Page: 1/9   >>
「神経です」「神経治療です」は間違いが多い。 

JUGEMテーマ:健康

 

 不埒な歯科医が「神経治療が必要」と言う理屈は次。 間違いを指摘します。

 

1.痛みがあるから

 

事実:神経治療が必要との理由にはならない。 痛みは神経を刺激しているという事実のみ。 神経がダメと言う事ではない。 

   痛みイコール神経治療なんて歯科医には注意です。

用心: 被害に会った人が信じてしまった歯科医の言いぐさは「痛いのは神経ですから神経治療が必要」が多い 

答(事実): 虫食い部分を除去すれば痛みは無くなる。神経温存。 痛みと除去は違うのです。

 

2.レントゲン映像で「神経にあたっている

事実: 事前に「レントゲンで神経に当たっている」と言う歯科医は安易な診断です。レントゲンは2Dでしかなく参考です。 決め手ではないのです。

用心: レントゲンで神経治療が必要と言う歯科医に注意。他を当たりましょう。

答(事実):神経にさわっていても神経を助ける事はできます。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:21 | comments(0) | - |
「出来るだけ削らないで」。 敏感な患者さん。#4.

JUGEMテーマ:健康

 

 米国で患者さんが出来る主張、行動、態度。

 

1.お医者さんという認識はありません デンティストとは「――イスト」で「作る人でそう認識するべき。

2.歯科のドクターは「歯を修理する先生」という認識です。 医者」という認識は全くありません

3.「修理には自分の希望を言っても良い。 遠慮の必要はありません。 理由は次、

 

4.日本語で治療というこの国の修理費を払う貴方は歯という道義の持ち主であります。 修理の仕事を頼むのです。

5.修理費は貴方が検討して値打ちがあるかどうか決めると考えましょう。工事費なので他も当たって検討する事も大事です。

6.自分の思うようにしてもらえる歯科医を選べます。求める物をあたえてくれないなら他を当たったら良いのです。求めるものが提示、提供されないなら他に行く事で探し当てられるのです。

7.買い物と同じです。求める物が得られない場合に妥協する必要は無いのです。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:03 | comments(0) | - |
「できるだけ削らないで」 過敏な患者さん。#1 

JUGEMテーマ:健康

 

 過敏になっている日本人に時折。「できれば削らないで治療を」「削らないといけませんか?」などを仰ります。  

 いつも驚きます。アメリカでは出会わない事ですから。 理屈と理由は次ではないでしょうか。

 

米国では:

1.必要な部分のみを削る事がマニュアルで示されている。 

2.マニュアル道理でない事が後日他院などで発覚すると患者さんから不評。 時には訴えられかねない。

3.患者さんは必要性の理由に関心を持つ。歯科医は理屈に合った説明が出来る。 削る、削らないと言う問題ではない。

 

日本では(観察からの推測):

1.削り過ぎが多い事は確かです。必要以上なまで削られている事を良く視ます。 

2。技工物の装着がたやすくなる事が理解できます。時間の節約になる。

3.術後に患者さんがその大きさや見かけにお驚いてしまうのでしょう。銀の物。 

4.保険治療のなせる事と思えます。大きめに削る事で手間が省けるから。

 

この国ではむし歯の治療(削り方)にはきちんとしたマニュアルがありその容がが決められています。

削る方ですか、削らない方ですかという議論は日本の事と思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:02 | comments(0) | - |
神経治療は治療じゃない。後の問題(その4)

JUGEMテーマ:健康

 

 神経を取られた歯に起こる事態、費用、運命(抜歯)。

1.歯が黒くなる。白いクラウンが必要となる。

2.いずれ割れる。頭だけじゃなく根まで割れたら抜歯。 インプラントで高費用。

3.虫食いが起こっても痛みを感じない(神経が無い)。大きくなるまで気づかないので治療や費用が多くなる。

 

 上記の問題は神経がとられたから起こる事です。 神経治療をされるのとされない事の大きな違いを知りましょう。次。

 1.神経治療が回避された場合:歯は一生問題なく生き続ける。詰め物やアンレ―、クラウンで一生大丈夫。

 2.神経治療をされた場合: 上記の問題で常に悩まされる。問題が続くのです。

 

 歯が治療された場合には「それがどれだけ持つか・」と言う事が大事です。

 神経治療を治療を考えて治ったと安心していればその内に歯を無くしてしまう事に成りる事が理解出来ますね。 。 

 神経治療とは言われた其の時に回避する事だけでなく、事前に回避出来る方法を考えて下さい。前回に記載しました。。

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:03 | comments(0) | - |
神経治療とは治療じゃない。 回避方法(その2)

JUGEMテーマ:健康

 

 出来るだけ避ける事です。後日に問題が起こるから。

 

 今回はそれを避ける方法です。次の二つ。

1.検診を半年毎にしてもらう。 虫食いは半年で1ミリぐらいしか広がりませんので神経まで達しないうちに見つけてもらえる。      

2.半年以上経ってしまった人でも歯科医に神経治療と言われても鵜呑みにしない事

3.「必要と言われても」本当に必要なら、後日でも構わない。同じ結果なのですので慌てない事。

 

1の場合:半年毎に検診をして神経治療が必要といわれたら歯科医が「前回に見落としていたと考えれれます」。その他の理由はよほど事が無い限りありませんので、他院を当たってみましょう。 

2の場合:長く行っていなかった事で神経治療が必要性になるとは限らない。虫歯は30代以降にはめったに出来ないし進行もおそいのです。 多少の痛みがあっても様子を見る事(注ー1)。

3の場合:しばらく放置して様子をみましょう。大概の場合には何も起こりません。歯科医が「放置しておくととんでもない事に成る」なんては間違いか嘘でもある事が判明surudeshou(注ー2)。

 

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1.痛みは虫歯と考える方が多いですがそうでない事が多くあります。咬み合わせの狂い、歯ぎしり、詰め物の高さ、詰めた歯科医の間違い、薬の欠如、その他の理由でも痛みは出るのです。 痛みを理由に神経治療に持って行きたがる歯科医が多いので注意が必要でしょう。

注ー2.放置した後に痛みが次第に増大してきた場合には虫食いが広がって神経治療が100%必要に近くなった事でしょう。 しばらく放置して確かめてみる事も大事。痛みが同じ状態で変わらないなら神経治療は必要じゃないでしょう。 数日、数週間でも事態を観察してみましょう。本当の事が分かります。 その間にセカンド・オピニオン。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 06:34 | comments(0) | - |
「虫歯」は「虫食いのある歯」が正しい。そのー5. 終。

JUGEMテーマ:健康

 

 では、食べ物のカスを取り除く方法ですが日本では歯ブラシが一番と未だに歯科医に言われています⦅歯ブラシ神話などを参照して下さい)。 でもこの国ではもう40年以上まえからフロスやウォーター・ピックのほうが効果があると認識されています。

 

 歯は道具です。使ったら洗浄すれば良いのです。

 では道具(器具)の洗浄にはどの方法がよいでしょう?

 

 歯ブラシという箒がよいのでしょうか? それともホースで水をぶつける事(ウォーター・ピック)が良いでしょ8うか? それともタオルで背中をあらうようなフロスがよいでしょうか? 

 

 つまり、どんな方法でもよいのです。洗浄出来て食べ物のカスがなくなればばい菌は繁殖しないのです。

 

 歯に必要なのは掃除。又は洗浄です。 

 

追;ちょっと気づきました。トイレット・ペーパーとビデの違いのような事です。垢とか食べ物を取り除けばよい事なのです。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:10 | comments(0) | - |
「虫歯」は「虫食いの有る歯」が正しい。 そのー4.

JUGEMテーマ:健康

 

 歯のどの部分に虫食いがおこるのでしょう? 決まった部分にしか起こりません。 次です。

 

1.ギザギザのあれば食べ物が一番溜まりやすい。溝が深いので歯ブラシが掃除しきれない。一番虫くいが起こりやすい。

2.歯と歯の間は隣接面と言います。歯ブラシが届かない。よって虫食い。 フロスやウォーター・ピックでのみ洗浄出来る。

3.歯の一番下方で歯茎との境。段さがあるので食べ物のカスが溜まりやすい。歯ブラシで除去できるのですが、いい加減なブラッシングでは虫食いが起こる。 普通には虫食いが起こらない部分。

 

 以上で理解出来ると思います。つまり食べ物のカスが残る所、歯ブラシが届かない所に虫食いが起こるのは当然と言う事です。

 では予防は次回です。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:57 | comments(0) | - |
「虫歯」は「虫食いのある歯」が正しい。 そのー3.

JUGEMテーマ:健康

 

 「虫歯」いいえ「虫食った歯」とは腐食の分部が出来た歯です。では何処の分部にできたのでしょうか?

 

 歯には3種類の容が有ります。

1.前歯(真ん中から両方に3本づつ)は瓦のように薄べったい物。 合計6本です。

2.前歯と奥歯の間の部分の歯(4番めと5番目)は丸い鉛筆ような胴体をしていて小さく表面はギザギザが少々。

3.6番目と7番目が所謂皆さんがおもう奥歯で四角よりか長方形に近い大きな容をしてその表面には多数のギザギザが存在。

 

 さて、虫食いに関してですが、虫が食う場所は決まっています。 ですから上記の歯のどの部分に虫食いがおこるのかは事前に予想出来る事を知りましょう。

 

 どんな歯科医も教えてはくれないでしょうから基本から考えましょう。 簡単な理屈です。 

 その虫食いの起こる部分とは食べ物が残っている部分です。

 

 ばい菌は食べ物の残りカスの中で繁殖して歯に虫食いを起こします。 どの部分に虫食いが起こるかは歯科界では知れている事です(注ー1)。

 では次回に。

 

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1.考えて見ましょう。歯と言う物はタダの物体です。 貴方の歯も他人の歯も同じで同じ事しか起こりません。ですから過去には五万とおなじ症例があるので何処にどんな、どのくらいの速さで起こるかは理解できるのです。 つまりこれから貴方の歯になにが起こるかは予想が出来る物でもあるのです。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:55 | comments(0) | - |
「虫歯」は「虫食いのある歯」が正しい。 そのー2.

JUGEMテーマ:健康

 

 「虫歯」と考えると歯全体が問題とする見方となる表現になっています。

 「虫食い」と考えると歯の一部のみを指す表現です。

 

 では歯科医が貴方に伝える診断の説明から考えましょう。

1.「虫歯が何本有ります」という歯科医。 詳細が無いのはなぜ。

2.「虫食った部分」が数か所に見当たります。「それぞれ違いますので説明します」という歯科医のほうが正しい。

 

 どちらの歯科医を信用するべきでしょうか? どちらの歯科医のほうが詳細を貴方に伝えようとしているのでしょうか? 

 虫食いとは物理的に具体的な物でどこがどれだけ虫食っているかは説明だけじゃなく、図面にも描ける容のものです。

 では、さて貴方の歯科医は絵をかいて説明できるでしょうか?

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:42 | comments(0) | - |
「虫歯」は「虫食いがある歯」ですね。 そのー1. 

JUGEMテーマ:健康

 

 「虫歯」という言葉は間違い?では。 少なくとも語弊がある事を指摘します。 其の後弊は一般的に受け入れられてしまっているので少し理解できにくいかもしれません。 以下です。

 

 「虫歯」とは穴があいてその内側に腐食が広がる現象。

 リンゴにも同じ事が起きます。虫が穴をあけて内側を腐らせる現象。 同じなのに呼び方が違う事に注意。

 

 歯は「虫歯」。 

 でも同じ現象が起こるリンゴでは「虫リンゴ」とは言われなく、「虫食いのあるリンゴ」又は「虫食いリンゴ」と言われます。

 

 では同じ現象なのになぜ呼び方た違うのでしょう? どちらかが間違いです。どちらが正しい表現で正しい意味をつたえているでしょうか? リンゴが正しいのです。

 

 つまり虫歯とは間違いともおもわれる語弊をまねいた表現、言葉と思われる事です。 「虫歯」とは虫食いの有る歯なので「虫食い歯」と言うべきでしょう。 

 

追。歯は病気になったのではないのですから「虫歯」というような歯自身が病気のような表現は語弊を生んでいます。 

多くの外国語が入ってきた明治時代に宛がった間違いとも思われる誤訳というか、新しくつくられた間違った意味合いがしょうじてしまった日本語です。もともとはカリエス、つまり溶ける、腐敗というような意味でしかないのに虫歯と新しい言葉をつくってあてがったのですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:35 | comments(0) | - |

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode