Page: 1/1   
インプラントがダメになる。

JUGEMテーマ:健康

 

 インプラントを理解しましょう。 インプラントとは2つの分部からなっています。

1.インプラント自身は手術で骨のなかに埋め込まれる部分です。 所謂インプラントで歯茎に中にうまっているので見えません。

2.インプラント・クラウン。 インプラントの上にすげられたクラウンです。見える歯の分部です。

 

 よってインプラントがダメになったという場合には2つの場合となります。。

1.の場合にはインプラントがダメになったのですからその上に挿げられたクラウンもやり替えが必要。インプラントをやり替えて貰えますが、骨の再生を待つ事が必要です。2−3か月かかります。

2.の場合は上のクラウンの問題ですからすぐさま作り直せます。

 

つまり、インプラントのやり直しとは二つの場合がある事。

 

皆さんが考えるべきな事は、インプラントでもすげられたクラウンでも寿命を考える事。

歯科医には事前に問い正して置きましょう。「何年もつのでしょうか?」 「ダメになった場合にはどれほどの再コストがかかりますか?」などです。

 勿論いくらかの保証をしてくれるかを聞いて置く事は賢明です。 インプラントは生涯の解決方では無いのです。 再治療が必要になった場合が問題となりるのですから、、、。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:37 | comments(0) | - |
インプラントは良くない。

JUGEMテーマ:健康

 

 インプラントをして貰って失敗した方も過去には多くありました。90年代でした。一方日本ではまだまだあるようです。

ではインプラントが良くないと考えられる理由。

 

1.高額。

2.歴史がまだ浅い。この15年程にこの国では成功率が抜群になりました。でもこれ等のインプラントはこれから15年後にはどうなっているかはまだ確信が持てていない。

3.極少ない事ですが、ダメになった場合の原因が分かっていない。

4.自然歯を失う事には心理的な影響がない事もない。

5.インプラントは良くても歯科医の腕が悪ければ良くない結果が起こる。長持ちしない。インプラントを盲目的に信じる事は危険。

 

 では、もう少し詳しく記載します。それはインプラントは2部分からなっているのでダメになった場合にも2種類の場合がある事を次回に。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 06:26 | comments(0) | - |
インプラントは良い。 

JUGEMテーマ:健康

 

 「インプラントは良いのですか?」との質問が多いです。 答えは勿論「良いです」。

理由は次です。

1.長持ちする。 20年以上、もしかして永久的に持つ事もありえる(注ー1)。

2.虫が食わないので痛みが出る事がない。

3.自然歯に神経治療が必要になった場合はポストとクラウンも必要で総合費用が$2500−5000。同じ費用でインプラントが可能j。もっと長持ちする可能性が高いならその方が良い。

4.この15年ぐらいにインプラントの成功率が100%近くなった。

 

 全く便利な物です。虫歯で悩まされている人にとっては「全部の歯をインプラントに変えてしまえば良い」とも思ってしまいそうです。 多くの歯科医が神経治療の必要となったら抜歯してインプラントをする事を薦めています。

 

 では、インプラントは必ず成功するのでしょうか? また本当に必ず自然歯より長く持つのでしょうか? 本当に良いのでしょうか? 次回です。

 

      −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1.一生持つ事もあると考えられています。でも数年でダメになる物もある事はあるのです。 でも、インプラントは其処にもう一度出来る事も事実ですので、費用がかかっても又歯(インプラント)を再生出来ると言う事は喜ばしい事で良い事でしょうね。。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 06:36 | comments(0) | - |
インプラントの名称。

JUGEMテーマ:健康

 

 インプラントをよく知っていない方が多いので説明。

 

インプラント(IMPLANT)は移植でそこには2部分が有ります。 植え付けるのは歯茎の中に埋め込まれて見えません。歯の根と同じになります。 その上に歯の容をした物を継ぎ足しインプラント・クラウンといわれて歯の役割をします。

 

1.インプラント: 顎の骨の中に埋め込む移植で直径4−5ミリのネジの様な物です。長さは歯の根として8、10、13ミリと色々あります。

2.インプラント・クラウン: インプラントの上部ににすげるクラウンで歯の容をしています。 白でも金属でも出来ます。

 

追。コケシの胴体と頭と同じと考えましょう。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:36 | comments(0) | - |
日本のインプラントが60万円。 でも最低レベル。

JUGEMテーマ:健康

 

 日本から駐在されている方にはアメリカより日本の先生を頼りにしていらっしゃる方も多いです。

 そんな方が応急処置で来院。患者さんのインプラントに気づきました。 

 驚くほどレベルの低い物でした。

 

 

どう説明して良いか困りましたが私の中のインプラント(20前の物)のレントゲンを比較して診て貰いました。違いは明らかです。 ショックを受けたようでしたが、患者さんには理解していただけました。

 

 さて、ここで大事な事は次でしょう。

1.日本ではまだまだ未開地状態でもある。 良い出来の物も多くなりましたが、しとんでもない物まであるようです。 

2.高い治療費。アメリカ並み。でも内容が最低。

3.最新、外国製などの理由で高い治療費が横行。

4.まだ米国のように一般化されていないので、費用や内容に高低があるようですね。 矯正と同じ。 日本では技術が低くても治療費が米国より高い場合がある。

 

 結論。日本のインプラントにはまだまだ気を付ける事が大事。

1。保証を貰いましょう。

2。歯科医の経験の長さも考えましょう。

3.過去の患者さんの例などのレントゲンを見せて貰いましょう。

後は自分で考えて下さい。世の中ですから、処世術でもありますね。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:41 | comments(0) | - |
インプラントのメインテナンスはウォーターピックが一番。 フロスでも?
JUGEMテーマ:読書

 インプラントをしている患者さんが多くなりました。自然歯と同じように使えますから、全く違和感も感じないでしょう。 
インプラント・クラウンでも同じ「歯」だから同じ歯ブラシを使い、フロスを使い、ウォーターピックを同じ様に使って清掃していれば良いのです。 
 ではインプラントの歯にが自然歯とは違う点を述べます。それは虫が食わない事です。 インプラントはチタンという金属で出来ていまして、その上に装着してある物は金属、瀬戸物、ザルコニアで出来ています。よって虫が食うことは無いばかりかゴミも付きにくいのです。 でも自然歯と同じ事は周りが歯茎である事ですね。 自然歯と歯茎の間に隙間があるようにインプラントと歯茎の間にも同じような隙間があります。隙間にはゴミを含んだ唾液が侵入してばい菌が繁殖しています。
 ここの清掃には歯ブラシより、ウォーターピックが一番である事はご存知ですね。 フロスでも掃除はできます。しかしインプランの根の部分は細くて球形なのです。 ちょっと違った形であるし、歯茎も違った形なので難しいでしょう。 ウォーターピックなら一番効果的と言えるでしょう。 もちろんウォーターピックは自然歯にもとても良いので一挙両得となります。

追:インプラントの構造
1.インプラントはチタンで出来ています。顎の骨の中に埋められ、上部の一部が骨から出て歯茎に囲まれています。歯茎に穴が開いたような容で、上から見るとその中にインプラントの頭が見えます。
2.中心部には穴があり、そこに差し込むのがアバットメント(軸、支台)と言われる物で歯茎から延び出してきます。これも金属(チタン、金が多いでしょう)。
3.アバットメントの上部で歯茎から出ていて見える部分がクラウンを被せられる自然歯とほぼ同じ形をしています。ですからそこにクラウン(冠)を自然歯と同じように被せます。 これは金属、瀬戸物、又はザルコニア(注ー1)が材料です。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1:ザルコニアは最近完成したもので、瀬戸物のように白いです。硬さは金属より硬いと言われるほどに丈夫なので多くの歯科医が飛びついています。その上、瀬戸物の様に自然歯を摩耗しませんので奥歯に最適です。 ただ欠点がないとは言えませんので、ザルコニアを大大的に宣伝する歯科医にも気を付けてください。 欠点については次回に。 



 

  
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:37 | comments(0) | - |
ブリッジとインプラントの違い。
JUGEMテーマ:健康
先日、コメント欄にブリッジとインプラントの違いに非常に興味があるので説明して下さい、というリクエストがありました。
でも、これはご自身自体の問題でしょうから、わたしがご返事できるメルアドを記載してください。もちろんその場合には、そのコメントの公開はしません。

では、この二つの概要のような事を記載します。
まず、ブリッジですね。 それは歯が一本ない場合が多いです。 でもその両側(前後)には歯があるのでそれを利用してブリッジという物を作るのです(最近はインプラントをする事によって行わない事が多くなってきました)。
では、ブリッジとはなんでしょう? ブリッジとは橋渡しですね。 つまり、あっちとこっちの間が開いている、つまり、一本の歯を無くして其の両側の歯が存在する時に、その両側の歯を利用して3本の歯をつないだように作って装着する事です。 両側はクラウンという冠になりますので、帽子に例えると三つのつながった帽子の両端には人が被っていて、胴体や足もありますが、真ん中には人がいないので人形の顔だけをを挿入していかにもそこにも人がいる様に見せる作り方です。。 この場合、両側の歯はクラウンという帽子のような冠をかぶせる事になり、治療費は3本のクラウンとなります。

では、インプラントの場合。 歯を無くした(根もなにも残ってない)部分に、新しい歯を作るという事であり、長さ(歯の根の代わりとなる)8−13ミリぐらい、太さは3ミリ半から6ミリぐらいまでの太い棒状のチタンを、歯のない部分の顎の骨のなかに埋め込み、骨と融合させます。 そしてやく3ヶ月後にその上に普通の形のクラウン(歯)をつけるのです。 ほぼ自然の歯を同じ働きをしますので、普段に違和感を感じる事はありません。

で、インプラントとブリッジの良し悪しは又の機会に書きます。

PS. 細かい事は人それぞれですので、レントゲンをメールしていただくか、私のメルアドに直接連絡してください。
コメントをありがとうございます。でもあなたのメルアドがないとご返事ができませんので、必ずメルアドを入れてください(その場合はコメントの公開はいたしません)
私の物は shunzo3@live.com
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:11 | comments(1) | - |
インプラントの専門医はいない、でも専門にしている人はいます。
JUGEMテーマ:健康

インプラントの専門医と言う物は無い事は以前に書いてきました(6-9-10)。
それはインプラントという専門分野がないので、専門職とは認められていないためです。

今後認定された教科課程が指定でもされれば、そう名乗れる事にもなるかもしれませんが、今の所インプラントの専門医と名乗る事は法律違反であって、出来ません。
日本語の宣伝のなかには際どい線にあるものがあります。 インプラントの専門医であるようなニュアンスの物がいくつかあるようです、、、お気づきですか? 
この人たちは専門医じゃないのですからそのつもりで。 この世には一人もインプラントの専門医を名乗れる人は居ないのです。

さて、ではインプラントを豪語(?)している人たちはいつ何処で訓練を受けて、どれ程の腕があるのでしょう? 事実は人様々です。
訓練を歯科大卒業後に大学、病院、または個人の歯科医が提供しているコースで受けて学びます。
3日、1週間、週末2日間を6回、10回、、、、、それぞれ多種多様のコースがあります。 初心者ようのもの、もっと高度なレベル(注ー1)のもの、、、と様々なコースが提供されています。 最近はインプラント・メーカーと歯科医が提携しているコースも多いです。
何処まで勉強するかは、その歯科医が必要、又は希望するだけすればよいのですから人によって技術レベルが違ってきます。
歯科医の腕はわからにものです。 インプラントをする前に、成功率やもし具合が悪くなった時の事などを質問して見ましょう。

               −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1. 本人の骨を使っての移植、人工骨を使っての移植、副鼻腔?(SINUS)のリフト、全歯の復元など複数のインプラントを同時にする方法、、、、など様々な処置が必要な事もあり、インプラント医なら誰でもできると言うわけではないのです。  
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 14:37 | comments(0) | - |
インプラントの薦め。 でもピンからキリまで有ります。 成功の保証は?
JUGEMテーマ:健康
インプラントと言ってもも色々である事を知ってください。
先生によっても腕や信条も違います。 さてそれは置いて、、、、。

この国では15年ぐらい前からインプラントの信頼が高くなりました
最近では歯科学会もインプラント治療を正当な物と認可しました。成功率が高くなった事と危険度がほぼなくなった事に根拠があるでしょう。
現在は簡単な治療法と考えられ、学生にも一般治療の一環として教えるように成りました。
つまり一般歯科医の治療の一環として認められ、一般歯科医の治療範囲として扱われる事が本筋に成って来たのです。
近年の卒業生の多くが(注ー1)インプラント治療の訓練をうけています(注ー2)。

しかし、未だにインプラントに関しては未知の部分が少しある事も事実でしょう。 
不成功なものが少しですが有り、その理由ははっきりとは分っていません。
いままでの歯科治療(処置です)は良し悪しがあり、出来不出来という目安でその持ちや具合がきまりました。 しかし、インプラントに置いては成功か不成功というゼロか100%と言う物なので、うまく付かない時には直ぐやり直せる歯科医出なければなりません(注ー3)。

最近では全く安いインプラントもでてきました。 ラジオで宣伝しているインプラント・センターなどがそうです。 ブランド以外のものが安価で手に入るようになったのです。 
従来の半額以下の物もあります。 しかしそれらの診療所での成功率はいかがなものかは少し疑問が残ります。 ダメだったときにはやり直しがきくのでしょうか? 無料で? 

これからも、どんどんよくなって行きますから心配は無い治療です。
歯科学会も認めているほどに進歩し、今日では日常茶飯事ごとです。
インプラントが良い、、、インプラントは駄目と言うような良二つに一つの選択法ではなく、自分の骨の状態や先生の信頼度などを考慮に入れて、正しい選択が出来るでしょう。

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.歯科大では全ての範囲の治療の訓練を受けます。でも全ての治療が自信を持って出来るわけではありません。 開業医は自分が自信を持って出来る治療のみを選び、その他の物を専門医に委ねる事の決断をします。 全ての歯科医がインプラントの治療ができる事にはならないのです。
注ー2.インプランと言っても全てが同じではなく、ひとつひとつの難度が違います。一般歯科医に出来るインプラントは其の歯科医の技量によりますが、簡単な物にかぎられるかもしれません。 一般治療と同じで、難しい物は経験の多い歯科医に頼る事がよいでしょう。
注ー3.成功不成功は最初の1−3ヶ月で判る物です。 一年後にだめになったと言う人のインプラントは最初からだめだったのでしょう。 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:59 | comments(0) | - |
インプラントっていいの?  
インプラントがはやっています。
米国では成功率もここ数年ずっと上がってきたようで、日常茶飯事のようになりました。
でも、まだまだ上手、下手は見られるようですのでご用心。

問題はインプラントではなく先生の腕なのであり、またそのインプラントの上に歯を作る歯科医の腕にかかっていますので上手な先生を選ぶ事が大事です。

さて、そこで考える事は、、、、、

1.必ず成功するのか、成功しなかったら、治療費の返済は?
2.一回目やってだめだったら、やり直せばうまくいくのか、
3.そして2回目は無料なのか、
4.又、何年持つのでしょう?
5.だめになるとしたら、どうしてだめになるのでしょう?

とこんな質問を歯科医にぶつけてみて、反応をみましょう。 貴方が歯科医技量、その他を測ってみる事が大事じゃないでしょうか。

私は10年程前に、二回に分けて9本と3本を入れまして、健在ですが、さてあと何年持つのかというと、分かりません。 そして貴方のものが何年もつのかも。。。。

追 : 最初、一度に13本入れる予定でしたが9本で時間切れとなり、4本は後日2回目の手術で入れてもらいました。上手な先生なので、痛みは2回とも4−5時間だけでした。 そして、1本は最初のチェック(2−4週間後)のときにダメだと判明したので、その場で取替えてもらいました。

追 : そうです、インプラントうまくいったかどうかは大抵すぐに判る筈なのです。
ですから、おかしければすぐにやり換えられるはず。 「一年後に緩んで取れた」という人が何人も居ましたが、それは最初からだめだったのでしょう。 歯科医はわからなかったのでしょうか、又は黙っていたのでしょうか疑問です。

追 : 日本では最近インプラントの事故が多いと聞きました。 むかしの米国はそうでしたし、今でも訴訟は多いそうです。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 05:22 | comments(2) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode