Page: 1/8   >>
検診の違いを知りましょう。   其のー1. 日本の遅れと見逃しが分る米国。

JUGEMテーマ

 

 帰国の際に検診と受けていると大丈夫と考える人が多いです。費用が助かるが理由でしょう。

 でも、日本の保険での検診には落とし穴がある事が前回のブログから理解してください。

 

1.日本の健康保険制度では早期発見を目的とはされていない事が事実。

2.歯並びの予防は認められていないので予防がされていない。予防処置なしでより悪い歯並びになっている。

3.治療が後手に回っているので歯はより悪くなってしまう。歯並びも同じで後手となりより悪くなっている。

 

 日本で行われる事は日本なりには正しいです。 でも後手に回っている、早期発見ができない、などは外国を比較する事で明らかになります。進んだ考えもあるのです。進んだこの国での診断を受けてみる事で理解できると思います。 一度試してみましょう。

 

  アメリカの保険は診察費用が100%出る事が多いので自己負担は最小限となります。 ですからアメリカの保険を利用してみれば日本との違いが理解できます。 アメリカにいる間の利用してください。 めからうろこなんてです。

 「治療されてしまうなどとの心配は無用です。 

 検診を受ける事は検診のみです。治療はされないのです。

 

 この国では治療が必要であっても患者さんの了解が必要なので、歯科医は貴方に手を付ける事は承諾なしでは出来ないのです。

 「なんでもイェス」なんて言わないようの。 「ノー」が言えなくても「ウィエイト」とか言う勇気をもっていれば大丈夫です。

 

 日本の様に勝手に治療をされる事はありません。歯科医がドリルをもったら手を口に前にあてて断れば良いでしょう。

 検診はあくまで検診で終われます(注ー1)。歯科医の勝手な行動は許されませんので、とにかく検査の後は治療を一旦辞退すればよいのです。 検査結果だけを記載してもらえば良いです。

 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

 注ー1.検診を受ける事は治療される事ではありません。 検診だけを受ける事ができます。この国では検診は検診のみで終わりますから治療されてしまうなどとの恐れは必要ありません。 検診が一番で、その後に考え吟味する事で解ります。 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 18:02 | comments(0) | - |
健康保険では虫歯を見つけてもらえない。   そのー2. レントゲンが違う。

JUGEMテーマ:健康

 

 レントゲンを撮ってもらうと安心するでしょう。

 でもレントゲンにはいくつもの種類があるので撮ってもらったからといって安心はできません。

 

 なぜなら、それは早期発見に必要なレントゲン保険治療の場合には取ってもらえないからです。

 

 困った事です。日本の検診でレントゲンをとってもらっても早期発見につながるレントゲンは撮られていないのが実情です。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 17:26 | comments(0) | - |
医者でも嘘をつく人は居る。   そのー1. 歯科医では明らか(過去のブログからの証明)

JUGEMテーマ:健康

 

 歯科医であっても嘘をつく人はいます。 証明できました。 

 女医とか小児歯科医の被害報告(過去のブログを参照)から理解できますね。。 

 

 1.ある歯科医院(女医とか小児歯科医)で虫歯と言われた歯が5年たってもそこには虫食いが今でも存在しません。

 この患者さん達は数年前に虫歯を11本してきされました。 そしてその後数年にわたって検診をしてきましたが必要と言われた虫歯が今でも見つかりません。 

 

 2.では、誤診だったのでしょうか? みまちがえたのなら誤診。 でも数年たってもそのかけらにもなってない、見当たらない歯を虫歯と数年前に診断した輩です。 虫歯と言っていた部分にはいつまでも経っても虫歯ではない事から考えられるのはこの歯科医が嘘をついていたと言う事が証明されます。

 

 この女医と小児歯科医の診断とその時点での当院の診断記録があります。 虫歯と言われた歯には未だ虫食いはありません。 神経治療が必要とされた歯にはいまだその必要もありません。 なぜでしょう? 誤診? そんなわけじゃないでしょう。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:16 | comments(0) | - |
海外邦人クリニックが私を訴えました。   そのー2.小児歯科医。ロバート・リムも

JUGEMテーマ:健康

 

 前回のボー・チュンと同じ海外邦人クリニックの小児歯科医。

 ボー・チュンと連名で私をうったえたのですが、彼の訴えもすべて却下されました。

 

 さて、彼が取り上げた私のブログは以下です。 名指しをしていないのに彼も自分の事だと理解したからです。 ではなぜ自分の事だとわかったのでしょう? というのは大きな疑問のみでなく、何かの証明になるのでは? 次です。 太字がロバート・リムに関して。 その他はご存じの女医にかんしてです。

 

 

2010−10−15(リック4こあり)。 2010−06−212010−06−07

2010−04−152010−05−11

2010−04−042010−04−012010−03−09

2010−12−07

2010−02−21 2010−01−252009−07−14(三つのリンクあり)

2009−−6−16.(リンク有)2009−06−23(リンク有)2009−07−05(リンク有)。

2009−02−03  2009−02−182008−11−252009−12−19

2012−09−18(リンク14有)。

2011−02−012011−02−01(別です)。 2012−05−28 

2012−07−052012−09−112012−09−122012−09−17

2012−12−03

 

 まだまだ3分の気任后ちょっとつかれたのであすにでも後の数十件を記載します。 でも、もうお分かりでしょう?

 過去のブログを神経治療とかトラブルとか小児歯科のカテゴリーで検索して下さい。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:32 | comments(0) | - |
スウェーデンでは虫歯が日本の4分の1しか無い。   そのー2. フッ素の効果がある?

JUGEMテーマ:健康

 

 お子さんを歯科医に連れてゆくと、フッ素を塗られるでしょう。 効果があると思ってしまいますが、実際の効果はそれほどでもありません。

1.フッ素は液体を1分間歯に付着させます。するとフッ素は歯の表面に付きます。

2.でも、1ヶ月で取れてしまいます。 つまり、6ヶ月検診の間に守られるのはたった1月。 

3.又、フッ素が塗られたのは表面のみで有る事でしょう。一番だいじな歯の間、歯間部には行き通っていません。

4.歯科医でフッ素を塗られても効果は殆どないのです。

 

 そんな時に結果を出したのがスウェーデンですね。フッ素効果の違いを知りましょう。 次回です。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:48 | comments(0) | - |
スウェーデンでは虫歯が日本の4分の1しか無い。   そのー1. フッ素が歯につくまでには。。

JUGEMテーマ:健康

 

 ガッテンと言う番組でスウェーデンでは日本の4分の1の虫歯しか存在しないとの放送でした。 そしてその理由が次であるとの説明。

 

1.歯磨き粉は2センチ程たっぷりを使う。 歯ブラシ(2センチ程)の全体につける。

2.通常の歯磨きをした後にはつばを吐き出しても、水では濯がない

3.そのままで生活に戻る。つまり、歯磨き粉が歯に、口の中に残ったままにするのです。 

4.水ですすがないうがいをしない事が大事で大きな違いが出たと言う事なのです。

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:45 | comments(0) | - |
宣伝の肩書きには注意。 検索内容にも。    そのー2. ドクターは博士と言う足病学ドクター。

JUGEMテーマ:健康

 

 「ドクターだから博士」だと言って記載しているのはドクター林美香以外いも数人見受けられます(過去のブログ参照)。 

 

  確かに「ドクター」の日本語訳には「先生」の他に「博士」あるのでそのような肩書を記載しても良いという理屈も通るでしょう。 ドクター林美香は「辞書に博士と載っています」といいました。

 では、ドクターと言う称号を持っている人達がすべて「博士」との記載をしてよいのでしょうか? という疑問から考えて見ましょう。

 

  彼女は「足病学」という学校(日本には存在しないし認められてもいない)を卒業して英語の「ドクター」の称号を授与された人物。 日本では足病学(そしてその称号もでしょう)は認めれていないので存在しない肩書きと考えられます。。

 

 彼女はその「ドクター」という称号を日本語に自分が理解するままに「博士」とか「医師」とかと表記している事には誤解が生まれてしまうでしょう。 アメリカの人間がドクターと言う称号を辞書にのっている訳(医師、博士)を用いて記載する事は正しいのでしょうか?

 

 足病学など認めていない国の言葉を訳をした使って良いのでしょうか? まして「 博士」とまで?

 日本語で医師とか博士との肩書きの場合には誤解が生じるのはないでしょうか? 

 彼女はこの国ではドクターでありますが、それは足病学という医学校とは全くちがった専門界でのドクターです。 つまり同じドクターでも所謂日本の医師とは全く違うし、日本で言われる「博士」とは全く違うと思います。。

 

 以上のように同じ事は何度も記載してきましたそして彼女から訴えらました

 でも裁判所は彼女の言い分、訴えをすべて却下しました。

 それを要約すると「私のブログに関しての彼女の言い分が認められなかった」と言う事。

 

 では、だれが正しいのですか? 裁判官が正しい判断をしてくださったと思います。

 

追: あーあ、、、つかれました。 費用もそうでしたし、とにかく面倒な事だったのです。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:50 | comments(0) | - |
宣伝の肩書きには注意。 検索の内容でも。   そのー1(続)。 リテイナー・フィー。無駄かも?。

JUGEMテーマ:健康

 

 弁護士に頼む時には契約が必要。

 リテイナー・フィー($2500−10、000)という金額が請求されます。 

 支払ってから対処をしてくれますので支払う事が必要となります(家賃のデポジットの様な物に似てる)。 前払い。始める仕事の費用にあてはめられます。

 

 でも、ここに落とし穴があります。 それはその弁護士がした事に全く効果が無かった場合でも料金は取られたまま、と。

 

 例えばこの寺井弁護士が林美香の為にした事は私に手紙を書いた事のみでした。通知を受け取ったので私は返事を書きました。 でもその後には何も進展がありませんでした。 内容は次です。

 「訴ったえる準備があるけど謝罪をするなら事が治まります」なんての通知でした。

 私はこの弁護士の論理が間違っている事を指摘して返事を書きました。 論理に間違いがあるので反論し、正しい事を議論したいとの返事をしました。 

 又訴訟専門でもない彼女が実際に訴訟にたずさわるのでしょうか、との質問も同時にしたのです。でもその後の連絡はありませんでした。

 つまり、寺井という弁護士は林美香からリテイナー・フィーを受け取って手紙一本を私に書いた。相談の時間と手紙一本をかいてその後は何もしていません。訴訟専門でもないので訴訟をを控えた、できなかたのでは?

なぜなら後日、他の弁護士から(林美香の)訴訟の通達があったのです。

 

追; 茶番の様な事ですね。 寺井のみでなく林美香もです。

 1、林美香は寺井にリテイナー・フィーを払ったけど訴訟ができない。

 2、裏切られたともかんじた?林は私を訴えるのに又リテイナー・フィーを払わざるを得なくなった(パーク?と科の名前?)でしょう。

 

 先日、林美香の訴え(裁判の前で)をすべて却下。「とるに足らない」と言う言い分と判断されたと思われます。

 弁護士費用が多くかかりました。 林美香によってです。

 

 「いい加減にしてほしい」というのが小生の本音です。 なにが正しいのかを自覚してほしいですね。 事前に。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:46 | comments(0) | - |
治療は痛くなく出来る事。  そのー3. 良い歯科医? (改定)。

JUGEMテーマ:健康

 

 

 では痛い歯科医とはどんな歯科医でしょう。

 

 1.良い歯科医に通っている患者さんは痛みに関しての問題は起こりません。 何の躊躇もなく毎年2回の検診を受けて必要な無痛とも思える程に簡単に治療を済ませます。子供でも躊躇なく通院しています。

 

 2.外国人歯科医に通っている日本人患者さんの多くが痛みが有ったと報告。 驚きです。 遅れている歯科医です。

 

 3.ではなぜその歯科医達で痛みがあっても貴方は我慢するのですか? 

 

 追。痛みがあっても我慢する日本人は便利です。技術のない外国人歯科医などです。 追ってブログします。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:07 | comments(0) | - |
治療は痛く無く出来る事。  そのー2、 技術(訂正版)

JUGEMテーマ:健康

 

 この国では痛みを感じる事なく治療が受けられます。 知って下さい。

 

 この国の人達と歯科医の間では痛みのない治療が求められ来ました。 

 そして現在では痛みのない治療が可能となっている事を理解して下さい。

 無痛に近い治療が常識と考えられて良いのです。 

 技術が発達して出来るアメリカです。歯科治療はほんの少ししか痛みを伴わなく可能になった事は常識なのです。。

 

 と言う事で、貴方が苦しい痛みを感じさせられた歯科医は技術が不足していると考えられます。

 被害報告があった歯科医の治療には1)治療が間違っていた 2)不十分であった、と同時に3)痛みが伴った治療をされた、事も多くあるようです。

 

 愕くのはこの国の常識を逸している治療技術しか携えていない歯科医である事です。 そんな被害報告があるのは東洋人歯科医であり外国人歯科医だったりする事が殆である事に気づかされます。。

 

 通訳を使って日本語が通じると謡ってる歯科医には東洋人歯科医だったり、外国人歯科医だったりします。

 「日本語が通じる」というのは本当に通じているのでしょうか?

 

 またなぜ痛み? なぜ問題が報告される? なぜ外国人

 

 

    

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:06 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode