカバーが多いので利用するべきでしょう。 クリーニングの習慣をつける良い機会でしょう。

年齢とともに歯は汚れやすくなり、また体の抵抗力が減ります。 又それまでためている男性が多いので、中年の方は特に注意をしましょう。
 
歯並びや場所によって歯槽膿漏になりやすい部分があります。 年齢によっても違います。 又、血が出るからといっても歯槽膿漏ではない事もあります。 それは次回にまた詳しく、、、、。

                  −−−−−−−−−−−−−−
注ー1. 歯槽膿漏に一つだけ違った種類の物があり、これは歯茎がこけるものです。 これだけは歯ブラシのせいで、別物と考えて良いでしょう。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 12:32 | comments(0) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode