Page: 1/1   
顎関節症の症状と原因。  そのー2.

JUGEMテーマ:健康

 

 額間接症が頻繁。 次の症状もあります。 痛みがなくても問題のはじまりでしょう。

1.顎がガクガク

2.カクンとかの音と同時にゴトンのような感じがある。顎が外れるのじゃないかとも思う。でもまだ大丈夫。

3.開いた口を閉められなくなったが何とか閉められた。 

4.耳のあたりの関節に痛みの様な感覚がある。。

 

 以上のような症状は顎関節の症状です。 でも原因は歯です。 関節じゃありませんので歯に注目する事が大事dす。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:23 | comments(0) | - |
詰め物。 壁に開いた穴に金属(又は白いプラスチック)の板をはめる事。

JUGEMテーマ:健康

 

 虫歯(虫食い)とは壁に穴が開いてそこを埋めたと言う事です。材料は金属かプラスチック。

 治ったのじゃなく直ったのです。 修理です。

 すると材料によって違ってきます。 

 技術と歯科医の注いだ手間も仕上げに関係します。 理由は次です。

 

 詰め物の周りの境界線には以前以上にばい菌が集まります。段や隙間があるからです。

 食べ物が見えない大きさで溜まります。すると再度虫食いが起こります。 

 これを歯科医は詰め物や技工物(インレー、アンレ―、クラウン)の寿命と言って患者を納得させます。

 

 事実はちょっと違う事に気づきましょう。 寿命は物体じゃなく歯科医の施した技術の寿命でしょう。境目、継ぎ目の出来栄えが関係したのですから。

 

 金属、プラスチック、どちらであってもその境界線には溝とか段が出来ています。 穴をうめて周りとを継いた物でしかないからです。 つまり、材料じゃなく歯科医の技術と細かな手際が物を言うと言う事です。

 

追。金が一番といわれるのは金なら技術をもって一番その境目を少なく出来るからです。 その他には膨張係数が歯と似ている事。ゴミがたまりにくい事などです。

 

  

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 06:27 | comments(0) | - |
白い歯を入れる時は歯をもっと削られる事をしってますか?
白い歯、一般には瀬戸物、ポーセランのクラウンの事を言います。

瀬戸物はガラスのような物です。 粘土ともいえます。 と言うわけで、ある程度かたいものですが弾力性がありません。必要な強度を得る為に厚みが必要になります。 薄いとすぐに割れてしまう事は想像できますね。。。

ちょっと例を挙げます。 植木鉢、茶碗、お椀などはプラスチックの方が薄く作れます。 陶器で作った物はある程度の厚みがあります。 
おわかりですか、、、、歯も同じ事です。 金属で作るより瀬戸物のほうがずっと厚みが必要で、その分歯を多くけずって細くしなければなりません。 貴方の歯は当然小さくなります。

と言うわけで、白い歯は見かけはいいのですが、反面欠点もあるのです。 必要以上に歯を小さく、細くするとクラウンが長持ちしなかったり、歯が折れたりもします。 又、先日あったことですが、神経ちかくまで削りすぎてしまっていた為に、後日痛みが生じたケースもあります。

審美性と機能は反比例します。 美しい物はこわれやすく、機能的なものは長持ちすする事を考えて、材質の選択を歯科医と相談しましょう。 何も言わずに、見えにくい奥に白い歯を入れる歯科医には気をつけたほうがいいかもしれません。

追: 白い瀬戸物の歯には何種類か違った物があります。 この次はそれについて書きます。 


 







JUGEMテーマ:健康


| Shunzo Ozawa D.D.S. | 00:26 | comments(0) | - |
一度治療した歯が再び虫を食う。 雨漏りです。
以前に虫が食って治療した場所が又虫を、食うと言う事が大人の虫歯のほとんどのケースです。 雨漏りと同じです。
 
屋根のある小屋を考えて見ましょう。 屋根は建物を密封するように雨漏りからまもってます。 室内には水は入りません。

さて、ある時、雨漏りが始まりました。 放置しておくと、屋根のすぐ下から腐ります。 
歯も同じ事です。 詰め物や何らかの人工物を入れられて歯の内部に唾液がしみこまないように密封してます。 何らかの理由で、一部が緩んだり、隙間が出来るととそこからばい菌が入り内部を腐らせます。

同じ歯が又虫を食うをいうのは、こういう事です。 

雨漏りがしても屋根が外れ落ちるわけではない様に、歯に雨漏りが始まってもも詰め物は外れません。 建物の外から見るだけでは雨漏りが分からない様に、歯も雨漏りは外からは分かりません。

屋根の内側の多くの部分が腐って初めて屋根がずれたり陥没します。 詰め物も内部の腐敗が広がってから外れます。 詰まり、外れる頃には手遅れの状態が多いのです。

よって、米国ではバイト・ウィングというレントゲンで詰め物の内側を透視する事が基本の検査となってます。 内部をそとから透視して雨漏りの被害の有無を出来るだけ初期に見つけようとします。

残念ながら、日本ではレントゲン検査が行われていません。 レントゲンを撮られても、バイト・ウィングじゃないのです。 治療重視で始まった時代遅れの健康保険の仕組みのせいです。
 
早期発見を重視する米国と治療が後手となってる日本。 日本で治療を終えてきたのに、米国で検診すると虫歯が見つかると言うのはこういうことが多いのです。

追: 何度もいいます。 虫歯とは、ただの物理的な現象なのです。 虫歯は虫に冒されて病気になってるのじゃありません。 雨漏りという、だたの物理的な物なのです。 家が病気にならないように歯も病気にはならないのです。 

歯科は医じゃないのです。 医師じゃありません。 ただの、口の中の大工さんです。 デンティスト、、、アーティストと語尾は同じつづり、、、。

技術のみが良い結果をうみ、観察(検査)の細かさのみが早期発見をし、立派な知識が適切な処置の選択をします。 
病気の様にいつ起こるか分からないというのじゃなく、時期が来ると少しずつ浸透し広がるのです。
分かりますか?

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 15:39 | comments(0) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode