Page: 1/3   >>
乳歯の矯正はしない。 

JUGEMテーマ:健康

 

 最近矯正の相談が多くありますので、以前にあったとんでもない誤診について再度記載します。

 

それは5歳半の子供が矯正を受けていた事が発覚した事です。 すぐにやめて貰いました。 必要が無かったからです。

以下を知りましょう。

1.6歳以下は乳歯です。矯正は必要ではありません。

2.乳歯の歯並びと永久歯の歯並びとの関係はないのですから、乳歯の矯正は必要がないのです。

3。ある東洋人歯科医医院の仕業です。 

 

 全く信じられないような事が起こるのです。日本人相手と言う事でまかり通っているのですから万全の注意をして下さい。

 とにかく、お医者さんだからといって盲目的に信じる事から問題が起こっています。 

 治療費が多くかかる場合にはセカンド・オピニオンのみでなく、数人の歯科医を当たって下さい。

 

 日本人を専門に見ている歯科医を数人あたっても同じ事かもしれません、

 大事な事は日本人が全く来ていない歯科医が一番でしょう。 

 そして本当にその歯科医を長年にわたって知っている人を探して紹介して貰う事を考えて見てください。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:35 | comments(0) | - |
被害予防の復習。 そのー3.

JUGEMテーマ:健康

 

 必要の無い矯正もありました

 次の場合には辞退しましょう。

 

1.乳歯の場合。 必要ありません。

2.6−7歳の場合。 早すぎます。

3.前歯の一本のみが内側にある。 自分で治せます。 それでなくても簡単にできます。 $1000もかかりません。

4.乳歯が受け口だったから、、、、といって。 永久歯とは関係はありません。 

 

と言うような事で以前に記載しブログからです。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:26 | comments(0) | - |
前歯が内側にある。 本人が自分で直せます。

JUGEMテーマ:健康

 

 前歯の一本が内側に入っている8歳のお子さんでした。

 他院で矯正$2500が必要と言われました。 日系。

 で、相談にいらっしゃいました(注ー1)。

 

 簡単に直せる物でした。 $2500の一般歯科医の矯正とは驚きでした。なぜかは次です。

1.本人が自分でも直せるものでした。 その指導をしました。 治療費は$0で済みます(注ー2)。

2.簡単な装置をつくって装着すれば2−3週間で直ります。簡単なのです。 治療費は$1000−1500. 

 

 簡単な事を大げさにする歯科医にかかってしまうと無駄な費用を費やす事になりかねません。 矯正医でもない一般歯科医です。 

 簡単なものでも大げさに矯正と称して(注ー3)稼ごうと言う所業と思われます。 ご注意です。

 

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1.この人は他州でアメリカ人の歯科医にかかっていた方でした。其処の歯科医からは矯正の必要性について事前に伺っていた事から疑問をもったのです。 皆さん歯科医を盲目的に信じるのではなく、他院にも相談が大事ですね。

注ー2.Tongue depressor という医者が喉を見る時に使う、平べったい板を使います。 アイスクリームの平たい棒の様な物の倍ぐらいの物です。 それを使って前歯を動かす事が出来ます。 1−2週間でしょう。 出来ない場合は器具を装置すればすぐに直ります。 簡単なので治療費は少なくて良いのです。

注ー3.これぐらいの物は矯正とはこの国では言わず、Minor tooth movement という物です。 矯正とまではいかない物を矯正と大げさにいうこの歯科医には注意ですね。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:25 | comments(0) | - |
矯正は終わっても終わってないかもしれません?

JUGEMテーマ:健康

 

 矯正歯が矯正を終えた時には終わったと思うのが普通です。 見かは良くなっています。 矯正医はするべき事を果たしたと考えられます。 

 しかし歯には一般歯科医から考えられる嚙み合わせという違った大事な視野が有ります。 見かけが良くなったからと言って咬み合わせが正しいとは限らないのです。それは上顎全体と下顎全体の問題や、一つ一つの歯のかみ合わせが将来的に起こす、起こしえる問題があるのです。 噛み合わせとは全部の歯の調和で、それは矯正医にはもう一つ理解出来ない事でもあるのです。

 嚙み合わせを正しく判断出来るのは矯正医では出来ない事でもあるのです。 矯正医以上の知識のある歯科医が判断する事です。

 

 矯正の多くは一般歯科医が事前(8歳、多くは10歳前後)に矯正の必要性に気づけば矯正医を紹介します。そして矯正に満足できる結果を求めています。よって矯正が終わるのは紹介した一般歯科医が満足できる結果を見届けます。

 つまり親御さんが「見掛けがよくなった」「矯正医が終了した」と思っても最終チェックは一般歯科医に診て貰う事が大事なのです。一般歯科医は違う観点からお子さんの今後を考えます。一般歯科医が専門医の治療の結果を判断するのです。

 

 よってです。

 気を付ける事は矯正歯科医が器具を外す前に一般歯科医に診て貰って再確認をしてもらって下さい。。

 器具をはずして終わる前に一般歯科医に。それは念の為でもあり、今後に虫歯をみてもらう歯科医の了解や確認が必要なのです。

 器具は一旦外されれば再度その器具を装着してまでも治療を続ける事はしなくなります。 でも一般歯科医からの指摘が事前にあれば矯正医は協力するでしょう。

 また、リテイナーで矯正を続けているなんて考えてしまっている患者さんも多いです。 間違いです。 リテーナーでは矯正の残りを仕上げる事は出来ません。 リテイナーとは RETAINをする物。 つまり維持する事が目的とされた物です。お茶を濁すような形だけの物でしか出来ませんので、リテイナーで治療がつづいているなんて考えるのはまちがいです。

 

追。 当院では矯正が終わる前に矯正医の見逃した様な事を事前に指摘して矯正医い報告します。良心的な矯正医は私の意見を快く受け入れ協議のすれ快く必要な改良をしてくださいます。 良心的でない矯正医はすぐさま判別できるのです。

 

。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:18 | comments(0) | - |
乳歯をぬけば永久歯が生える?なんていう嘘。

JUGEMテーマ:健康

 

 乳歯が邪魔をしているので永久歯を抜きましょう、なんていうクリニック(歯科医)があります。 間違いです。気を付けましょう。

 

1.乳歯は邪魔をしていません。乳歯は乳歯としての役割を時がくるまで果たしています。 時が来れば自然と抜けるのはご存じでしょう。

2.早く乳歯を抜けばその部分に骨ができてしまい、永久歯のはえるのが遅くなってしまいます。

3.つまり、乳歯は永久歯がもうすぐに出てくるという時点まで残して置くものなのです。

4.乳歯は永久歯のためのスペースを確保しています。永久歯が生える前に抜歯するとその部分のスペースを確保する器具が必要となります。 間違った強制医が余分な余分な器具を使う事(抜歯が理由)によってより問題が大きいように持ち込んでより多くの治療費をえています事に気づきましょう。 

5.早すぎる矯正をうながされて取り込まれないようにしてください。12歳までにいくらかかるのでしょう? 無駄が多いです。

 

追。抜歯が「絶対必要でない」といっているのではありません。時には必要です。それは抜けるべき時点で抜けない時のみであり、その時には永久歯が横から生えて来ていますので貴方にも解るでしょう。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:56 | comments(0) | - |
矯正が終わっても、本当は終わって無い。 注意。(改定版)
JUGEMテーマ:健康
   
 矯正は矯正医がする物ですね。 ですから矯正医から「矯正出来ました、終了です」と言われれば「そうだと」と思っうのが日本人感覚では普通でしょう。 貴方は告げられた通りに「完成、完璧な物」であると理解して納得してしまいます。しかしその矯正は終わっていない、完成していない事が多いのです。 事情を説明しますが、その前に二つの例を記載します。

ケース1:一年前に終わりと告げられた患者さん。当院に指摘された後に治療を継続。半年後にチェック。 まだなおっていませんでした。 さらに指摘。 一年後にやっと満足と思える結果になりました。 オーケーを出して器具を外して終了。 其の後はリテイナーの出来具合をチェックです。

ケース2: 半年前の夏に終わりと告げられました。 当院が不完全と思われる部分を指摘すると、その部分をさらに修正して下さいました。 半年後にほぼ完ぺきとなったのでオーケーを出しました。終了です。 あとはリテイナーのチェック。 

 この二人とも、今回の完成度は95点になっていましたのでオーケーを出しました。
 二人共、矯正医が終了と言った時点での出来は85点ぐらい、つまりB だったのですが、Aにまで引き上げらるまで執拗に要求したので完成しました。 

 ではなぜ、矯正医はB点で終了としようとしたのでしょう?と言う疑問があがります。 難しい問題で議論出来ます。 
考えられる事は以下です。

1)85点でも合格点と言えない事はない。 歯科学界で審議されても「不十分」「未完成」とは判断されないのです。

2)95点(ほぼパーフェクト)まで持って行くには治療期間(約2年)より6ヶ月から1年(上記)という大変長い時間と手間がかかかっている事に気づいて下さい。すなわち矯正医がそこまでする事は営業的ではないのです。
 
3)親御さんに見せて「どうですか、きれいになったでしょう?。これで良いでしょう?」と問います。親が「そうですね」と答えた時点で、この国では「治療が終わり」となります。 理屈は患者さんが「満足」「了解」したと見なされるからです。 この国では患者さんからオーケーをもらえればそれで歯科医はそれ以上の治療の責任はなくなりますから(注ー1)。
 
4)日本人は何でも「言われた通りに納得する」という事は歯科医達の間ではずっと内輪でささやかれて来た事です。 日本人は「とても良い患者だ」「日本人は本当に良い人達だ」なんて言う歯科医はずっと昔から多くの歯科医から聞かされて来た事です。 そこには裏というか、反面が有る事を知りましょう。 

5)この国では貴方が「ハイ」といえば、相手は「これでよいのだ」「満足して貰った」と考えてしまいます。 患者が満足なら良いとです。それがこの国の常識的な理屈でもあるのです。すべて貴方が納得するかどうかで決めてよいとされています(注ー2)。

 患者さんが「ハイ」とか「オーケー」などと言った時点で、矯正医は「本人が満足している」「本人が良いと言った」と言う理屈が成り立ちます。 ですから「じゃー、それで良いのですから終了です」となります。 貴方の「ハイ」と「ノー」が相手を左右してしまうのです。

 ニューヨークという土地柄では、誰もが最小限で最大限の利益を得ようと言う「世界で一番厳しい競争が行われている」所です。 誰もが他人任せでなく自分で確認しなければ、すぐに他人はたとえ歯科医で有ろうともすり抜けるように貴方を後に押しのけて行く土地です。

 アメリカです。 それもニューヨークです。 すぐには「ハイ」と言う前に確認(注ー3)が一番必要な事であり、その方法を考えてください。



 PS. 近日中にアメリカ人と日本人の思考過程の違いからくる行き違いについて記載します。

     −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1: 患者さん自身が判断して、そう答えるとそうなります。 上記のケースを考えれば患者さん自身(親御さん)では判断が出来ない事が理解できますね。 つまり一般歯科医からの紹介でしたら専門医は紹介してくれた一般歯科医の了解を求めますので

注ー2: 相手も誠意が有る筈。一生懸命に尽くして下さった。 などとか思うのが日本人。 そう信じる事が礼儀とかおもうのが日本人ありますが、その礼儀は伝わりません。 そうです、大概は間違いですね、この国では。 その気持ちを持つ事も大事ですが、「ハイ」と言う前に自己確認が必要なのです。

注ー3: 上記のケースは患者さんの親御さんが当院で治療をうけていました。 念のためにご家族の事を伺ってお子さん達が矯正を受けていた事が発覚したのです。一度拝見させてくださいと申し出て発覚した事でした。

 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:42 | comments(0) | - |
不必要な矯正。 無駄な治療と治療費。
JUGEMテーマ:健康

 6歳で矯正をさせられている患者さんが来院。
 驚きました。 必要がない治療をさせられて被害まで起こっていました。つまり施されて言う治療が間違っているために問題が起こってしまっていたのです。 
 信頼出来る、技術のあるアメリカ人矯正医を紹介して診てもらいました。 思ったとうりにこの患者さんが施されていた治療は無駄で不必要である事が確認出来ました。 すぐさまその器具の使用は中止でした。

 矯正は6歳では早すぎる事はよーく考えれば解ります。なぜなら永久歯の数がまだ少な過ぎるのです。

 目的は永久歯の歯並びです。またその数が少ない時点で矯正の必要はないのです。
 もう少し数が増えてから状態を見極める事ができるのです(注ー1)。

 言わずとしてた例のクリニックの悪質な営利目的の所行でしょう。 百歩下がっても誤診でしょう。
 

 どうかこのクリニックにかかっている人はなんの遠慮をする事はこの国では必要ではありません。「もしかして」と考えて他院を訪れてみてください。 治療中でも構いません。 なんの遠慮もいりません。 アメリカ人なら一人の歯科医の診断を聞く前に3軒ぐらい廻ってからと言う事は当たり前の事でもあります。

 必要のない治療を必要と言われたり(過去の神経治療の不要を記載したブログ参照)、すでに施されている治療の間違いなどは他院で診断してもらえばすぐさま発覚するでしょう。

追: この国では一般歯科医が信頼できる専門医(矯正その他)を紹介します。 専門医の技量や良心などを判断して選んでいます。一般歯科医は専門治療はたとえできないとしても、その専門医の技術の判断は出来るので、正しい専門医を紹介します。

         −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1:乳歯と永久歯は関係が全くない事は矯正学会での常識。つまり、乳歯の時点で受け口であったとしても、永久歯がそうなるという理屈は成り立ちません。 永久歯がある程度生えてから診断する事です。


 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:13 | comments(0) | - |
矯正で抜歯が必要な場合。
JUGEMテーマ:健康
 前回の続きです。 前回は抜歯を薦められても出来るだけ避ける事についてでした。

で、今回はどうしても抜歯が必要な事態もある事を述べます。 それは矯正を始めるのがあまりにも遅れた場合で、奥歯があまりにもに出てしまった場合です。 説明します。

 皆さんは前歯を見てのみ見かけでその悪さの程度を判断されると思われます。 しかしこれは素人判断です。 
本当の歯並びが悪くなる理由は奥歯(6歳臼歯)にあるのです。奥歯が前方に出てしまうと前歯のスペースが足りなくなってよって八重歯やその他の問題が起こります。 よって乱食い?ですが、それは前歯自身が悪いのではなく奥歯が原因なのです。

 では、なぜ奥歯が前に動くのかという理由はその前方に残っている乳歯(11−12歳まで)の管理、つまり虫食いや抜歯のままに放置されて接点がなくなりスペースが出来てしまうからです。奥歯がその乳歯の欠けた部分に侵入してきます。一番奥の乳歯でも前にスペースがあると動きます。 でその程度が取り返しがつかない程の幅にまで至と、矯正医はお手上げとなり抜歯するのです。 つまり大人にまで成ってしまった人におおいのです。

 子供の場合に早い時点で8歳ぐらいからの注意が必要です。 遅くとも10歳までに何らかの手を加えれば大丈夫でしょう。ですから、8−10歳ぐらいが一番注意する時期です。 日本の一般歯科医にはその知識に欠けている者も多いので予防(事前の処置)がきちんと行われていないのですね。
 お子さんの歯科医を盲目的に信用するだけでなく、念には念をいれる事も考えてお子さんが10歳に成る前に一度は矯正専門医(注−1)か歯科大に診てもらう用心の大事かもしれません。 日本人が韓国、中国より歯並びが悪いのは生まれつきじゃなく、歯科医が子供の歯並びの予防(事前に処置)の知識が欠けている事や、健康保険がその予防処置を認めていない事などからの放置状態が起こっているからです。 早期の矯正処置が一番簡単で良い結果を生み、抜歯の必要にも至らない用心という物なのです。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 03:20 | comments(0) | - |
矯正で4本抜歯は避けるべき。
JUGEMテーマ:健康

 この国で矯正は当たり前の様に頻繁に行われています(注ー1)。 そしてその多くのケースは4本の小臼歯を抜いて歯を詰め寄せる方法が多ったですし、いまでも多いです。でも最近になってこの方法を見直すようになり『出来るだけ抜歯をしない』事に従事しはじめたのです。
 お子さんが4本抜くように指示された場合には他の矯正医もあたって下さい。 抜歯をしなくてもできる矯正医が見つかると思います(注−2)。 一人の矯正医の言う事を『その方法しかない』と思って従う事は事後に不注意だったと思う事に成るかもしてません(歯科治療の場合も同じです)。 どんな歯科医でも腕に上下がある事に気づきましょう。つまり、その歯科医が出来ない事が出来る歯科医も多分居るという事です

 最近、気づいた事でインヴィザラインという全く違った矯正方法が大きな成果と成功を収めている事実に目を向けてみました。これは大人の人を対象にしていますが、抜歯がほぼありません。という事が子供の矯正を一時的に不完全に終わらせておき(14以下)、大人になってあごが大きくなってから続けるという方法もある事です。

     ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
注−1:矯正とは一種類ではありません。多くの子供ですがそれぞれ個人差があってそれぞれ違う治療がおおいです。
注−2:例外もあり、どうしても抜歯が必要な場合もあるのですが、その理由については次回です。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 01:29 | comments(0) | - |
矯正は何歳から?
JUGEMテーマ:健康
 最近、同じ様な質問を受ける事が多いので再度記載しましょう。理屈を理解できればおのずと自分で判断出来るのので、よく読んで下さい。では。

1.矯正に必要な時間は約2年です。歯の早すぎる移動は問題(注ー1)を起こしますから一定の時間(約2年)が必要です。
2.歯が生えそろう年齢は12歳前後。ですから理屈的に考えると始める適齢期は12−2=10歳となります(注ー2)。
以上が簡単な理屈で誰にでも理解出来るでしょう。 覚えて置いてください。 ではもう少し詳しく。

 で、10歳では大人の歯が上下左右を4つに分けて一方だけを見て下さい。
大人の歯は前歯が2本あります。奥をみると一番奥に一本(6歳臼歯)です。 でも間に乳歯がぬけたりして2本目が出始めているでしょう(出てしまって居る事もあります)。 ですから合計は片側4本です。そして乳歯が片側には2本残っています。この時点が一番適した時点です。
 では簡単な理屈をもう一つ。 
 矯正医は上記の生えている片側4本の大人の歯を正しい位置に動かせば残りの歯の出てくる場所の確保が出来ます。4本を正しい位置に持って行けば後から出てくる歯は自然に正しい位置に生えるしかありません。 簡単な理屈であり、矯正にとっても少ない数の歯を動かすだけで簡単と成る事が理解できますね。
 遅れた日本の中には「全部の歯が生えてから考えましょう」なんていう歯科医も居ます。以上の簡単な理屈を理解できればおのずと子供の矯正の適時がわかりますね。 

                 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
注ー1.あまり早く動かすと、体が不自然と感知し患者の歯を自分の物ではないという反応を示し歯を吸収し始めます。 根の先から始まり、歯が短くなります。抗体反応(?)です。
注ー2:個人差があり、早い場合には9歳プラス。 一方遅い子供は2年ぐらい遅い事もあるので、11−12歳がはじめる時期になります。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:12 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode