Page: 1/58   >>
虫歯が7つ。でも一つしか見つかりません。

JUGEMテーマ:健康

 

 もう今までに数知れない程記載して来ました事と同じです。 7本が1本だけでした。以前と同じ被害報告です。

 思えば裁判が始まった頃から私が記載してきた被害の報告の数が毎年少なくなってきました。 20件前後から10件前後、そして5件前後から、今年は2件? いまだ時折ある一件が次です。

 

 患者さんが言われた事は次です。

虫歯が7本あり一本は「詰め物の下に虫食いがあるので神経治療が必要かもしれない」と言われたた患者さんでした。

疑問を感じて来院されたのです。 相川らす過去と同じ展開ですね。

 

 もう推測できるでしょう? 過去に数えきれない程にあった事と同じパターンである事が判ります(過去のブログを参照)。 

1.「詰め物の下に虫歯があるので神経治療が必要かも」といわれは歯に神経治療など全く考えらえない程の小さな物でした。

2.残りの6ヶ所の虫歯は見つかりません。何度も検査しましたが見つかりません。

 

追: 半年、一年後にも検査してみれば本当の事が解ります。虫歯は進展しますから、半年後や一年ごにみつからなければこの歯科医の診断が全く間違っている事が証明されます。 半年後と一年後にも報告させていただきます。

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:59 | comments(0) | - |
有る歯科医院からの訴えは却下されました。

JUGEMテーマ:健康

 

 裁判所がこの歯科医院からの訴えを却下しました 相手の申し出は認められずで全てが却下されました。 

 訴えていた歯科医院の名前を今回は記載しませんが記録はグーグルできますのでしてください。 

 詳細は OPEN TO  PUBLIC(オープン・ツー・パブリック)なので何方もグーグル出来ます

 又、半年たてば私も詳細を逐一記載できるでしょうから、それまで待ってくださってもいいですね。

 

 さて、私はこの歯科医院に関わった患者さんから報告された事実をいままでブログに記載してきてました。

 私の意見としてはあまりにも疑問に思う事が多かったのでどうしても皆さんに報告する事が必要として始めました。 

 そして15年以上経った2016年の初めに私はこの相手達から訴えられたのです。

 

 多くの時間、徒労、費用などがかさみました。私は事実を申し上げていただけなのに訴えられたのです。 本末転倒ともおもえました。また、名指しをしていないこの歯科医医院の歯科医達ががなのって私を訴えてきたのですから驚きでした。

 

  でもやっと10月1日に正しい判決が下されました。この歯科医の言い分はすべて却下されたのです。

  この歯科医達の言い分は全てが認められなかったのですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 11:33 | comments(0) | - |
神経治療は稀です。 其の1. 

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療が被害が多くある事は今まで15年以上に渡って報告してきました。 ある歯科医院の診断には神経治療が常に伴っている節が見受けられたからです。 全く不必要な神経治療を必要と診断する歯科医がいたからです(過去のブログを参照して下さい)。

 

 知りましょう。真実は「神経治療は稀」と言う事を。

 

 当院では多くの歯科医と同じく毎週新しい患者さんが数人いらっしゃいます。でも神経治療が必要な方はまずいません。先週も今週も全くいませんでした。

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 10:36 | comments(0) | - |
誤診は相変わらずにあるようですね。 東洋人歯科医。

JUGEMテーマ:健康

 

 今回は過去に記載してきたようなとてつもない程までいかない誤診ですが間違いは間違いでしたので記載します。

 この患者さんはある東洋人女医から言われたのが4本の虫歯。 注意をしてセカンドオピニオンと求めていらっしゃっりました。

 

 当院の診断は次で間違いを指摘しました:

1.1本は確かに虫食いがありあましたので治療が必要。小さな物でした。約一ミリ半ぐらい。発症してから一年ぐらい(注ー1)。

2、2番目は虫食いが確かとは言い切れません。日本の詰め物は虫食いとも見える事が有ります。注意が必要ですので観察が必要ですが、虫食いと確実な判断は出来ません(注ー2)。

3.3本目の歯には目には怪しい影が表面ととおして見受けられましたがレントゲンには何も映っていません。再度検査をしても虫食いとは言い切れない物です。 半年後に再度レントゲン検査をする事で確かめる事が必要。現在では歯を削る必要はなし。半年後では手遅れにはなりません。

4.4本目の歯には何処にも虫食いは見つかりません。 一応念の為に半年後に再検査が必要です。一年後にもです。 

 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1. 虫食い(虫歯)は発症してからレントゲンに映るまでには半年かかるでしょう。 半年たってやっとレントゲンにうつるのです。

注ー2. 残念ながら日本の詰め物(プラスチック系)の中には虫食いと同じように映る物が有ります。よって虫食いとは言い切れない事が多くあるのです。 

追:今回の場合にはその詰め物が深いところまで達していたので、用心として又予防の意味をふくめて金属で長持ちする治療を提案しました。この患者さんが私の兄弟でもあったらすぐに予防と寿命をかんがえて大事に至らない様に事前に長持ちして信頼できる治療を施します。 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:56 | comments(0) | - |
神経治療は避けられる。  #−2. 痛みの種類。

JUGEMテーマ:健康

 

 痛みが頻繁になって歯科医に慌てて飛び込んだりすると神経を取られてしまう事になるでしょう。 そんな時は特に注意をしてください。

 歯科医は飛び込んできた緊急患者の痛みを治める為に安易な方法にに走りかねないのです。なぜなら予定外の患者さんで時間をついやして正確に判断をする暇が有りません。 そしてとにかく痛みを治めるには神経治療となりえるのです。 痛みは治められると同時に緊急で余分な手間の収入がそれなりに増えるでしょう。 では痛みに付いて考えましょう。

 

 痛くても神経治療が必要とは限らないです。 

 痛みにはそれぞれ違いがあります。どんな痛みかを知る事が大事で歯科医に細かく伝える事が大事でしょう。

 神経治療が必要とされるのは痛い場合の半分以下、いえすごく少ないのです。 痛みの多くは神経治療を必要としないのです。

 

1.鈍痛 :         不必要。

2.同じ痛みが続いている:  不必要。

3.時折痛む:        不必要。

 

 本当に神経治療が必要な場合は次の様な場合です。 痛みです。

1.時折だったのが頻度が増えてきて治まらなくなった。

2.痛む時間が長すぎぎる。治まらない。。 

3.鎮痛剤が効いていたのが効かなくなった。

4.ドクン・ドクンを鼓動を打つ

5.我慢出来ない。

 以上程の症状(痛み)が有ってのみに神経治療が必要と考えられるのです。。

 

 でも、それでも助けられる歯科医もいます。 技量が必要ですが、良心の必要でしょう。

 

 

 

 

続きを読む >>
| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:54 | comments(0) | - |
神経治療は避けられる。  #−1. 改定版

JUGEMテーマ:健康

 

 過去のプログからお分りと思いますが、大半の被害は神経治療です。 よって神経治療の被害の避け方を考えましょう。 

 それは治療されるに「神経治療になる事はないですね」と念を押して置く事が第一。

 答えによっては治療を控えてください。

 

 歯科医は次を言うでしょう。

1.「削ってみない」と分かりません。 そんな場合には必ず神経治療になると考えられます。

答え: 辞退する。痛みがあるのなら痛みを抑えるセメントを装着して貰えるのでそれでだけのしてまらいましょう。

 

2.「虫歯は神経に達しています」神経治療が必要ですとレントゲンを視て言う。。

答え: 達しているかどうかはレントゲンでは事前に分かりません(注ー1)。辞退。

 

3.「痛みがあるのなら神経治療が必要です」。

答え: 痛みは歯が理由で神経が理由じゃありません。歯の分部を治療すれば痛みは無くなります。

 

       −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1. 例外は事前に分かる場合。でもそんな場合は貴方自身でも自覚出来る程の痛みや症状がある。 ちょっと我慢できるほども痛さがあるからといって盲目的に信じてしまうのには危険。

  

 

  

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 21:19 | comments(0) | - |
通訳は便利。  ♯2.  貴方にそれとも医者に。

JUGEMテーマ:健康

 

 旅行時には通訳を雇えます。すると彼(彼女)は貴方に尽くしてくれます。 

 でも医者が雇った通訳とは雇い主に尽す事に気づきましょう。 それも専門通訳でなく従業員が訳しているならなおさら。

 通訳はプロではなく従業員であって素人です。 

 

 通訳では次の様な問題が起こりかねないと考えられます。 

1.病気や痛みは説明が難しい。「解って貰えなく何度も通院してからやっと解って貰えた」なんてあるでしょう。

2.解りにくい事でも本当に訳されて伝わっているのでしょうか?

3.言葉通りであっても理解されているのか? 

4.素人の訳で十分?

5.医療を知らない従業員でも医療を通訳できるのでしょうか? 医療専門通訳ではなくても?

 

  通訳 を使う医者について。

1.貴方の為より歯科医の為。 

2.話せる英語がつうじる患者の方が扱いやすい筈。 

3.誤解が起こっていないかと考えてそれだけの注意を払っていますか? 単純な通訳ですべてが分かるとは思いません。

4、通訳は日本人患者さんの為とおもってしまっていませんか?

5.面倒な通訳を通してでも患者をみるにはそれなりの理由が有ると考えてみても良いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:09 | comments(0) | - |
通訳は便利?  #1. 貴方にそれとも医者に?  改定版。

JUGEMテーマ:健康

 

 通訳を用いる歯科医や医者が居ます。 患者さんは便利と思うでしょう。

 では本当に便利なのは医者の方かもしれないのではないでしょうか? 

 医者が次のような場合をかんがえてみました。 

 

1.外国人(アメリカ人以外〉の場合。 

疑問1: 自国人患者さんならば通訳は不要。 自国の人が来ていないのはなぜ? なぜ日本人ばかり? 

疑問2: 通訳は時間が掛かるので不便の筈。

疑問3: 日本語のフリーペーパーに宣伝。自国語のペーパーには宣伝が無い。 

疑問4: 様態を正確に把握できにくい。 医者も患者も同じ外国人同士なら両方なのより難しい。

 

2.アメリカ人の場合。

疑問1: 住民はすべて同じ自国人。 自国人が誰も来ないのは? 日本人ばかりはなぜ? 

疑問2: 同じく、患者を正確に理解出来にくい。 効率が悪く誤診の危険性。

 

 医師は自分の言葉で話して十分な理解をしたいと考えるのが普通です。

 通訳では誤訳、余分の手間と時間があります。医師にとっては便利とは正反対でしょう。 

 つまり通訳を使って患者を診る事は普通なら求めてする事じゃ無いでしょう。

 

 でも日本人患者なにこだわるにはそれだけの報酬があるからでしょう。

 

追: 例えです。

 日本語ができる私が韓国語通訳を雇って韓国人ばかりの患者さんを募って診てます。通訳にはそれなりの理由があるとなります。

 日本人から求められていない、求めない私はどんな歯科医と考えられますか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 18:13 | comments(0) | - |
神経治療の誤解と可能な回避。  #−3.  

JUGEMテーマ:健康

 神経治療とはこの国ではRoot Canal Treatment(以後RCT).

 このRCTの意味は「取り扱い」ですが除去です。 治療という意味は何処にもありません。 そんな事から理解を深めて下さい。

 

 アメリカではRCTが除去でしかない事は周知されてています。 費用が重なるのみでなく後日に問題が起こりえる事も知っています。 一方、日本人は治療をして貰って「歯が治る」と思っている節があります。 勘違いから起こる落とし穴を知って下さい。

次です。

 

  神経治療後に起こりえる事、、、 

1.折れる。すると抜歯が多い。

2.再治療も必要になる事が多い。

3.痛まない。治療された後は虫食いが起こっても痛みが出ない。 虫食いが起こっても痛まないので気づかない。。

4.根まで腐ってしまうと寿命となり抜歯。 気づいた時には手遅れ。

5.つまり神経治療されるという事は歯を無す事に近くなっている事とも考えて良いのです

 

 神経治療は全ての努力をして避けてください。

 後日の問題に問題が起こり、抜歯に繋がるからです。。

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:35 | comments(0) | - |
神経治療の誤解と可能な回避。 #−2. 

JUGEMテーマ:健康

 

 痛いなら「神経治療」という理屈は間違い。 痛いのは神経が歯(神経以外)に起こっている「虫食い(ばい菌)を除去してほしい」と信号を出している事。 治療が必要なのはです。 神経ではない 次です。

 

1.神経は元気であって「痛いと反応できます。 元気なら神経治療は必要なし

2.神経がダメになっていると「痛い」という反応もしません、出来ません。死んでいるか死ぬ方向にすでになっていた場合のみに判断出来る事です。すると除去が必要。 死んだらです(注ー1)。

 

 つまり、痛みとは神経が「歯を虫歯って痛くしているばい菌を取り除いて欲しいと訴えているだけです。

 痛いなら神経治療が必要なんて言う不埒な歯科医には警戒ですね。

 

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 

注ー1.痛みが抑えられない状態は死んでしまう方向にすすんでしまっている事で、死んでしまった時と同じ治療というか助教が必要となります。それほどの痛みが有ってのみ神経治療が必要をほぼ確定と考えてもよいのです。ただの痛みだけでは違うのです

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:29 | comments(0) | - |
神経治療の誤解と可能な回避。  #−1

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療についての誤解、思い違いが多いので連続して記載します。 

 

今回は前歯のクラウン

患者さん: クラウンをするなら神経をとって差し歯(注ー1)ですか?と質問されました。

答え:   愕きました。 クラウン神経治療とは違います。 神経を取る必要はありません。 

 

 クラウンは歯の姿をしています。 あちこち穴が開いてしまった歯に被せて元通りの容の物を再現する物で歯の代用品。 虫食われてあちこちが無くなっている歯の残った部分を2−3ミリ削り取り全体を細くしてその2−3ミリの厚さの帽子を被せる事で元の姿を再現する事 神経治療とは無関係です。

 

 日本では(米国でも時折)前歯にクラウンを被せる時に神経を取る歯科医が多いのですね。 そしてこの患者さんも多くの人もそうされています。

 前歯のクラウンは神経をとらないで出来る事を知って下さい(注ー2)。

 

          −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注−1:「差し歯」とは神経を取り除いてしまった歯に装着するクラウン。 差す部分(ポスト)で根と頭の分部を繋ぎます。刺しているともいえますね。 歯を細くまで削ってクラウンをする事に神経を取る必要はありません。

注ー2: 神経を取った方がやり易いのです。保険点数も増えるのが理由のひとつかも? アメリカではしてはイケない事です。 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:26 | comments(0) | - |
神経治療を仄めかされたら考え直そう。  #2.

JUGEMテーマ:健康

前回は事前に神経治療と仄めかされた患者さんでした。症状からはそんな事などは考えられないのにです。

では、神経治療が必要と事前に診断出来るのは次の様な時でしょう。

 

1.痛みが少しずつ大きくなってきた: でもまだ大丈夫かも、、、

2.鎮痛剤を飲んでも治まらなくなってきた: でもまだ足るかる可能性は技術によって可能。

3.ドクン・ドクンと鼓動を打つようになってきた: 技術があれば助かる可能性は残っています。

4.我慢出来ない程の痛みが続いた: まだ大丈夫でもある事が多いですがやはり技術が必要。

 

などが事前に神経治療の必要性が伺われる時です。

前回の様な場合には神経治療など程遠い症状なのに神経治療を仄めかす歯科医は注意するべきでしょう。

削られると「やはり神経です」なんて言われるのが一般でしょう。 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 08:54 | comments(0) | - |
神経治療を仄めかされてら考え直そう。   #1.

JUGEMテーマ:健康

 

 神経治療をほのめかされた人がセカンド・オピニオンを求めて来院されました。 事前に患者さんが取り寄せて下さったレントゲンからはそんな様子はありませんでしたのでおかしい事は事前に推測されました。。

 

 患者さんにはまず痛みの内容を詳しく伺いました。

質問: どんな時に痛みますか?

患者さん:「食べ物を噛んでいる時に痛みます」

質問: 「痛みは噛んでいる時にだけに瞬間的に起こるのですか?」

患者さん:「そうです。噛んだ時だけです」。

質問: 「鋭くなく鈍痛の様な物ですか?」

患者さん:「そうです」。

 

 以上の質問だけで歯を見る事をしなくても理解が出来ました

1、神経治療は必要ない

2、「詰め物が緩んでいる」か「かみ合わせが悪い」が理由。

拝見すると、緩んだ詰め物。 新しい詰め物で完治。

 

痛いか神経治療などと仄めかす歯科医には警戒が必要です。 そんな事には程遠い問題でも神経治療に誘導されかねません。

 

追:神経治療については過去のブログを参照して下さい。

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 06:17 | comments(0) | - |
インプラントは痛い、怖いは誤解?  #2.

JUGEMテーマ:健康

 

 インプラント手術は痛みなくできます。術後もそれほどの痛みは無い様にできます。。

 手術後の痛みは最小限で有る筈ですから、歯科医は貴方に次の説明があるでしょう。 

 

1.痛みは最小限でしょう。 市販の鎮痛剤で大丈夫の筈です。

2.痛みがそれ以上の場合をかんがえて処方箋を出しておきます。 これで治まります。

 

 つまり、手術は痛くあってはいけなく、術後の痛みも支持どうりにすれば何の問題も起こらないのです。 

 技術のある歯科医なら手術も上手で術後の指導も適切です。

 

 つまり、何も問題はなく怖い事もないのです。

 

追: 当院では数年前からインプラント手術をしています。術後の鎮痛剤は市販のもので一回ぐらい飲むだけと患者さんからの報告が寄せられています(注ー1)。

 

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

注ー1. インプラントが一本の場合です。 一度に数本の場合にはそれだけダメージが大きいので処方される痛み止めが必要となるかもしれません。 でも、私が9本一度にインプラントをされた時には市販の物を4時間毎に2回飲むだけで済みました。 歯科医の技術でしょう。 技術によって術後の痛みは違いますから。

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:36 | comments(0) | - |
インプラントは痛い、怖いは誤解?  #1.痛み

JUGEMテーマ:健康

 

 ある東洋人歯科医に2度インプラントをして貰った人から伺いました。

「手術がとても痛かった、痛みは2−3日続いたのでとても怖い」と。  愕きました。

 なぜなら「インプラント手術は痛みが無く出来る。痛みは半日ぐらいで収まるからです。

 これは技術が不足している歯科医と考えて良いでしょう。 次です。

 

 この国では痛みを最小限にする工夫に重きがおかれています。

 「治療中には痛み有ってはいけません」。「術後の痛みも最小限であるべき」です。

 

 つまり、インプラントの手術中に痛みはあってはいけません。 また術後に痛みがあってもどう対処するべきか歯科医から事前に説明がある事が普通なのです。 

 高い治療費は治療だけじゃなく、そんな配慮も入っている筈であるのです。

 

追: 当院でインプラントを始めて数年になります。帰宅後の痛みは最小限で鎮痛剤は一錠で終わっています。 そんな簡単な事なのですよ。

 



 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:20 | comments(0) | - |
デンテイストは医者じゃない。  #3.治療じゃない。 

JUGEMテーマ:健康

 

 医者じゃない事、病気じゃない事が解ったら、歯科医は一体何をしているのでしょう?

 それは歯という固体の容の修復でしかありません。

 

 アメリカ人はデンティストに行く時にはいいます。 I need to get my teeth fixed。

 つまり、歯を修理してもらう必要があると。

 

  虫歯は病気じゃなく、一部が腐っている事ですね。 その部分を取り除くと大きな穴(欠損などと大げさな専門用語が使われます)になりますから、そこに詰め物をあてがって歯の全体の修復をしまず。 すると歯としての機能を取り戻すのです。

 

追: 虫歯は虫食い、つまり虫食ったリンゴと同じ状態なのです があいて内側の一部が腐った事です。 リンゴは治療出来ません。 虫食った部分を取り除くだけでしょう?

 

 

 

 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:33 | comments(0) | - |
デンティストは医者じゃない。  #2. 虫歯は病気じゃない。 改定版。

JUGEMテーマ:健康

 

 歯科医は医者じゃないが前回。 今回は次。

 虫歯は病気じゃない

 

 医者が扱うのは「身体」。 ばい菌が身体全体を冒しますので病気を扱う。

 歯科医が扱うのは「歯」。 同じばい菌ですが侵された部分が腐食するだけ。 歯の一部の事で歯が病気になった事ではないでしょう。

 

 よって、虫歯というものが病気でなく虫食いでしかない事を理解してください。

 と同時に、病気でもない虫食いを扱う事治療でなく修理、修復でしかないのですよ
 

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 07:28 | comments(0) | - |
デンティストは医者じゃない。  #1 大きな間違い(肩書) 改定版。

JUGEMテーマ:健康

 

英語は「デンティスト」 

日本語は「歯科」で大きな誤訳です。 そして誤訳からの誤解が蔓延しているので考え直して下さい。

 

 デンティストは「−−−イスト」ですから、する人、作る人を意味します

例: 1.アーティスト: アートのイストでアート(芸術)を作る人。

   2.スタイリスト: スタイルのイストでスタイルを作る人。

   3.フロリスト: フラワー(Flower)の R が絡んでイストにRがついてリスト。 花束を作る人、

つまり、英語ではデンティストは歯を扱う作る人と言う意味でしかありません。 

 

 一方「歯科医」は「ーー医」で漢字名。 「医」があるので医療を意味しますが、、、、

例: 1.医師: 医療を行う人。

   2.医者: 医療に携わる人です。

つまり、病気を治療する者のみが医者で。 虫歯という病気でもない物を扱う歯科医という輩は医ではないのです。 

 

虫歯は「病気じゃなく虫食い」でしかありまえん。 医療じゃないでしょう。。

歯に起こる事は溶けたり、腐ったりして「容の崩壊」です。 病気になった事ではないのですから。

 

 デンティスを歯科医、医者と訳してしまった事が大きな間違いです。 

 そんな誤訳から間違った観念が浸透してしまっていますのでここで考え直してみてはどうでしょうか?

 

 追: 日本の常識は世界の非常識なんていいますね。 これも間違っているよ。

 

 

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:57 | comments(0) | - |
抜歯が必要と言える。 でも助ける事もできます。 技術。.

JUGEMテーマ:健康

 ある歯科医の診断: 抜歯をしてインプラントを装着する。 総額は$5000. 次が内容でした。

1.抜歯$465.

2.ボーン・グラフト $650.

3.ポストとクラウン。$4000. 

  合計$5115。

 

 今回の患者さんも出来れば歯を抜かないで欲しいと希望。

 

出来た事は次。

1.頭の分部がなくなっていて、根の分部しか残っていませんでした。 よって歯茎を少し除去する事によって残った歯の根をむき出しにする事ができます。

2.根は十分に健康なので差し歯で十分な歯の修復ができます。 。

3.治療費はポストとクラウンで約3000.

4.歯茎の処置には手際よさが必要。 ポストは十二分な長さが必要。 クラウンも少し工夫が必要です。 つまり、

5.技術があれば出来る事です。

6.多くの歯科医は安易な抜歯、インプラントを選びます。

 

 どちらも正しい診断、治療でしょう。

 貴方はその歯科医をどう考えますか?

 

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 19:35 | comments(0) | - |
不要なシーラントが横行。  容 #2.

JUGEMテーマ:健康

 

 シーラントとは歯科医が装着する物です。 フッ素というような塗る物ではなく、歯の溝を埋める物

 溝を埋めてくれるのなら効果がありでしょう。 しかし、歯科医の技術、装着仕様などは歯科によって全く違います。

 シーラントが良い、悪いと言うのではなく、シーラントをする歯科医の技術その仕様が問題です。

 

  容と歯科医の技術に関して。次です。。

 1.歯の表面の溝とはT−字型をしています。 溝の幅より深さの方が長いでしょう。 楔の様な容です。つまり細長い二等辺三角形で溝の幅は1ミリから1ミリ半です。

 2.シーラントは歯の表面には1ミリか1ミリ半ぐらいの幅でなくてはなりません。

 3.多くのシーラントは3ミリから4ミリとの幅が有ります。

 4.押しピンのようなのです。 

 5.歯の上の分部にまで乗せられてしまっています。

 6.上に載せられた部分ははがれやすいのです。

 7.緩むので虫食いが起こります。

 

 と言う事です。 技術がその良し悪しを左右するのです。 シーラントが良いのではなく、シーラントをうまく利用して下さる歯科医にかかればよい結果も生まれるのです。 半分の歯科医は間違った仕様をしている事ですね。

 

 シーラントは溝の分部のみにされる物ですが、いい加減な歯科医やアシスタントにされると上の分部が多すぎて後日虫歯の原因となるのです。 ご一考を。

 

| Shunzo Ozawa D.D.S. | 09:29 | comments(0) | - |

Calendar

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

Sponsored Links

Profile

Recommend

Search

Entry

Comment

  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    サチ (08/30)
  • コメント有り難うございます。
    Chia (08/19)
  • インプラントっていいの?  
    迷 (07/17)
  • 本当の専門医とは? 宣伝出さない。
    Yuko (01/13)
  • 歯の表面にある茶色の筋(線)を虫歯という嘘。 同じ歯科医(クリニック)。
    りり (06/11)
  • 被害をもたらす歯科医の多くは東洋人歯科医(注ー1)。
    Ryoko (05/11)
  • ニューヨークの日本人歯科医にもこんな嘘をつく人がいました。
    TK (04/24)
  • 18歳じゃ遅すぎます。 親知らず。(改定版)
    Mi (12/04)
  • ブリッジとインプラントの違い。
    nishi (10/15)
  • 詰め物(フィリング)とは? 2種類。 白く綺麗な物には落とし穴。
    りほ (10/13)

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode