Page: 1/7   >>
ミレンニアムでつけてもらったブリッジは2週間ではずれた。  そのー2. 中国人なのに、なぜ?

JUGEMテーマ:健康

 

 前回にブリッジを装着した歯科医は中国人女性歯科医だったそうです。

 では、なぜこの中国人歯科医には中国人患者でいっぱいじゃなく、日本人患者をつのっているグループで働いているのでしょう?

 

 私は日本人なので日本人患者でいっぱいです。 多少のアメリカ人やその他の外国人がいらっしゃいます。

 では、なぜこの中国人が中国人患者でいっぱいじゃないのでしょうか?

 ご一考の余地はあると思えます。

 

追: 日本語が通じる歯科医なんての宣伝は多いですね。 でも行ってみると歯科医は日本人じゃない事が多いと思います。

   例えば日本語の看板のレストランにいってみると、シェフは日本人じゃなかったなんてこともあるでしょう。

   さて、でてきた料理はどうでしょう?

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:30 | comments(0) | - |
ミレンニアムでつけてもらったブリッジは2週間で外れた。  そのー1. 技術の不足。

JUGEMテーマ:健康

 

 前歯のブリッジをミレンニアムという歯科医でつけてもらったら2週間ではずれてしまった人でした。

 治療費は$125と金額自体は高くなかったのですが、たった2週間では高くついた事と同じです。

 患者さん曰く「取れないようにお願いしたのですが、、、」でした。

 

 では、この再装着したブリッジはなぜ2週間で外れたのでしょうか? 考えられる理由は次。

1.この中国人女性歯科医に正しい装着の知識と技術が不足していた。

2.「また外れれば新しいブリッジの治療が必要である事を納得する」と考える。 治療費も儲かるし患者も満足する筈、と考える。

 

 技術不足の歯科医は患者を間違った、不必要な治療の導く事が出来ます。

 つまり「既存のブリッジがまたはずれれば、それはもうだめな事。新しい治療が必要と考えてもらえる」とです。できない歯科医のする事でもあります。

 

 でも、この方は不審におもいネットで検索して当院にいらっしゃいました。 このブリッジはあと数年しようできるでしょう。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:29 | comments(0) | - |
仮歯で痛みがあるのは間違い。  そのー3.

JUGEMテーマ:健康

 

 さて、前回までの説明で「仮歯でいる期間での状態が大事」と言う事を理解できましたでしょう。

 では問題があった時の対処法です。

 

1.仮歯が装着されたその日の内に判断しましょう。

2.少しでも不具合があれば至急歯科医に連絡してその日か翌日に問題を解消して貰うましょう。

3.仮歯の問題は歯の問題と同じとかんがえて緊急処置をしてもらうのが当たり前です。

4.高い治療費にはそんな手厚い治療や扱いが含まれていると考えて下さい。

5.帰宅してから次回のアポまでの間に一切の問題があってはいけないとされているのがこの国の良い治療なのです。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:36 | comments(0) | - |
仮歯で痛みがあるのは間違い。 そのー2.

JUGEMテーマ:健康

 

 仮歯の状態にまで進んだ時点で歯の治療自体は終わった事でもあります。後は技工士さんが作っている本物の義歯という物体を装着するだけであると認識しましょう。

 

 では仮歯の時点で痛みが有る場合です。理由は次。

1.治療が完璧でない。何らかの事が理由となっている。

2.治療自体に間違いがあったかも。

3.元からあった痛みがとれていないのは処置が不十分。

4.違った痛みがでたなら、それは歯科医の不手際から。

などがあげられますね。 どちらにしても歯科医の対応が不十分と考える事が大事です。この国では当たり前の事です。高額な治療費にはそれだけの事をして貰える事がふくまれているのです。

 

仮の歯でその他の問題も起こりえます。次です。

1.噛めない:高さが間違っている。

2.沁みる: 仮の歯が全体をカバーしていない。どこかに不足がある。

3。「ぎこちない」「舌触りが気になる」: 歯の容が悪い。歯科医が歯の容をしらない。

 

と言う事で仮の歯から推し量りましょう。

歯科医の技量、配慮などが測れるのです。

正しく出来る歯科医は正しい仮歯を作ってくれ、頼りない歯科医は頼りない仮歯をつくるのです。

 

大事な事は「仮の歯だから我慢しよう」「本物がはいればよくなる筈」と考えてしまって我慢する日本人が多い事。

間違いでです。

 

次は対策。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:18 | comments(0) | - |
仮歯で痛みが有るのは間違い。 そのー1.

JUGEMテーマ:健康

 

 クラウンを作る時には仮の歯(仮歯)を作ってもらい装着されます。 今回はそんな仮歯に痛みを感じた人が不審に思っていらっしゃったのです。。

 

 では、仮歯についてその目的を考えます。

1.仮歯とは本物の代わりに使用される物。であるべきなのです。

2.代わりでも本物と同じ機能をもっていて、本物のように機能する事がなければなりません。

3.本物を作る時間の間に代用して使われます。

4.つまり歯の治療は完璧に終了している事が条件です。問題は処理されている時点となります。仮の歯を時間稼ぎのため。

5.よって仮歯になった状態で問題がある(痛み)事は何かが間違っていると言う事です。

 

 と言う事で仮歯で痛みは間違い、でその理由、問題とは? 次回です。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:16 | comments(0) | - |
仮歯から分かる事。 其のー2.

JUGEMテーマ:健康

 

 仮歯とは本物と考えて見て良いです。 

 仮の歯と本物とは材料が違うだけで本物と同じ容に作られている物です。 本物の歯と同じ働きが出来るために作られる物です。

 いい加減でな物であったらいけません。

 

仮の歯の報告の幾つか

1.痛みがある

コメント: 痛みや虫食いの問題を処理、解消した後にそのままの状態を維持する目的が仮歯です。 それが出来なく問題が続く事には歯科医に問題がある事。

 

2.具合が悪い。

コメント: 同じ事。 本物を作られる前に仮の歯の状態が十分な物である事を歯科医に相談、確かめる事。

 

本物の歯を装着されてしまえば、もう後戻りは出来ません事から考える事、方法。」

1.本物を装着される前に仮の歯の状態を良くしてもらって、歯科医の技量をうかがう。

2.本物の装着は仮止めという事が出来ます。仮着です。 柔らかいセメントで装着なので、外す事が出来るのです。

3.そうする事によって試着、歯を試す事が出来ます。仮歯で疑問が有った場合に出来る事です。仮止めを要請して確かめられます。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:18 | comments(0) | - |
仮歯から分る事。 其の―1.

JUGEMテーマ:健康

 

 仮の歯を作ってもらう事が多いでしょう。 それはクラウンの装着が必要な時です。 本物の白い歯ができるまでに装着されるプラスチックのクラウン。 では仮の歯に関して知るべき事は次。

 

1.仮の歯とは仮であっても本物と同じ役割が出来る、する物です。代役とも言える、一時的で、仮です。

2.仮でも貴方は十分に満足できる状態になっている事が大事。

3.仮で我慢をしなければならない場合には歯科医の歯の作りに間違いがある。

4.仮の歯は本物と同じと考えて良い。材料が違うだけで本物と同じと感じられる事が必要です。

 

 仮の歯の具合が悪くて相談にいらっしゃる方が多いですね。 次回に続く。、 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:08 | comments(0) | - |
”治療は痛いですか?” 患者さんから問われます。誤認です。

JUGEMテーマ:健康

 

患者さんが治療を始めようとした時にされた質問に驚く事があります。

「治療は痛いですか?」と聞かれるのです。。 

「痛く無い様に治療できますから安心して下さい」と答えるのですが、それでも多くに患者さんは痛いのじゃないかと思ってしかめっ面や緊張をされます。

 

 まず、知って下さい。それはこの国では「治療が痛く有ってはいけないとかんがえれている事」。

 理由は次です。この国の歯科治療では、、、、、

 

1.治療中に痛みがあってはいけません。この国では治療に痛みがあってはいけないと考えられています。

2.どうしても痛みが生じえる場合には歯科医は事前に患者さんに知らせなければなりません。 

3.痛みが生じる場合には歯科医は事前に患者に其れを伝える事が義務です。

4.予期していなかった、事前に教えて貰っていなかった痛みが起こった場合には文句、不満を持っていいのです。

4.高額な治療費には痛みが出ないようにして貰う処置をして貰う金額が含まれているのです。

 

 

次が日本人の間違い、思い違いですね。

 1.悪くなった歯の治療だからその「治療が痛くても仕方がない」と考える。 間違い。

 2.「治療してもらった」「治療後に痛みがあっても当たり前」と思う。 間違い

 3.歯科医はお医者さんだからいつも正しい治療をして下さっている。間違い。

 4.痛いのは自分の歯が悪いから仕方が無い。間違い。

。 

 

      

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:58 | comments(0) | - |
歯科で治療とは神話。  そのー2.

JUGEMテーマ:読書

 

 歯科治療と言う物がの物理的な修復であり、治療じゃない事を前回記載しました。

 治ったという病気じゃなく、直ったという修理である事を。

 

 今回は歯茎の問題についてです

 歯ぐきは修復じゃなく治療ですと思う方々も多いでしょう。間違いですから説明。

 

歯茎に起こる事は結果でしかなく、病気じゃありません。 理由は二つ。

1.歯茎の内側で歯の根の部分にたまる歯石が理由。

2.神経治療の失敗、不手際、不十分さから可能が根の先の部分、歯茎の中の深い部分、におこり其処からの膿が出てくる時点で省くが腫れる。 

 

 やはり、物理的な事が問題なのです。 

1 は歯石という物体に集まるばい菌の出す毒素が理由です。 それが周りの歯茎を傷めるという結果になるのです。

2.根幹治療という神経を物理的に排除する作業が完全でなかった場合に起こる感染です。 そして膿がではじめるのが根の先の部分んで、やがて上方に向かって歯茎を腫れさせると言う事なのです。 歯ぐきの病気じゃありません。 見かけだけ。

 

つまり、歯茎の治療とか、歯茎は病期とかは見かけであり、その病原は歯茎自身じゃないのです。つまり何か物理的な事からばい菌が溜まって歯茎を侵しているだけです。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:37 | comments(0) | - |
歯科で治療とは神話。   そのー1.

JUGEMテーマ:健康

 

 歯を治療をされた場合には貴方はナオッタと思いますね?

 では「なおった」との実際の意味を考えましょう。 

 

 ナオッタとは2種類の意味があります。 良く考えましょう。 医者と歯科医が違う事を。

 1)治った。

 2)直った。

です。

 

 歯科治療の場合にはどっちでしょう? 残念ながら。2)です

 

 つまり「直った」とは修理と考えるのが文字道理で確かです。 

 

 治った場合は病気であり病気ではない虫歯には使えない漢字です。

 歯科直した、直った、修理した、と言う事でしかありません

 

 治療して貰った時には神話ように治ったと信じてしまっているのではないでしょうか? 治療した、してもらった、治ったとです

 直っただけなのに。

 

追。歯茎の問題なら、治ったとかんがえても? それも間違いです。 次回です。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:33 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • 海外法人クリニック。    そのー1. ブログに書いてきました。 確信した事からです。
    松井秀樹 (02/19)
  • 「痛みがある」と言うと治療される。   注意ー2. 痛みの種類から。改定版。
    Madame B (11/22)
  • インプラントは怖くない。    その^1. 米国。
    Madame B (11/14)
  • インプラントは良い。 
    MADAME B (10/28)
  • 「神経治療」には後日に問題が起こる。 そのー2.  噛む毎に痛み。
    Mini (08/07)
  • 日本語が通じると言ってその歯科医は信頼出来るのでしょうか? シアトルからの相談。
    Yuko (11/29)
  • シーラントの被害の報告が又です。 
    inakoi (01/12)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • 歯茎が腫れてきた、顔まで腫れてきた,,,不安。
    チカ (08/29)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode