Page: 1/1   
被害をこうむったケースの特徴。 その1.

JUGEMテーマ:健康

 

 今までにあまりにも被害が多くあるのでこのブログを初めました。 でもいまだにその被害は続いています。

 で、今回は一番多い神経治療で2種類あります。 次です。
 

 

A. 神経が生きている場合。1.痛み。駆け込むと神経を取られた。

            2.詰め物が外れた。痛みがあるので神経を取られた。

            3.過去に痛みがあった。神経ですと言われ除去。

 

B. 神経治療がすでなされている場合。神経は死んでいます。 1.根に黒い部分。膿が溜まっている。

                           2.痛みは無くても悪いので神経治療(注ー1)。

                           3.痛みが時折ある。再治療でなおります?(注ー2)。

 

Aの場合。神経は生きている。出来るだけ温存するべきで、出来る事が多い事に気づきましょう。 

   1。痛いのは神経。当たり前(注ー3)。 痛みは神経が感じる物。だといって神経を取る必要と断定する事は間違い。 

    つまり痛いというのは警告。その程度が大事で、その程度によって処置の違いがある。」

   例え: 転んで打撲で痛みがでた。ではあなたのその神経を取らなきゃならないというのでしょうか? 同じ事です。

 

  2。詰め物が外れた事と神経とは全く違う事です。 1と同じように、多少の痛み、しみても神経は大丈夫と考えましょう。

  3.過去に痛みがあった事と神経治療の必要性とは全く違う理屈です。ご用心。 ある歯科医の常套手段。
 

 

Bの場合。

    1.とは限りません。 レントゲンが黒いのは根の先だけではない。他の歯茎の部分も黒い。

    2.痛みがないのなら、過去のレントゲンや今後のレントゲン検査との比較が必要です。 同じなら問題ない。

    3.時折ある理由が再治療が必要とは限らない。痛みが増してきた時に考える事です。
 

 

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1.痛みが無くても悪い事はあります。 でも再治療して果たして良くなるのでしょうか? 再治療して治った、良くなったと思っても果たしてそうでしょうか? 再治療の結果は半年後でしわかりませんが、半年後の検証はして貰いましたか? (次回に詳しく)

注ー2.時折あるのなら、それをしのいでいらっしゃったのでしょう。 早急性は無い。 歯科医の付け入る事です。 一体どれほどの問題なのかと言う事とか早急性などを考えて見る事。

注ー3.痛みを感じるのは神経に刺激が有るからです。その理由は虫食いが神経にうったえているだけで、神経自身の問題じゃありません。 虫食いが刺激を神経に加えているだけです。 ですから虫食いという原因をを取り除けばよい事で、神経を取り除くと言う理屈は成り立ちませんね。 うっかり載せられないように。 痛みと神経とまぜこぜにしない事。そうすれば安全。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:12 | comments(0) | - |
セカンド・オピニオンとは?
JUGEMテーマ:健康

セカンド・オピニオンとは。違う他の歯科医に診て貰い'診断をしてもらい二人の意見を比べえ考える事です。 
何故そんな事が必要なかはこの言葉と観念ができた70年代に戻る事が一番わかりやすいでしょう。まずWikipediaからの説明。 セカンドオピニオンがひつようとされる理由です。
1.医師が手術を必要という時。
2.医師が癌ですといっても患者がそれが信じられない時。
3.患者が必要と信じられる以上、以外の治療を進められるとき。
4.医者がやがて必要ですというように、ちかい将来にするべきですというようなときに、保健に伺いを立てるとき。
5.患者が医師の診断に間違いがあると思うとき。
6.医師自身がセカンド・オピニオンを薦める時。
などがあります。

しかし、日本人の場合は違った理由も考え付きます。
1。日本人の歯にはこの国の標準に満たない物が多い。よってデンティストはこれもあれもやり直すべきだと主張する事が出来ます。必ずしも必要で無い物もあるので他人の意見を聞くべき。
2。歯科医によって知識、経験、また倫理意識に大きな差があります。貴方の歯科医の診断がベストの判断とは限らない。
3.治療を受けてしまうと元に戻らない。治療を急ぐ事はないので他人の意見を聞く。
4.治療中に「隣も虫歯なのでやりましょう」と促す歯科医には絶対にさわらせないで、他の歯科医を聞く事。 歯科医は治療前から隣の事まで察知していなければならないので、こういう歯科医には気をつけましょう。。

セカンド・オピニオンという週間は70年代ごろからこの国で政府が推奨し始めた事です。 医療においてあまりにも行き過ぎの傾向が起こったときに、政府が一人の医者に任せるのではなく他の医者にも見て目貰い本当にそうなのかどうかを見極めましょう、という事を患者さんに奨励したのです。 つまり自己向上をめざしてはじめたのです。間違いは起こるのですが、患者さんの意識を向上すれはそれも救えるという事を目的にした事で、患者さんに強くなってお互いに協力する事が大事と考えたのです。
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:16 | comments(0) | - |
歯科医の宣伝の文章から思う事。
JUGEMテーマ:健康
フリーペーパーが始まった頃から過剰とも思えるような宣伝が氾濫して来ました。
宣伝の文をみると色々思ってしまいます。
歯科医院の開業を表すシンプルな広告とはことなって、宣伝文句が載っているものは大概が自己自賛に思えます。 それが宣伝というものなのでしょうが、、、。

さて、色んな種類があります。 少し拾ってみました。

1) ラミネート、白い歯、ブリッジ、その他と、まるで物を売っている様ですーーーー八百屋さんがきゅうり、なす、キャベツ、、、などと載せているのと同じようです。 何処の歯科医でも大体の事はできるのですから。

2) ディスカウント、無料相談、無料プリーチ、などいかにも安いと、料金をうたう宣伝ーーーー 知らない人達に無料で何をしてくれるのでしょう? 慈善?博愛?ではない事は確かでしょう。
普通の新聞にはこんな宣伝はないでしょう。 又この国では無料は無責任と見なされ規則に反しかね無い事をご存知ですか。 業界の人間として常識をしらない歯科医たちでしょう。 おそれいります。

3) スマイル、健康、エレガンスなどと、気持ちや雰囲気の宣伝ーーーー歯科医が提供できるでしょうか? 提供できるほしょうは、、、? 

4) 誠実、真心、親切、丁寧と自分を自賛ーーーー自分からいうには及ばないでしょう。

5) 最新設備の自慢ーーー最新設備がよい治療をしてくれるのならまいとしかえてるのでしょうか?他所の歯科医の方が新しいならそっちの方がよいと言う事になります。

6) 専門医ばかりだから安心ですーーーーこの国で専門医をあつめてグループ診療が70年代に流行ましたが、しばらくして下火になりました。 現在は殆ど見なくなった時代遅れの感覚です。 患者さんは自分で専門医を選ぶ権利があります。 この国での常識として、まず一般歯科医にかかってから必要なら専門医に紹介されるという事になっています。 常識を無視した宣伝です。

7) ドクターの称号を博士と出版社が間違って訳しているいるのに、訂正をしないドクターーーーー自分が書いたのでなくても確認して訂正するべきです。 医者にもみかけられるようです。 博士号はPhDという称号を持ってないとダメ。 出版社がドクターを博士と間違えているようです。

宣伝とは誇張です。 広告とはちがいます。 
実際以上の物のように思わせる効果があるのが宣伝と言うものなのです。 どんな宣伝をみても額面どうりに受け止めはしないのが普通常識でしょう。

当院に駆け込んで来られるトラブルを抱えた人達のの殆どが、大きな宣伝を出している歯科医院にかかっていた事が多いので、注意も必要かと思います。

そしてもう一つ付け加えると、これらのトラブルは私がお付き合いをしている歯科医や専門医からは出る事がありません。 そして、これらのトラブルの殆どは、ちょっと常識を外れた驚くような物が多い事も付け加えておきます。 















| Shunzo Ozawa D.D.S. | 20:20 | comments(0) | - |
歯科治療の月賦。 ケア クレジット。
ケア クレジットってご存知?
クレジット会社と歯科医の連携で毎月、カードに治療費がチャージされます。

ある患者さんが上下20本近くの歯を白い、綺麗なクラウンやブリッジにしてもらったのですが、よく噛めませんし顎がつかれて痛みも少々。 歯科医は何本かやり直しをしてくれたのですが、どうしても具合がよくないのです。
 
この歯科医は自分の出来る範囲外まで手を出してしまったようですね。 沢山の歯を一度に作るのには相当の訓練、技術、知識が必要です。 一般の歯科医の誰でもが出来ることではないのです。 一般には5−6本までが一度に出来る限度です。
 
さて、この患者さんは歯科医を変えたいのですが、契約上できません。 

歯科医が銀行やクレジット会社と提携して、患者さんがいかにも支払いやすいようにもって行くのは、これは高い治療をさせようとする歯科医の狙いと銀行の商売が合わさった物なのです。 

追: クレジットカードをはじめて持った時の事を思い出して下さい。 つい使い過ぎたでしょう? 
 
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:53 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode