Page: 1/4   >>
神経治療が必要とは?    そのー2. 日本人を対象の被害報告とは? 

JUGEMテーマ:健康

 

 歯科医は「医者」で尊い人で間違いはないなんて考えていませんか? 間違いです。

 

 歯科医とは医師じゃなく商売人でもあります。 この国では歯科医は「医者」とはかんがえられてはいません。 

 デンティストとは商売をしている輩と考えてもよい程の職業です。 イストでしかないのです。 医者とは考えられてはいないのです。

 

 さて、見回してください。 商売目的でしょう。 明らかな事。

 

1.アメリカ人歯科医やその以外の外国人の歯科医や医者が多くいます。自国人が来ていないので日本人を目当て。

2。「神経治療」といわれた人達の殆どはアメリカ人以外の歯科医院で、その必要はなかった。。

 

  以前のブログを読んで下さい。 1000近くのブログを記載してきましたが、その大半は被害報告。 

  20年近くに渡って「神経治療は必要でなかった」事、「虫歯でなかった」などの事実が判明しました。

 

  すべては日本人を対象として開業している外国人韓国人アメリカ人やそれ以外の外国人)歯科医からの報告。

  特に今回私を訴えて来た海外邦人クリニックの二人の韓国系歯科医などもそうです。 

 

 とにかくご注意を。 他院の意見をききましょう。 

 「神経治療」と「虫歯の数が多い場合が殆どの被害です。 

 

追: 通訳を使ってるのはなぜ?と考えて見ませんか? 貴方の為では決してないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:54 | comments(0) | - |
神経治療が必要とは?  そのー1. 歯科医の理由より理屈を考えましょう。 改定版。

JUGEMテーマ:健康

 

 「神経治療が必要」という事にはそれなりの理屈が無ければなりません。

  歯科医が「必要」と言う場合には間違いが多いのです

 

  神経治療が必要とは神経がばい菌におかされてしまって、もう生き述べられない事で有っての事です。

  髄(神経がある)を除去するのですから、もうその髄が生存できないという理由があって初めてする治療(除去)です。

 

 では、間違い不必要な神経治療が行われている理由は次。

1.「痛いなら神経です」という歯科医に従ってしまう。      :間違い。

答え: 痛みは神経が元気という信号です。 健在(注ー1)で戦っているので神経治療は必要なし。。

 

2.レントゲンで「神経に達している」といわれて治療を受ける。  : 間違い

答え: レントゲンは影。達している様に見えるだけかも。まして神経が侵されている事の証明ではないのです。 つまり推測。

 

 以上のような事で神経治療が必要といわれたらすぐさま其処を立ち去る事で被害が避けられます。。 

 特に痛みが無い場合や、たとえ多少の痛みがあるとしても(前回記載)それは神経がまだ健在と言う事でしかないのです。 

 

 神経がだめになる、治療が必要となる場合の痛みは耐えられない程になっているのが本当です。 

 神経が死ぬときですからその叫び(痛み)が耐えられない程となります。

  

 神経が死ぬすでに死んでいる事がハッキリと証明できる確証があってからされるべきであり、上記のような症状では治療が必要という理屈はなりたちません

 

 証明されるまでは治療を控える事で被害が避けれるでしょう。

 

    −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1.痛みがとても我慢できないくらいの場合、ドックンドックンと鼓動を打つような場合、前夜眠れなかった程に痛みが続いた場合などはほぼ必要。 でもそんな時でも助かる事もありますが、ちょっとした技術が必要です。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:48 | comments(0) | - |
神経治療の意味とその後。    そのー2. 死ぬことでその歯の寿命が限定される。

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療で死んでしまいます(前回を参照)。 

 その歯(木)をずっと持たせて歯としての機能をたもたせるには手間と費用が掛かります。 

 死んだ木をそのまま生きている時を同じ様に保つ手段を講じる事と同じなのです。

 

 つまり、神経治療がさけれれ神経が生き続ければ歯はいつまでも生き続け同じ様に機能します。

 木が生きていればいつまでも生き続ける事と同じです。

 

 

  

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 22:22 | comments(0) | - |
神経治療は断る事によって避けられる。   そのー1.被害報告から。

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療の被害はこの20年近く絶え間なくありました(過去のブログを参照して下さい、注ー1)が被害を最小限に抑える事が出来きたのはその治療を断る事でした。断って当院でしらべると、、、、。

 

「他院で必要と言われた神経治療が必要でなかった」。 

 又「虫歯といわれていた虫歯が見つからなかった事」(注ー1)。

 

 つまり、被害が避けられたのはその人が治療を受けなかった事が一番の理由なのです。 神経治療を受けなかった事、虫歯の治療を受けなかった事で「被害が避けられた」のです。

 

 「神経治療」と言われたり「虫歯が10本とか多すぎる」事をいわれたりした場合に治療を受けない事で被害をさけれれてきましたといえます。 その歯科医から立ち去る事で被害を回避できたのです。 過去に被害を避けられた人から見習ってください。

 

注ー1.神経治療。神経治療とその診断のトラブル、小児歯科医とかのカテゴリーで調べて下さい。     

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:56 | comments(0) | - |
「神経治療」には間違い? がある。   そのー1.  レントゲン映像

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療には次の理由が必要です。

 

1)神経が明らかに既に死んでしまっていると判断出来た時: 根の先に黒い影。嚙合わせるだけで痛い。ずっと前から痛みがあった、など明らかに神経が死んでしまっていると患者さんの症状をかんがえて判断できた時です。 又確認には歯を削ってみれば痛みが感じられないと言う事で判断出来ます。 正しい判断です。

2)虫食いを除去した際に、神経が出て来た。よってばい菌がすでに神経を犯してしまっていると判断出来た時(注ー1)。

 

 で、レントゲンの映像から「虫くいが神経まで達していると判断するされた場合です。 

 これは間違いのみでなく、大きな問題です。レントゲンだけで「神経に達している判断する事は出来ない事は明らかです、

 レントゲンは写真であり影。ばい菌は映ってはいません 死の証明も映ってはいません

 

 「レントゲン映像」で神経治療が必要と判断する歯科医は間違っていても平気でしょう、 

  短絡的な考えから営利に繋がる説得とも考えられます。 

  何とか神経を助けるという態度の微塵もないと思えます。

 一歩譲って知識の欠如からくる未熟さとしても、さて許されて良いのでしょうか?

 

  そんな歯科医は過去に何度も記載してきましたので参照してください。 

 

              −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注−1.ばい菌は目に見えないのですでに犯しているとの判断は難しい事です、確証はできません、ありません。歯科医の判断ですが、これについては後日また細かく説明しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:57 | comments(0) | - |
又神経治療の相談です。  4本。

JUGEMテーマ:健康

 

 又ですね。 痛みが有った歯は神経治療をされてしまいました。 其の治療後にいわれたそうでした。

 「後4本の歯に神経治療が必要」だと。

 これはどこかのクリニックを思い出させられる類の事ですね。

 拝見すると1本もその必要はありませんでした。

 

 相変わらずの嘘というか誤診、、、、つまり営業目的でしょう。

 この方はレントゲン映像のみで神経治療が必要といわれていたのです。 

 間違いです。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 12:38 | comments(0) | - |
神経治療は痛みの程度からでも必要性が判断できる。 

JUGEMテーマ:健康

 

 虫食いは進むにつれて神経に近づきます。 すると貴方の歯は反応(痛み)は次第に増します。 次のような経緯が考えられる。

 

1.最初は時折沁みる事に気づく。

2.よく沁みる様になりはじめた。増えた回数と同時にしみる時間が長くなる。

 

3.沁みての痛みが治まらない程に長くつづく我慢してると治まる。

4.突然に痛みが出る様になった。 まだ我慢していると何とか止まる。

 

5.再度痛み出したが鎮痛剤を飲むと治まる。 

6.そのうち治まらなくなって長時間痛みが持続して困る。でもまだ治まる。

 

7.痛みがドクンドクンと鼓動のように痛みが上下して感じる。 なかなか治まらない。

8.痛みがひどくなり一晩寝られない程に続いた。 翌日には治まっていた

9.歯茎にが。

10.歯茎が腫れて痛い。 大きく違った痛み。

 

 以上は色別で記載しました。

 

1ー2。  黒。まだ大丈夫。神経治療は無用

3ー4。  青。良心的な歯科医に技術があれば助かる。 不埒な歯科医は即刻神経治療と言う。

 

5。 赤。どちらとも言えません。 50−50で助かるかも。歯科医の技術。

 

6。 赤の太字。 多分だめですが時折大丈夫な事もある。

 

7−10。 赤の太字下線。 神経治療が100%だ思える

 

 

 皆さんには良く理解できないかもしれません。 

 でも知って置く事は痛みがあっても多少なら神経は助けられる事が多いと言う事。 

 まして今回のように痛みもない歯まで神経治療をしようとする歯科医は間違い、または営業目的が多いとかんがえっても良いでしょう。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 12:12 | comments(0) | - |
又 神経治療の嘘。 

JUGEMテーマ:健康

 

 今回も4本に神経治療が必要と言われて疑問に思った人からの相談がありました。

 でも診断すると神経治療は一本も必要ではありませんでした。

 

 この方が診て貰った歯科医はレントゲン検査のみで神経治療が必要と判断していたのです。大きな間違いです。

 

 1.神経治療が確かに必要かどうかは虫食い部分を除去して見ないと分かりません(次回)。

 2.痛みの程度、頻度、持続時間などからでも大体の事が判断出来ます⦅次回ー2)

 

 この患者さんには痛みがなかったのに、レントゲンのみで診断されていました。

 大きな間違いです。 ご注意を。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:44 | comments(0) | - |
神経治療は稀。  其―4.

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療専門医は一般歯科医から治療を委託されます。

 で委託をする一般歯科医の数は大体40人前後であり毎週一人二人を委託します。 委託を受けた専門医はその40−60人ぐらいの患者の治療をします。

 では、一般歯科医が神経治療の専門医を抱えているという歯科グループの専門医が神経治療をしている数も歯科医一人からの委託ですから毎週1−2人しかありません。

 専門医は毎週一人ではとても生計を立てられません。ではなぜこの歯科医院では専門医の治療がそれほど多いのでしょう?との疑問が浮かびます。

 

 専門医をかかえる歯科医はアメリカではもう存在できなくなり無いともいえます。 でも、日本人相手だとそれが成り立っている事には疑問を持つべきでしょう。 神経治療と言われたら注意する事が大事でしょう。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:28 | comments(0) | - |
虫歯が7つ。でも一つしか見つかりません。

JUGEMテーマ:健康

 

 もう今までに数知れない程記載して来ました事と同じです。 7本が1本だけでした。以前と同じ被害報告です。

 思えば裁判が始まった頃から私が記載してきた被害の報告の数が毎年少なくなってきました。 20件前後から10件前後、そして5件前後から、今年は2件? いまだ時折ある一件が次です。

 

 患者さんが言われた事は次です。

虫歯が7本あり一本は「詰め物の下に虫食いがあるので神経治療が必要かもしれない」と言われたた患者さんでした。

疑問を感じて来院されたのです。 相川らす過去と同じ展開ですね。

 

 もう推測できるでしょう? 過去に数えきれない程にあった事と同じパターンである事が判ります(過去のブログを参照)。 

1.「詰め物の下に虫歯があるので神経治療が必要かも」といわれは歯に神経治療など全く考えらえない程の小さな物でした。

2.残りの6ヶ所の虫歯は見つかりません。何度も検査しましたが見つかりません。

 

追: 半年、一年後にも検査してみれば本当の事が解ります。虫歯は進展しますから、半年後や一年ごにみつからなければこの歯科医の診断が全く間違っている事が証明されます。 半年後と一年後にも報告させていただきます。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:59 | comments(0) | - |

Calendar

1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • 訴訟問題の結果。
    金原亭馬生 (07/29)
  • 私のブログ訴訟に持ち込まれる可能性が大。 その理由と私の意図。
    金原亭馬生 (07/25)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode